授乳クッションで寝落ちした赤ちゃんのおろし方のコツ3選!

そのまま寝かせられる授乳クッション 子育て

スポンサーリンク

授乳クッションで赤ちゃんが寝てしまうこと、よくありますよね。

むしろ、日に何度もあることだと思います。

抱っこで寝てしまった赤ちゃん、できれば布団で寝て欲しい!と思いますよね。

ですが、布団におろした途端泣いて起きちゃう赤ちゃん…。

授乳クッションから布団へおろすのって結構難しいんですよね。

わたしも悪戦苦闘しました。

でも、二人の子供を育ててみて、やっとコツをつかんだんです!

  • 授乳クッションの上にタオルを敷いておく
  • 熟睡しているか確認
  • 頭→背中→お尻の順で下ろす

おろし方のコツを詳しく解説していきますね。

すぐに実践できる方法ですので、ぜひ、今日の寝かしつけから試してみてください!

わちゃわちゃ
わちゃわちゃ

赤ちゃんが布団で寝てくれたら、ママもゆっくり休めるもんね!

スポンサーリンク

授乳クッションで寝る赤ちゃんのおろし方のコツ

授乳クッションで寝落ち

授乳後、そのまま授乳クッションで赤ちゃんが寝てしまうことは、一日の中で何度もありますよね。

そのまま抱っこし続けるのはしんどいため、布団で寝てくれたら助かりますよね!

わたしが授乳クッションで寝ている赤ちゃんを布団で下ろすときにやっていた方法がこちら!

  • 授乳クッションの上にタオルを敷いておく
  • 熟睡しているか確認
  • 頭→背中→お尻の順で下ろす

成功率が高かったので、ぜひ、やってみてくださいね!

授乳クッションの上にタオルを敷いておく

あらかじめ、授乳クッションの上にタオルを敷いておきます。

暑い時期はガーゼ生地のバスタオル、寒い時期はブランケットがおすすめ。

もしくは、おくるみでもOKです!

むしろ、まだ首が座ってない時期は、おくるみに包んだまま抱っこや授乳した方がいやすいですよね。

おくるみやタオルなどが赤ちゃんの下に敷いてあると、布団におろした時に温度差で起きてしまうことが少なくなります!

特に、寒い時期は布団のひんやり感が赤ちゃんの背中に伝わってしまい、起きてしまうことも。

さらに、バスタオルなどが敷いてあると、赤ちゃんが吐き戻してしまったときでも、すぐに洗い替えすることができます。

熟睡しているか確認

抱っこから布団へおろすときにいちばん大事なのが、赤ちゃんが熟睡していること!

実は、意外と簡単な方法で熟睡か、それともタヌキ寝入りの状態なのか?見極めることができるんです。

それが、赤ちゃんの舌の位置。

赤ちゃんの舌あごを軽く指で押さえながら口をのぞいてみて。

舌が奥の方で縮こまっていれば、熟睡しているサインです!

布団への移動を開始してOKです。

逆に、舌がまだ手間にあるときは、まだ眠りが浅い状態。

布団に移動させても失敗しちゃう可能性が高いため、もう少し、様子を見てくださいね。

布団におろすときのテクニック

赤ちゃんを布団におろすとき、頭→背中→お尻の順で置いてみて。

赤ちゃんはお尻を支えられていると安心するため、お尻を最後におろす方が、起きずに布団で寝てくれる確率が高くなるんです!

つい、お尻から先に置きたくなっちゃいますよね。

わたしもそうでした。

でも、抱っこ紐で寝ちゃったとき、抱っこ紐から布団におろすときは、頭から先に布団に置いてる…!ってことに気づいたんです。

しかも、このときの方が布団におろしても起きず、成功率が高い!と。

他にも、

  • 赤ちゃんのお腹はギリギリまでママの体にくっつけておく
  • 赤ちゃんの胸に手を当てる

などの小技も有効!

赤ちゃんはお腹が離れるとき、「落ちる!」と感じるんだとか。

不思議ですね。

けど、お尻を最後におろす方法なら、自然と赤ちゃんのお腹もママの体にくっついた状態が長く続きますね。

さらに、布団におろしてすぐに側を離れるのではなく、もうしばらく、赤ちゃんの側にいてあげて。

赤ちゃんの胸にママの手を当てたり、優しくトントンすると、より安心して眠ってくれることも。

思い切って、添い寝しちゃうのもいいですね!

赤ちゃんが寝ている時間は、家事をしたり好きな事をするチャンスでもあるのですが、ママの体を休めることも大事。

わたしは寝不足だとイライラしちゃうので、赤ちゃんと一緒に寝るようにしてました!

それに、添い寝すると不思議と、赤ちゃんも長い時間寝てくれたりするんです。

先にママが起きると、釣られて5分とか10分後ぐらいに赤ちゃんも起きてしまったり。

きっと、赤ちゃんにはママを察知するセンサーが付いていたのだと思います。(笑)

うちの子も、3歳ぐらいまでは添い寝してないとすぐに目覚めてしまって、朝活やら夜活は、ほとんどできませんでした…!

