授乳中のカフェインは大丈夫!でも飲む量とタイミングだけは要注意

母乳

スポンサーリンク

たとえ授乳中であっても、コーヒーや紅茶などの嗜好品、
飲みたくなりますよね。

わたしはコーヒーが大好きで、一人目のときも、二人目のときも
朝のコーヒータイムは欠かせませんでした。

これ実は、妊娠中からです。

初めての妊娠のとき、思い切ってドクターに
「コーヒーはやめた方がいいですか?」と質問してみました。

そのときの答えが「1日2~3杯程度だったら大丈夫ですよ。」と。
「飲み過ぎはダメですが、リラックスできるのであれば問題ないです」とのこと。

ドクターの言葉なので、間違いないですね。

しかも、産後の入院中の朝食に緑茶・ほうじ茶・紅茶のティーパックが付いている!
どれもカフェインが入っている飲み物ですね。
でも病院の食事に出されるってことは・・これくらいの量は大丈夫!ってことですよね?

ママになるんだから、ママになったんだからって、
全てをガマンしなくていいんですね!というメッセージを勝手に受け取りました。笑

スポンサーリンク

授乳中でも1日2~3杯程度のカフェイン量であればOK!

授乳中のママがコーヒーなどを飲むと、1%のカフェインが母乳に移行すると言われています。

しかも今のところ、母乳を通してカフェインを摂取した赤ちゃんに
問題が発生した、という文献はありません。

あまり神経質にならずに、コーヒーや紅茶を楽しんでも良さそうですね。
赤ちゃんのため・・と思い、大好きなコーヒーをガマンして
ストレスが溜まってしまっては、本末転倒です。

カフェインよりも、ストレスが母乳にあたえる影響の方が大きいのです。
ストレスを抱えているママが、急に母乳が出なくなってしまった、という事例があります。

そんなことになっては、ママも赤ちゃんも悲しすぎます。
適度にカフェインを摂って、ママのストレスを軽減することの方が大切です。

授乳中のカフェインとの上手な付き合い方

1.授乳のあとに飲む

ママがカフェインを摂取した後、15分~2時間の間は母乳のカフェイン濃度が
ピークになる、と言われています。

少しでも、赤ちゃんへのカフェイン移行を抑えたいのなら、
授乳後に、コーヒーや紅茶を飲むのがベストです。

2.仮眠の前に飲む

睡眠不足は育児にはつきものですよね。
赤ちゃんが眠っているときは、ママもいっしょに寝たいですが、
溜まっていた家事を片づけるチャンスでもあります。

短時間の睡眠ですっきりしたい、と思うときは
寝る前にカフェインを摂取してみてください。

ちょうど目覚める頃にカフェインが効いてくるので、すっきりできます。

3.カフェイン・ノンカフェインの食品を知る

カフェインが入っている飲み物として有名なのは、コーヒー・紅茶ですね。
実は他にもたくさんあります。
飲み物だけではなく、カフェインが含まれている食品もあります。
1日2~3杯コーヒーを飲んで、知らないうちに他の飲み物からもカフェインを摂取していた・・
なんてことにならないよう、正しい知識をつけておきましょう。

カフェインを含む飲み物

  • コーヒー
  • 紅茶
  • 緑茶
  • ほうじ茶
  • 抹茶
  • ココア
  • ウーロン茶
  • 玉露
  • 栄養ドリンク
  • コーラ

意外と知られていない・・カフェインを含む食べ物

  • チョコレート
  • ミントガム
  • チョコレート味やココア味のお菓子

カフェインを含まない飲み物

  • 麦茶
  • ハーブティー
  • ルイボスティー
  • たんぽぽコーヒー
    コーヒー豆のかわりに、たんぽぽの根から作られた飲み物です。
    完全ノンカフェイン、体を温める飲み物なので、母乳に良いとされています。
  • ごぼう茶
    ごぼう茶も母乳にいいとされています。
    サラサラの母乳を作る助けをしてくれるので、乳腺炎を予防してくれます。

授乳中はカフェインレスも取り入れてみて、赤ちゃんの様子も観察

今日はコーヒーを飲まない!という日を設けてもいいかもしれませんが、
ストレスになる・・という方は、カフェインレスのコーヒーも検討してみて。

少し前までは「おいしくない」というイメージでしたが、
最近では手軽においしいカフェインレスコーヒーが手に入るようになりました。

カフェでもカフェインレスコーヒーを出しているお店がありますね。

自分好みのカフェインレスコーヒーを探してみるのも楽しいものです。

わたしは、ドリップ式のカフェインレスコーヒーが好きです。
しっかりコーヒーの味があり、ドリップしているときに香りも楽しめます。
何より、近くのスーパーで手に入るし、コスパも優秀です。

そして赤ちゃんの様子にも気を配るようにしましょう。
いつもは寝る時間になかなか寝なかったり、
落ち着きがなくソワソワ、興奮した様子がないか?など、観察しましょう。

もしかしたら、知らず知らずのうちに、ママがカフェインを多く摂取してしまい、
赤ちゃんに影響を及ぼしてしまっている可能性があります。

そんな時は慌てず、ママはカフェインを控えて普段通り授乳しましょう。
カフェインは、基本的には時間の経過とともに自然に抜けるので大丈夫です。
そして冷静に、飲んだ飲み物の種類・授乳の時間など振り返ってみて。
もし、心当たりがあるようなら、改善しましょうね。

少し、カフェインを摂るときには注意が必要ですが、
そこまで神経質にならなくても、基本的には大丈夫です。

コーヒーのアロマ効果で、忙しい家事・育児の合い間に、
ほっと一息できる時間は必要ですよね。

タイトルとURLをコピーしました