赤ちゃんを楽に寝かしつけるラッコ抱き実は危険!上手に卒業するコツ

子育て

スポンサーリンク

ラッコ抱きは赤ちゃんと体が密着するため、
赤ちゃんが安心して、
よく眠ってくれるんですよね~。

寝かしつけに苦労しているママは、
ラッコ抱きを取り入れている方も多いですよね。

ただ、ご存知の通り、
ラッコ抱きは
気を付けなければいけないことがありますね。

  • 窒息に要注意!
  • クセになってしまう

上記のことを気を付けれいれば、
ラッコ抱きは取り入れてもOKですが、
やめたい!と思ったときに、
ラッコ抱きでの寝かしつけを卒業するのに
苦労した・・・という方もたくさんいます。

ラッコ抱きをするときの注意点と、
やめたい!と思った時の対処法をご紹介します。

スポンサーリンク

ラッコ抱きで寝かしつけた後そのまま寝るのは危険!布団へ移すコツ

赤ちゃんが安心して眠ってくれる
ラッコ抱きですが、
パパやママは絶対にそのまま寝ないでくださいね!

育児に疲れていたり、
寝不足が続いていたりすると、
うっかり赤ちゃんといっしょに
寝落ちしちゃうこと、あるかもしれません。

特に、泣いていた赤ちゃんがやっと寝てくれると
ホッとして気持ちも緩んでしまいます。

ですが、赤ちゃんを布団に置くまでが
寝かしつけ!と思い、
うっかり寝落ちしないよう、気を付けてください!

というのも、やはりラッコ抱きは
窒息の可能性があるからなんですよね。

特に、まだ首もすわっておらず、
寝返りもできない新生児の時期は要注意。

ただし、ここで一つ問題が。

そう、ラッコ抱きから布団に移した途端、
パッチリ起きて泣いちゃう可能性が・・・!

これでは、寝かしつけの苦労が台無しに。

でも、抱っこの状態から布団へ置くとき、
ちゃんとコツがあるんです!

  • 赤ちゃんが熟睡しているタイミングでおろす
  • 場合によっては、授乳クッションを使う
  • 体を離すときはゆっくり、お腹は最後に離す

詳しくは、別の記事でご紹介していますので、
寝かしつけのコツをマスターしてくださいね!

赤ちゃんが寝なくて困った・・即実践できる寝かしつけのコツ3つ

ラッコ抱きがクセに!?自分から登ってくる赤ちゃんも

 

ラッコ抱きを続けていると、
ラッコ抱きでしか寝てくれない!
という赤ちゃんもいます。

ラッコ抱きをしていると、
パパやママは身動きが取れなくなってしまいますよね。

さらに、赤ちゃんがどんどん
大きくなってくると、
重くて体に負担もかかっちゃいますよね。

それに、ラッコ抱きが好きすぎて、
パパやママに自ら登ってきちゃう
赤ちゃんもいるんです!

クセになっちゃっているんですね。

ラッコ抱きをやめたい!そんなときの対処法

 ラッコ抱き以外で寝かしつけ

赤ちゃんがよく眠る方法として、

  • 車の中
  • 抱っこ紐
  • ベビーカー

などなど、ラッコ抱き以外でも
眠ることができますよね?

特に、外出先の移動中、
気づいたら気持ちよさそうに眠っていた!
ということ、ありますよね。

これは、輸送本能と呼ばれていて、
抱っこなどで移動されているときは
おとなしくする、という本能なんです。

たとえば、災害が起きたとき、
避難するときに暴れてしまっては
もっと危険な状態になってしまいますよね?

そうならないための、本能なんだそうです。

昼も夜も散歩やドライブに出かけて
寝かしつける!
というのは現実的ではありませんが、

なるべく、ラッコ抱き以外で
赤ちゃんが眠れる方法を探してみてください。

そして、徐々に布団に慣れさせてくださいね。

布団へ移動するときは、「寝かしつけのコツ3つ」
でご紹介した方法を試すと、
成功率がアップすると思います!

育児用品に頼る!

バウンサーやハイローチェアなど、
育児用品を使って寝かしつけるのも一つの方法です。

意外と、バウンサーの揺れを気に入って、
そのまま寝ちゃう赤ちゃんもいます。

それに、寝なくても、
月齢が進んでくるとバウンサーで
一人遊びもできるようになってきます。

そうなると、ママの手もあいて
家事がはかどりますよね。

バウンサーの中でも、
今いちばん人気があるのが
リッチェルのバウンサー。

薄く畳めるので、
収納場所に困らないのは嬉しいポイント。

また、離乳食を食べさせるのに
活用しているママも。

ベビービョルンのバウンサーも人気ですが、
お値段が倍ぐらいします。

少しでも安くて良い物を・・・!
という方にはおすすめです。

 

実は、わが家はカトージのバウンサーを
お下がりでいただいたのですが、
ローチェアなので、あまり活躍しませんでした。

ハイチェアの方が、
料理をしているとき、
食事をしているときなど、
幅広く使うことが出来ます。

掃除機をかけるときなんかも、
良さそうですよね~。

タイトルとURLをコピーしました