けど、子供と一緒に寝れる時期ってあっという間です。

上は小学生で体も大きいので、もう一緒の布団で寝るには狭いです。(笑)

そのまま寝かせられる授乳クッションも

そのまま寝かせられる授乳クッション

「もうすでに、授乳クッション持ってるよ!」という方がほとんどだとは思うのですが、

「毎日、授乳クッションからおろして布団に寝かせるのが大変。失敗も多くて寝かしつけのストレスが溜まる…」というママ。

そんなときこそ、育児グッズに頼るのもアリですよ!

授乳と寝かしつけは毎日のことですよね。

特に新生児のうちは、一日のうちに何度も授乳と寝かしつけを繰り返しますね。

少しでも、ママの負担を減らすことができ、ゆったりとした気持ちで赤ちゃんに接することって、すごく大事なんですよね。

まず一つ目のおすすめが、たまひよが出している「抱っこふとん」。

おくるみ代わりにもなるため、首がすわってない赤ちゃんでも抱っこしやすくなります。

丸洗いできちゃうのも、嬉しいポイントですね。

 

ご存じの方も多いかな…と思うのが「おやすみたまご」。

授乳クッションと新生児ベッドが一体化した商品です。

ただし、ちょっと通気性が良くないため、夏生まれの子にはあまりおすすめできません。


エルゴの「授乳まくら」も人気がある商品!

エルゴといえば、抱っこ紐が有名ですよね。

好みもありますが、授乳クッションとしては硬めの素材でしっかりとした作りの印象。

高さもあり、赤ちゃんをしっかりホールドしてくれるので、安心感があります。

赤ちゃんの背中スイッチはなぜ起こる?

授乳クッション

赤ちゃんの背中スイッチ。

厄介ですよね~。

わたしもだいぶ翻弄されました…。

けど、どうして背中スイッチが起きるのでしょう?

原因はさまざまなようです。

  • モロー反射
  • 布団のひんやり感
  • 背中が真っすぐなのがイヤ

長い期間、ママのお腹の中で過ごしいていた赤ちゃん。

ママに抱っこされたり包まれたりしていると安心するんですよね。

ですが逆に、布団にポンと置かれると、手足が伸びて不安に感じちゃうんです。

モロー反射で起きちゃうことも。

手足が動かないよう、おひな巻きにしてあげるのも効果的なんです。

また、寒い時期は布団もひんやりしてますよね。

大人も布団の冷たさを感じること、ありますよね。

大人に比べて眠りが浅い赤ちゃんは、温度差にも敏感で、布団の冷たさで起きてしまうこともよくあるんです。

そして最後に赤ちゃんの背骨の形。

赤ちゃんはママのお腹にいるときは、丸まった姿勢ですよね?

そのため、新生児のうちは、赤ちゃんの背骨は丸くCカーブを描いているんです。

抱っこだと背中が丸まって赤ちゃんが安心できる姿勢なのですが、布団におろすと背中が真っすぐになりますよね?

赤ちゃんにとっては不快に感じる姿勢でもあるんです。

そのため、そのまま寝かせることができる授乳クッションなどで、適度にカーブを付けてあげると安心して眠ってくれるんですね。

まとめ

授乳クッションで赤ちゃんが寝落ちしちゃうこと、よくありますよね。

というより、授乳していると毎日、しかも1日に何度もあることですね。

わたしは、そのまま抱っこで過ごすこともありましたが、やっぱり布団で寝てくれると助かる!

何より、布団で寝てくれたら、ママも一緒に休むことができますよね。

夜中のお世話でも何度も起きなければいけないため、ママは寝不足になりがち。

わたしも、細切れの睡眠は辛かったです。

寝不足が続くと、頭痛などの体調不良だけじゃなく、ストレスも溜まってイライラしやすくなっちゃいます。

そのため、赤ちゃんが寝ている時間は、ママも貴重なお休みタイム。

赤ちゃんと一緒に快適に眠れるよう、上手く授乳クッションから布団へおろすコツ、いろいろ試してみてくださいね。

毎日のことですので、便利な育児グッズに頼るのも、いいと思いますよ。

ちなみに、赤ちゃんは授乳クッションの上にそのまま寝かせても大丈夫なんです。

ですが、夜間に授乳クッションの上に寝かせるのはおすすめできません。

▼関連記事▼

新生児の赤ちゃんが授乳クッションの上で寝るのは大丈夫!背骨の秘密

この記事を書いた人
りんご

園児と小学生の子供2人がいるフリーランス主婦です。
基本、ズボラな性格なので家事の手抜きは得意!
育児・家事ストレスは溜めずに、日々のプチリフレッシュでのんびり穏やかに過ごしています。
マンガやアニメ・コーヒーが好き。いつか猫と暮らすのが夢です。

りんごをフォローする



子育て
りんごをフォローする
cocomama研究室

コメント

タイトルとURLをコピーしました