スーツの衣替えの時期を気温で決めると恥をかく!?正しい収納方法も

季節行事

スポンサーリンク

大学院を卒業して、社会人1年生として仕事をしていくボク。

そんなボクが頭を悩ませていたのは、
ずばり「スーツの衣替え」の時期!

これまでは私服で大学に通っていて、
毎日のコーディネートに悩む日もあったんですが、
会社はスーツで行けばいいので
何も考えなくて良いくてラクだな~、と思ってました。

でも案外、スーツも難しいんですよね。

特に春先なんかは寒暖差も激しくて、
衣替えをいつしたら良いのか?がわからないんです。

会社で恥をかかないためにも、徹底リサーチしてみました。

スポンサーリンク

スーツの衣替え一般的な時期は?気温で決めたらマナー違反に!

まず一般的に、スーツの衣替えの時期は
4月中旬~5月のGWと言われています。

もちろん地域によって多少異なりますが、
これを覚えておけば外すことはないでしょう!

ただ、最近では4月でも暑い日があり、
夏用のスーツにしたい!という日もあるんですよね。

ボクも暑くて堪らなくて、
スーツを夏用に変えたい!と思った日が何度もありました・・!

そのため、「今日は暑いから~」という理由で
夏用のスーツを着て出社してしまいたい気持ち、よーくわかります。

でも実は、暑いからと言って4月に夏用のスーツで出社してしまうと、
上司や先輩、取引先の人からの評価が落ちてしまう可能性があるんです!

冷たい視線を浴びるのってイヤですよね!

「あいつは常識がなってない」
なんていうレッテルを密かに貼られるかもしれません。

それに、いくら4月の暑い日でも、
上司や先輩、ましてや取引先の方が夏用スーツを着用してなかったら・・?

かなり申し訳ない気持ちになってしまいますよね。

マナーとしても、4月に夏用スーツを着用するのはNGだ!
ということを押さえておいてくださいね。

暑くてどうしてもガマンできない、
体調を崩してしまいそう、
仕事に集中できない!

そんなときは一言先輩にアドバイスをもらってください。

スーツを衣替えしたらすぐ保管はNG!収納する前にするべきこととは

さて、続いては念願の(?)衣替えをするときの対応です。

まずはNGパターンから!

すぐにタンスやクローゼットに仕舞い込むのはNG!

理由は、汗をかいたままのスーツをそのままにしてしまうと、
カビが生えてしまったり、
害虫にくわれてしまったり・・

という恐れがあるんです。

そろそろ冬用のスーツを出そうかな~と思い
いざ出してみたらスーツはボロボロ!
もう手遅れ!
買いなおさないと・・

なんてことにならないよう、正しい方法で保管しましょう。

スーツの正しい仕舞い方は、

  1. クリーニングに出す
  2. クリーニングが終わったらすぐに受け取り
  3. ビニール袋から出してクローゼットへ保管
  4. さらに防虫剤があれば完璧!

ちなみにスーツはクリーニングではなく
自分で洗濯する!という方法もアリなんですが、
実はスーツを洗うのは結構難しい。

洗濯に失敗してスーツがシワだらけになってしまったら?

そう考えると、クリーニング代はケチらずに、
クリーニングに出しちゃった方が安心です!

次に、クリーニングが出来上がったら早めに取りに行ってくださいね!

時間が経てば経つほど忘れてしまう・・
という理由もあるのですが、

あのクリーニングのビニール袋が実は厄介。

スーツがいつまでもビニール袋に密閉された状態だと、
通気性が悪く、湿気がこもってカビの原因にもなってしまいます。

そのため、クローゼットに仕舞う前に、
必ずビニール袋から出して、スーツを保管してくださいね!

ついでにクリーニングのタグも外しちゃってください。

意外とクリーニングのタグを付けたままの人、
いるんですよね~。

(ボク経験があります・・笑)

そして、防虫剤があればより完璧です!

社会人の常識!スーツの衣替えの時期は気温で決めると恥をかく

いかがでしたでしょうか?

社会人にとってスーツは当たり前の存在。

スーツの衣替えの時期を間違えてしまうと、
会社で浮きまくってしまうし、
自分自身の評価も落としかねません。

大人として、最低限のマナーは身に付けておきいたいですよね。

また、就職祝いでプレゼントしてもらったスーツ、
自分で自分のご褒美にちょっと高かったスーツ、
ほぼ毎日着ている大事なスーツ、

衣替えの時期だからこそ、きちんとクリーニングに出して
長く大事に着たいですね。

タイトルとURLをコピーしました