妊婦だけどお寿司が食べたい!妊娠中でも食べていいネタってあるの?

妊娠

スポンサーリンク

妊婦だけどお寿司が食べたい!と思うこと、
ありますよね。

しかも酢飯はさっぱりしているので、
妊娠中の食欲がないときでもお寿司なら食べられそう!
と思いますよね。

でも基本的に、妊娠中はお寿司やお刺身、サラダなどの
生ものは食べてはいけない・・と言われています。

だけど裏を返せば、
火が通っている寿司ネタなら妊婦さんでも食べてもOK!
ということにもなります!

  • ツナマヨ
  • たまご焼き
  • 蒸しエビ
  • 蒸したこ
  • 納豆
  • いなり寿司

しかも、妊婦だから・・と言って、
極端にお魚を食べない生活はしなくても大丈夫。

厚生労働省でも、お魚の種類と量に気を付ければ
妊娠中でもお魚を食べても良しとしています。

(厚生労働省「お魚について知っておいてほしいこと」参照)

食べ物をガマンし過ぎるとストレスになってしまう方もいますよね。

わたしも妊娠中にお寿司を食べたことがありますが、
特にトラブルもなく、元気な赤ちゃんが生まれました!

上手に寿司ネタを選んで、お寿司を楽しみましょう!

スポンサーリンク

回転寿司で妊婦が食べていいネタ6選

妊婦さんがお寿司を食べるとき、
基本的には火が通っているものを選べば安心です。

おすすめのネタ6つをご紹介します。

ツナマヨ

ツナは回転寿司では必ず見かけるネタ。

ツナ缶は完全に火が通っていますし、
厚生労働省のサイトでも、ツナは妊婦さんが食べても安心なお魚。

ただ一つ、注意するとすればツナといっしょに添えられているきゅうり。

絶対に食べてはダメ!という訳ではありませんが、
心配な場合は取り除くことも検討してくださいね。

たまご焼き

寿司ネタの定番であるたまご焼き、
加熱調理されていますので、
妊婦さんでも安心して食べることができますね。

子どもから大人まで人気の甘いたまご。

家庭で作るのは難しいので、
お店で食べるたまご焼きのお寿司、美味しいですよね。

蒸しエビ

蒸しエビや、ボイルされているエビなら
完全に加熱されていますので、
妊婦さんでも安心して食べることができます。

わたしはエビが大好きなので、
妊娠中は蒸しエビをたくさん堪能しました♪

蒸しタコ

エビと同じように、タコもボイルや蒸してあるなど、
加熱されているのでしたら食べてOKなネタです。

ただ、意外とタコって、
生なのか?火が通っているのか?
見た目じゃわからないこともありますよね?

判断がつかない場合は食べる前に、
店員さんに確認してみてくださいね。

納豆巻き

納豆は発酵食品ですので、便秘になりがちな妊娠中は
積極的に食べたい食材の一つです。

納豆は妊娠中でも食べられるものなので、
それを使ったお寿司も食べてOK!

ただし、ツナと同様
納豆軍艦にきゅうりが添えられている場合は
ご注意くださいね。

いなり寿司

いなり寿司も加熱してある油揚げを使っているので、
妊婦さんでも安心して食べることができますよ。

いなり寿司の酢飯に具材が入っていることもありますが、
基本的に煮たかんぴょうや野菜などが使われていますので
ほとんど安心です。

気になる場合は、オーダー前に確認してみてくださいね。

 

妊婦さんが食べられる寿司ネタ、
意外とありますね。

他にも、お寿司屋さんのお味噌汁や茶わん蒸し、
天ぷらなんかも美味しいですよね~。

普段は寿司ネタを食べるだけでお腹いっぱい・・
という女性、たまにはサイドメニューも楽しむと
満足感がましそうですね。

妊婦はお寿司は絶対ダメ!?気を付けたい事4つ

完全に火が通っている寿司ネタであれば
妊婦さんでも安心して食べることができますが、

もっと安全にお寿司を楽しむために
他にも注意したほうがいいことがあります。

炙りネタは注意!

表面だけ炙ってある寿司ネタは注意してくださいね!

加熱調理されていませんので、
ほぼ生ものだ、と認識しておいてくださいね。

意外とNG!避けた方がいいネタ4つ

マグロ

寿司ネタの定番のマグロですが、
水銀を多く含んでいるお魚の一つなんです。

水銀は、摂取し過ぎてしまうとお腹の赤ちゃんへ
影響を与えることが知られていますので、
避けたい寿司ネタの一つです。

生ハム

熟成されているので心配なさそうに感じるのですが、
食中毒になりやすい食材ですので注意が必要です。

それに、塩分が高いのも気になることろ。

むくみや高血圧が気になっている妊婦さんは
避けた方がいい食材の一つです。

スモークサーモン

スモークされているので、火が通っている?と思いがちですが、
お寿司屋さんのスモークサーモンは加熱されていないことがほとんど。

食べない方が無難でしょう。

うなぎ

うなぎの寿司ネタは絶対に食べてはダメ!
という訳ではありませんが、
食べ過ぎには注意してくださいね。

お寿司で1~2貫食べる分には加熱調理されていますし、
安全な食材なのですが、ビタミンAが豊富に含まれています。

特に、妊娠初期にビタミンAを摂り過ぎると
赤ちゃんの発育に影響があることがわかっています。

新鮮なうちに食べよう!

持ち帰るよりは店頭で、

持ち帰る場合は早めに食べてくださいね。

いつもより衛生面に気を付けて

食べる前にしっかり手を洗うのはもちろん、
食器も清潔なものを使ってくださいね。

必要以上に神経質になる必要はありませんが、
外にお寿司を食べに行く場合は、
手洗い・うがい・マスクなどで風邪予防も気を付けてくださいね。

妊娠初期に気づかずサーモン食べてしまった!すぐに病院に行くべき?

明らかに下痢や嘔吐の症状がある場合はすぐに病院へ!

でも妊娠初期ですと、まだ妊娠していることに気づかず、
サーモンなどの生魚を食べてしまうこともあるでしょう。

でも、ちょっと食べてしまったからといって、
すぐにお腹の中の赤ちゃんに影響を及ぼすわけではないので、
どうか安心してくださいね。

もちろん、どうしても心配なのでしたら、
かかりつけの産婦人科医に行って、
サーモンを生で食べてしまったことを相談すればOKです。

1~2貫、サーモンのお寿司を食べただで、
すぐに赤ちゃんに影響がある!ということはありません。

理由は、赤ちゃんは胎盤を通してお母さんから栄養をもらいますが、
この胎盤が出来上がるのが妊娠4か月ほどになってから。

そのため、妊娠に気づいた時点で食べ物に気を付ければ十分なんです。

妊婦でもお寿司を食べたいときのまとめ

妊娠中でも、火が通っている寿司ネタを選べば
お寿司を安心して楽しむことができます。

ただし、お寿司の食べ過ぎには注意してくださいね!

お寿司はご存知の通り、ごはんです。

食べ過ぎは太る原因にもなってしまいますので、
10貫程度を目安に食べてくださいね。

また、お寿司以外でも、お魚の種類や食べる量に気を付ければ、
お魚を楽しむことができます。

厚生労働省が発行しているパンフレットが
とてもわかりやすいので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

お魚について知っておいてほしいこと

妊娠中の食生活はガマンし過ぎずに、
たまには外食でお寿司を食べてストレスを溜めこまないようにしてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました