新幹線の子連れは迷惑!?ぐずりや泣きへの対処法を二児の母が伝授

子育て

スポンサーリンク

子連れで新幹線に乗るとき、ぐずったり泣いたり、
周囲に迷惑をかけてしまわないか心配ですよね・・。

事前にできる対策といえば、
おもちゃやお菓子を用意すること、
が真っ先に思い浮かびますよね。

でも実は、もっと大事なことがあるんです。

  • 子供に事前に言い聞かせをしておく
  • 新幹線に乗る時刻に注意する

この2つが非常に重要!

わが家もこの方法で、子供連れの新幹線を
快適に過ごすことができました。

スポンサーリンク

新幹線での子供連れは迷惑?事前に子供に言い聞かせを

新幹線に乗車する数日前から、
「新幹線の中でのお約束」を
お子さんに語りかけましょう!

赤ちゃんでも小学生でも、年齢に関係なく
事前にお話ししておくことは非常に重要。

えぇ~?赤ちゃんなんて、大人の話わからないし、
教えても意味ないんじゃない?と思いがちですが、
それは違います。

赤ちゃんは言葉がわからないかわりに、
ママの表情や声のトーンで、色んなことを察しているんです。

「わからないから」とないがしろにせず、
きちんと説明してあげてくださいね。

子どもにとっても今日は突然、新幹線に乗せられて、
全く知らない土地に連れて行かれる・・。

ものすごいストレスになっちゃうんですよね。

「おばあちゃんのおうちにみんなで遊びに行くよ」
「新幹線に乗るからね、たくさんの人が乗っているから
お席に座って静かに過ごそうね」
「走り回ったり、大声でさわいだりしないでね?」と。

コミュニケーションできる年齢であれば、
ときどきクイズ形式にして
「新幹線の中は走ってもいいんだっけ~?」と
たずねてみて。

きっと元気よく「だめ~!」と答えてくれるはずですよ♪

新幹線で子供がぐずる・泣く場合の対策2選

新幹線の時刻に注意

まずは新幹線を予約する前に、
できれば平日の昼間の時間帯など、
空いている時間を狙ってみてください。

満席の新幹線よりも、
多少空席が目立つ新幹線の方が
気持ち的にとってもラクです。

もちろん、長期休みを利用して帰省する場合なんかは、
空いてる時間なんて無いので難しい場合も。

そんなときは、お昼頃の新幹線がおすすめです。

理由は、

  • 新幹線の中でお弁当を楽しめる
  • ご飯のあとはお昼寝タイム

と、ムリなく新幹線での移動時間を有効活用できます。

特に赤ちゃん、眠ってくれたらすごく安心ですよね!

実はわたしも、赤ちゃん連れで初めて新幹線を利用したとき、
けっこうドキドキしたんです。

でも作戦がうまくはまってくれて、
新幹線の移動中、ほとんど寝てくれていたので助かりました!

新幹線に乗る前に、授乳やおむつ替えも済ませておくのがおすすめです。

暇つぶしグッズを用意

子どもの気を逸らせるために、お菓子やジュース、
子どもが好きなアニメやゲーム、マンガなどを用意するのは定番ですね。

でも、意外とお菓子はペロッと食べちゃうし、
長時間のアニメやゲームは気になってしまいますよね。

そこで、おすすめの暇つぶしグッズを3つご紹介します。

新しいおもちゃ

年齢に関係なく、新しいおもちゃは
子供が絶対に喜ぶアイテム。

うちの子は車が好きなんですけど、
100均の車でもものすごく喜ぶんです!

高価なおもちゃを用意する必要はありませんので、
好きそうなものを選んでみてくださいね。

シールブック

長時間、子供が集中して遊んでくれるアイテムなのでイチオシ!

なぜか、子供ってシールが好きなんですよね~。

100均にもありますが、
シールがへたりやすいので注意が必要です。

また、シールが小さすぎる物は、
誤飲の可能性がありますので、気を付けて選んでくださいね。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

シールブック レッツゴーどうぶつえん
価格:550円(税込、送料別) (2020/1/23時点)

 

トランプ

小学生にイチオシなのがトランプ!

わが家の娘も、今トランプブームです。

大人もいっしょに楽しめるのがいいですね。
わが家はいつも、気づけば真剣勝負になってます。(笑)

新幹線での子連れが迷惑!と思われないために

万が一子どもが泣いて騒いでしまい、
収集がつかなくなったときのために、
「デッキに避難する」ということを
頭に入れておきましょう。

座席であやし続けるのも限界がありますし、
まわりの目も気になってしまうもの。

デッキに避難するだけで、ママの気持ちも落ち着くはずですよ。

大人の注意を聞ける子供であれば、
時にはきちんと注意するのも必要。

絶対に目を離さないよう、気を付けてくださいね。

ただ、子供を叱るときに気を付けたいのが、
決して大声で怒鳴ったりしないこと。

周りの迷惑になってしまいますし、
子供にとって逆効果になりますます泣いてしまうことにも。

そこで、効果的なのが
人差し指を立てて「シーッ」とすること。

意外と効果がありますので、新幹線だけではなく、
公共の場で騒いでしまったときにも有効です。

スポンサーリンク

この記事を書いた人
りんご

園児と小学生の子供2人がいるフリーランス主婦です。
基本、ズボラな性格なので家事の手抜きは得意!
育児・家事ストレスは溜めずに、日々のプチリフレッシュでのんびり穏やかに過ごしています。
マンガやアニメ・コーヒーが好き。いつか猫と暮らすのが夢です。

りんごをフォローする
子育て
りんごをフォローする
cocomama研究室

コメント

タイトルとURLをコピーしました