新生児の赤ちゃんが授乳クッションの上で寝るのは大丈夫!背骨の秘密

赤ちゃんのCカーブ 子育て

スポンサーリンク

赤ちゃんは授乳中にそのまま授乳クッションの上で寝てしまうことって多々ありますよね。

このまま授乳クッションの上で寝かせても大丈夫なのか?
赤ちゃんの体が授乳クッションに沈んでしまっているけど、猫背の心配はないの?
などなど、気になってしまうことありますよね。

でも、大丈夫なんです!

赤ちゃんを授乳クッションの上で寝かせたからと言って、赤ちゃんの背骨が曲がってしまう!なんてことは、ありません。

理由は、
「赤ちゃんの背骨は大人と違ってCカーブになっているので、授乳クッションなどで適度なカーブを作ってあげる方が赤ちゃんにとっては安定する姿勢」
だからなんです。

実はわたしも、産院の助産師さんに教えてもらったんですがね。

さらに、ママに抱っこされて眠るのは、赤ちゃんにとっても気持ち良くて安心できるもの。

寝顔もかわいいですよね~。

でも、だからと言って、ずーっと抱っこしているのはツライですね・・。

お布団で寝てほしいときもあります。

特に、夜はママも一緒に眠りたい!とっても切実な気持ち、よ~くわかります!

わたしも2児の母なのですが、わたし自身が試行錯誤しながらたどり着いた授乳クッションを上手く活用した寝かしつけの方法を詳しくご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

新生児の赤ちゃんが授乳クッションの上で寝るのは大丈夫!

赤ちゃんのCカーブ

赤ちゃん、特に新生児期は背中は丸~くCカーブを描いています。

これは、ママのお腹にいたときの姿勢なんですね。

そのため、背中を真っ直ぐにして寝かせる姿勢よりも、授乳クッションを使って背中を丸めるような姿勢をしてあげると赤ちゃんは安心します。

しかも、授乳クッションを上手に活用することで、抱っこではなく、布団で寝てくれる確率がアップします・・!

授乳クッションを使った寝かせ方は簡単。

  • 授乳クッションを布団の上に置く
  • 授乳クッションの上にバスタオルを敷く
  • 赤ちゃんの頭がクッションの上に、お尻がくぼみに入るように寝かせる

これだけでOKです!

授乳クッションの硬さや大きさによっては、赤ちゃんが沈み過ぎてしまう場合もあるかもしれません。

そんなときのために、バスタオルを敷くとうまく調整できますよ。

たったこれだけで、新生児の赤ちゃんの背骨が自然なCカーブになり、居心地が良いのでぐっすり眠ってくれる確率が高くなります。

安くてもいいので、授乳クッションは2つあると便利です。

ただ、授乳クッションでせっかく上手く寝かしつけが出来ても、赤ちゃんの首がクッションからずり落ちて苦しそうになっちゃうことも。

そんなときの対処法や、首をラクに保ってあげるコツをこちらの記事でご紹介しています。

▼関連記事▼

赤ちゃんが授乳クッションで寝るとずり落ちる!首をラクに保つ方法

それともう一つ、赤ちゃんを抱っこから布団へ移動させるときのコツがあります。

それは、「ママと赤ちゃんのお腹は最後に離すこと」です。

よく「背中スイッチ」という言葉、耳にすると思います。

赤ちゃんの背中を布団に置いた瞬間、パチッと目を覚ましてしまうことですね。

でも、最近の研究では、赤ちゃんのスイッチは背中ではなく、お腹にあることがわかってきたんです!

赤ちゃんは、寝ているときでも抱っこしていると安心しているんですね。

それが突然、ママから布団に移動するときにお腹が離れると、赤ちゃんは「落ちる」と不安になってしまうんだとか。

ですので、眠っている赤ちゃんを布団に移動させるときは、できるだけお腹は最後に離すようにしてみてください。

わたしも、この方法を実践するようになってから、起きてしまうことが少なくなりました。

抱っこ紐から下ろすときも、気を付けるといいですよ。

詳しくは、こちらの記事でも解説しています。

授乳クッションを2つも買うのは…という方に向けて、別のアイデアもご紹介しています。

▼関連記事▼

授乳クッションで寝落ちした赤ちゃんのおろし方のコツ3選!

また、昼間は抱っこのまま寝かせてもいいわ…というママもいらっしゃいますね。

せっかく寝た赤ちゃんを移動に失敗して起こしちゃったら、苦労が水の泡ですもんね。

実は、抱っこで寝ることで、意外なメリットもあったんです。

▼関連記事▼

新生児の赤ちゃんが抱っこしたまま寝るのは大丈夫!意外なメリットも

授乳クッションを使った寝かしつけ夜はNG!

ベビーベッド

授乳クッションを使って寝かせると、今まで抱っこじゃないと寝なかった子でもスヤスヤと寝てくれることが増えると思います!

ですが、夜間に赤ちゃんを授乳クッションの上に寝かせるのは避けてくださいね。

赤ちゃんが授乳クッションからずり落ちてしまう可能性があります。

しかも、夜間はママも眠いので、常に見張っている!というワケにもいきませんからね。

また、添い乳で寝かしつけをしたくても、首がすわってない新生児の赤ちゃんの場合は難しいですよね。

でも、夜間に布団で寝かせる方法はあります!

いつも通り、ソファなどで授乳して赤ちゃんがウトウトし始めたタイミングを狙う方法です。

少々荒業なんですが…「ソファから布団まで授乳しながら移動」します。

もちろん、布団で授乳して、そのまま寝かせればいいんじゃない?とも思いますが、わたしの場合、布団で授乳すると腰と背中が痛くてムリでした。

そこで、授乳したまま移動する!という方法を思いつきました。

思いついたキッカケは、「抱っこ紐の中で授乳するよ~」というツワモノママの発言から。

このママは、3児の母です。

じゃあ、家の中でも、ソファから布団ぐらいまでの距離なら授乳したまま移動できるんじゃ?と思い、やってみたら・・できました!

ギリギリまで授乳して、そっと布団に置いたら・・大成功!

さらに、そのまま添い寝してあげると安心するのか、寝つきもいいし、ある程度まとまった時間寝てくれるようになりました。

これで、わたしの寝不足がかなり軽減されました。

ちなみに、寝かせるときに頭を高くしたり、横向きにしてあげると、授乳の直後でも吐き戻しの心配が減ります。

母乳のあとげっぷが出ていなくても心配いりません。

 

ただし、万が一に備えて、赤ちゃんが寝る場所にはバスタオルを敷いたり、枕元に口拭き用のガーゼを用意しておくと安心です。

授乳クッションはいつまで使う?

眠る赤ちゃん

新生児の赤ちゃんは背中が丸くカーブしていると安心するんですが、授乳クッションを使った寝かしつけ、いつまで大丈夫なんでしょうか?

赤ちゃんは、首が座ってきて、自分で寝返りができるようになると背骨もCカーブからS字へ変化してきます。

たしかに、寝返りができるようになると、授乳クッションの上で寝るのは窒息などの心配があるため、控えた方がよさそうです。

それに、添い乳での授乳もできるようになってくるので、ママの負担もだいぶ減ります。

とはいえ、寝かしつけにはまだまだ苦労する時期ですよね。

ラッコ抱きも、赤ちゃんの寝かしつけの一つの方法ですね。

とはいえ、ラッコ抱きも布団に下ろすときは大変です。

また、クセになると卒業するのが大変なんです。

こちらの記事では、ラッコ抱きのメリット・デメリット、上手に卒業させる方法を解説しています。

▼関連記事▼

赤ちゃんを楽に寝かしつけるラッコ抱き実は危険!上手に卒業するコツ

スポンサーリンク

この記事を書いた人
りんご

園児と小学生の子供2人がいるフリーランス主婦です。
基本、ズボラな性格なので家事の手抜きは得意!
育児・家事ストレスは溜めずに、日々のプチリフレッシュでのんびり穏やかに過ごしています。
マンガやアニメ・コーヒーが好き。いつか猫と暮らすのが夢です。

りんごをフォローする
子育て
りんごをフォローする
cocomama研究室

コメント

  1. […] 新生児の赤ちゃんが授乳クッションの上で寝るのは大丈夫!背骨の秘密 […]

  2. […] 新生児の赤ちゃんが授乳クッションの上で寝るのは大丈夫!背骨の秘密 […]

タイトルとURLをコピーしました