鯉のぼりと五月人形は両方必要なの?誰が買う?

季節行事

スポンサーリンク

初節句といえば、鯉のぼりや五月人形を用意しますね。

子どもの健やかな成長を願って、
「どんな節句飾りにしようかな~?」と
ワクワクした気分になります。

でも、鯉のぼりや五月人形を用意するにあたって、
「誰が買うの?」
「あんまりスペースが無いからどうしよう・・」など
悩みもでてきてしまいます。

そこにさらに、両家の意見が食い違ってしまうと
そりゃ・・もう・・大変なことに。

そのために大事なことは、
「夫婦でしっかりと意見を持つこと」です。

そのためにも、まずは「五月人形と鯉のぼりを揃える意味」
「一般的には誰が買うの?」という基本的なことを押さえておきましょう!

スポンサーリンク

初節句に鯉のぼりと五月人形は両方必要?

まず、なぜ初節句に鯉のぼりや五月人形(兜や鎧飾り)を飾るのか?
を見ていきましょう!

鯉のぼりを飾る意味

鯉のぼりは、屋外に飾るのが一般的ですね。
「外飾り」と言われることもあります。

屋外に飾ることで、

  • 神様に守ってもらえるよう目印にする
  • 近所に後継ぎが生まれたことを知らせる

という役割があるんです。

また、諸説あるのですが、いちばん有名な意味は、
「子供の立身出世を願うため」に飾ると言われています。

鯉が滝を登り、龍になったという中国の話、
ご存知の方も多いはず。

龍は出世の象徴と言わるため、
「子供の立身出世を願うため」
鯉のぼりを飾るようになりました。

五月人形(兜・鎧飾り)の意味

五月人形は、鯉のぼりとは違い室内に飾りますので
「内飾り」と呼ばれています。

五月人形は
「子供を病気や事故から守り、健康で強く育っていくように」
という意味を込めて飾ります。

つまり、鯉のぼりと五月人形とでは、
役割も込められている願いも異なるんですね。

そのため、端午の節句では
鯉のぼりと五月人形の両方を用意する風習があるんですね。

ただ、困ったことに、

  • 飾るスペースを確保できない
  • 収納する場所も困る

などの理由で両方揃えるのが難しい場合も。

最終的な結論としては、どちらか一方でもあればOKなのでは?
と個人的に思っています。

わが家もマンションですので、
飾るスペースに困ります。

そのため、五月人形しか買いませんでした!

鯉のぼりは、息子が保育園で作ってきた
手作り鯉のぼりを飾ってます♪

子どもが自分でいっしょうけんめい作ってきた鯉のぼり、
とても可愛らしくて嬉しい気持ちになります。

鯉のぼりは誰が買う?

一般的には、母親側の祖父母が購入する、
というのが昔からの風習です。

理由は、

嫁にいった娘と、可愛い孫の顔をみるための口実に、
母親側の祖父母が初節句のお祝いを購入し、
夫側の家に持参していたんです。

昔は同居が当たり前。

「娘に会いたいわ~」とか
「可愛い孫の顔がみたいわ~」とか
気軽に言うことができなかったんですね。

そして、初節句のお祝いをいただいたお礼として、
夫側の家でお祝いの席を設けて、
食事をふるまっていたんだそうです。

でも最近では、「どちらが買う!?」と揉めることも・・。

妻側の家が用意する場合もあれば、
両家で折半したり、
祖父母ではなく両親が準備をしたり、

と、家庭によってさまざま!

余計なトラブルを生まないためにも、
両家ともに合意してから購入するのが平和ですね。

五月人形のお下がりはNG!どうして?

父親の五月人形がある場合、
「お下がりでいいのでは?」と思ってしまいますよね。

さらに、次男が生まれた場合は、
兄弟で共有すればいいのでは?という考えに至りますよね。

でも、五月人形の本来の役割から考えると、
お下がりや共有することは、あまり良くないと言われています。

これは五月人形が子供の身代わりとして
厄災から守ってくれるという役割を果たすためです。

つまり、父親の五月人形をお下がりにしてしまうと、
父親の厄災を引き継いでしまう、と考えられているんです。

また、「身代わり」の意味を考えると
兄弟間で五月人形を共有するのも良くないんです。

これが、五月人形はお下がりはダメ!
と言われている理由なんですね。

ただ、現実的には2つも五月人形を用意するのは難しいもの。

でも最近では、小さい五月人形や
下がり飾りと言って、壁に飾ることができるものも。

次男のために、何か用意したい!というご家庭では、
検討してみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました