新生児の赤ちゃんが抱っこしたまま寝るのは大丈夫!意外なメリットも

子育て

スポンサーリンク

新生児の赤ちゃん、ママが授乳したりミルクをあげたり、
抱っこであやしたり・・泣き止んで眠ってくれるとほっとしますよね。

そして、次に待ち受けるのが布団での寝かしつけ。

このまま抱っこで寝かせるのはしんどいし、
特に、夜は布団で寝てくれたらどんなにラクか・・!

でもな・・万が一起こしちゃったらまた寝かしつけしなきゃいけないし・・と、ジレンマが!

でも、お昼寝だったらムリに布団で寝かせる必要は無いですよ。

ママが大変じゃなければ、新生児の赤ちゃんを抱っこしたまま
寝かせても大丈夫です。

たまに、「抱きぐせがつくから」とか「赤ちゃんの背骨は真っ直ぐにしないと」
という人もいますが、これは母親世代の育児の頃の考え方。

今は、抱きぐせはつかないし、抱っこのまま寝かせたから赤ちゃんの背骨が曲がる、
なんてことはありません。

むしろ、新生児の時期は抱っこによるスキンシップが重要なんです。

「スキンシップ」というのは、人のぬくもりを伝える行動として、とても効果的

「発育がよくなる」「入眠までの時間が短縮する」「赤ちゃんのストレスホルモンが減少する」

東洋経済ONLINE」より引用

わたしも二児の母ですので、子供たちの寝かしつけにはずいぶん苦労しました。

特に、上の子は昼間は抱っこじゃないと寝ない子だったので、大変でした。
下の子も、抱っこで寝ることが多かったのですが、
徐々にお昼寝も布団で寝てくれるようになり、すごくラクだったのを覚えています。

わたし自身の体験談も交えながら、抱っこしたまま寝る赤ちゃんと、
日々どのように付き合っていたのか、布団で寝るようにする方法などご紹介していきます。

スポンサーリンク

新生児の赤ちゃんが抱っこしたまま寝るのは大丈夫!

昼間の数時間であれば、新生児の赤ちゃんを抱っこのまま寝かせるのは
大丈夫ですよ。

もちろん、ママが大変じゃなければ、ですが。

眠いんだけれどグズグズして、なかなか寝てくれない赤ちゃん。

オムツを替えたり、抱っこをしたり、授乳をしたり・・と、
授乳クッションの上でやっと眠ってくれた~!と思うと、ホッとしますよね。

でも、布団に置いた瞬間、パチッと目を覚まして「ぎゃー」と泣いてしまったら・・?
また授乳を最初からやり直しです・・。

すごくしんどいですよね。

もう一度寝かしつけを頑張るぐらいなら、このまま抱っこのまま寝かせちゃおう・・
と思っちゃいますよね。

わたしも、そうでした。

昼間の数時間であれば、ママもガマンできないほどではありませんし、
ソファに座ったまま、少し休むことができます。

それに、抱っこのまま寝ている赤ちゃん、とても安心したようにスヤスヤ寝ています。

赤ちゃんは眠っていても、ママが側にいることを感じて安心するんですね。

しかも、新生児の時期のスキンシップはとても重要。
たくさん抱っこをしてもらうことで、穏やかで思いやりのある子に育つと言われているんです。

「抱きぐせがつく」という心配は無用ですよ。
今しかないスキンシップの時間だと思って、接してみてくださいね。

私の場合は、手の届く範囲に飲み物や本を置いて、
好きな事をする時間にしてました。

ちなみに、手元にスポーツタオルがあると便利ですよ。
ママの腕枕の代わりに、赤ちゃんの頭の下に丸めてタオルを入れてあげると安定します。

昼間のお昼寝は、必要以上に暗くしたり、静かにし過ぎたりしなくても大丈夫なんです。

むしろ、昼間は明るくて活動する時間、夜は暗くて静かに寝る時間、
というリズムをつけてあげることで、だんだん夜にまとまって寝てくれるようになります。

ただ、いくらお昼寝の時間とはいえ、
テレビやスマホの光は赤ちゃんには刺激が強すぎるので
ほどほどにしてくださいね。

赤ちゃんは抱っこで寝ると背骨が曲がってしまう?

赤ちゃんを抱っこで寝かせたからと言って、背骨が曲がってしまうことはありませんよ。

母親世代の育児では、
「赤ちゃんは硬い布団に寝かせて、背骨を伸ばしてあげなきゃいけない」
という考え方だったようですが、今は異なります。

特に、生まれてすぐの新生児は、背骨の形はCカーブを描いています。
ママのお腹にいたころの姿勢なんです。

ですので、抱っこのまま赤ちゃんが寝ているからと言って、
背骨が曲がってしまう、なんてことはあり得ないんです。

むしろ、抱っこで寝ているときの方が、赤ちゃんがの背骨が
自然なCカーブを描いていると思います。

赤ちゃんにとっては、ラクな安心できる姿勢なんですね。

新生児の赤ちゃんが抱っこしないと寝ない!布団で寝てほしい

昼間の数時間であれば、抱っこしたまま赤ちゃんが寝ていても
ガマンできる程度ですが、夜はちゃんと布団で寝てほしいですよね。

赤ちゃんが布団で寝てくれるための、3つの秘策をご紹介します。

布団に置くときはお腹が最後

よく「背中センサー」という言葉を使いますが、
最近の研究では、お腹にセンサーがあることがわかってきたんです。

抱っこで寝ている赤ちゃん、たいてはママとお腹がくっついていませんか?

赤ちゃんはお腹が離れると「落ちる!」と思ってしまうんだとか。

なので、寝かせるときは出来るだけママと赤ちゃんのお腹は
最後に離すようにしてみて。

授乳クッションを使った寝かしつけ

赤ちゃんの背骨がCカーブになるように、寝かせてあげると
安心して眠ってくれます。

  • 授乳クッションを布団に置く
  • 授乳クッションの上に、バスタオルを敷く
  • 授乳クッションの凹んでいるところに赤ちゃんのお尻を入れる

簡単な方法ですので、試してみてくださいね。

わが家に赤ちゃん訪問に来てくれた助産師さんが
この方法で上手にベビーベッドに寝かせてくれました。

他にも、「おひな巻き」と言って、赤ちゃんの体を
おくるみや大きめのバスタオルで包んであげる方法もあります。

手足がバタバタしないように包んであげると安心してくれます。
これも、ママのお腹の中を再現しているんです。

ガーゼ生地の大きめのバスタオルがおすすめですよ。

授乳クッションを使った寝かしつけについては、別の記事でもご紹介しています。

わたしが育児の中で生み出した、荒業(!?)の寝かしつけの方法も
ご紹介していますので、気になる方は読んでみてくださいね。

新生児の赤ちゃんが授乳クッションの上で寝るのは大丈夫!背骨の秘密

添い乳で寝かしつける

添い乳は赤ちゃんが中耳炎になる、とか
ママが乳腺炎になってしまう、とかマイナスな面ばかり注目されていますが、
上手に付き合えば立派な授乳方法の一つです。

何と言っても、ママは起き上がらなくてもいいので体がラクです。

添い乳だけで寝かしつけをするのは不安!というママ。

わたしの場合ですが、寝かせる前はまず、
横抱きやフットボール抱きでしっかり授乳をしていました。

赤ちゃんがウトウトしてきたかな?という頃を見計らって布団に異動し、
添い乳で寝かしつけをすると、意外とすんなり寝てくれました。

どれも、すぐに試すことができる方法ですので、
実践してみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました