母の日と父の日を同時にお祝いするのはアリ!?意外なメリットも

季節行事

スポンサーリンク

5月の母の日と、6月の父の日。

日にちも近いですし、
いっそのこと母の日と父の日を
まとめてお祝いしちゃうのって、
どうなんでしょう?

結論としてはアリですし、
最近、母の日と父の日をまとめて同時にお祝いしている方も
たくさんいらっしゃいます。

ただ、やり方には気を付けないと、
「横着しているんだな」というのがバレバレになってしまいます。

また、母の日と父の日をまとめることで、
うっかり母の日を忘れてしまった方も
少しでも埋め合わせができるといいですよね!

スポンサーリンク

母の日と父の日を同時にお祝いするのはアリ?

母の日と父の日を同時にお祝いするのは、
結論としてはアリです。

意外なメリットもありますが、
うまくお祝いしないと「面倒なんだな」というのが伝わってしまい、
がっかりさせちゃうかもしれません。

母の日と父の日をまとめる場合の
メリットとデメリットをご紹介します。

メリット

  • 手配する手間が一度で省ける
  • ペアギフトなどにすることで、プレゼントの差が出なくなる
  • まとめるからこそ少し高価なものを贈ることができる

プレゼントを贈る側としては、
母の日と父の日を同時にお祝いすることで
一度の手配で済むのは嬉しいですよね。

それに、母の日と父の日をまとめることで、
プレゼント予算も2倍になり、
より豪華なものを贈ることも可能になりますよね。

さらに、ペアギフトならプレゼントの価格に差が出にくいので
プレゼント選びの悩みが一つ、解消されますね。

デメリット

  • どちらかの好みに偏らないように気を付ける
  • 横着していると思われるかもしれない

たとえば、母は甘いものが好きだから、と
スイーツの詰め合わせを贈っても、
父が甘いものが苦手なら喜ばないですよね。

母も父も二人とも喜んでくれるプレゼントを
選ぶ必要があります。

また、母の日を過ぎてから贈るのは
「あぁ、母の日を忘れていたのね・・・」と
ちょっとさみしい気持ちにさせてしまうかも。

ただ、母の日をうっかり忘れていて
気づいたら過ぎていた!

そんな方もいますよね。

母の日って、毎年日付が決まっていないので、
忘れちゃう年もあるんですよね~。

気づいたらなるべく早めに贈る、
「ちょっと遅くなったけど、
今年はお父さんお母さんが二人で使える物を選んだよ」など
メッセージカードなどで伝えましょう。

母の日と父の日を同時に贈るときの注意点2つ

  • 父と母の性格をよ~く考えて実行する
  • 母の日にあわせて贈る

母の日と父の日をまとめてお祝いしても
全く気にしない、おおらかな両親であれば
同時にお祝いしても大丈夫です。

しかし、とても厳格なご両親や、
義理の両親に対しては、よく考えて対応しないと
後々何か言われてしまうかもしれません。

また、母の日と父の日を同時にする場合は、
母の日にあわせて贈るのがベスト。

ただ、母の日をうっかり忘れていて過ぎてしまった場合は、
気づいた時点で早めに手配してくださいね。

そのとき、フォローのメッセージも忘れずに
送るようにしてくださいね。

母の日と父の日を同時にお祝いおすすめギフト3選

母の日と父の日を同時にお祝いする方も
増えているため、ペアギフトもたくさんあります。

お箸やお茶碗、季節ものの扇子や
普段使いできるスリッパやパジャマなど。

ただ、毎年毎年ある母の日と父の日。

意外と物が増えすぎてしまって
ネタが尽きてしまった・・・
そんな場合もありますよね。

そんなときにおすすめのギフトを3つご紹介します。

お取り寄せグルメ

二人が好きな食べ物を贈れば、
きっと喜んでもらえます。

普段、食べないような高級グルメや
人気のスイーツ詰め合わせなど。

温めるだけのお魚、
手軽でいいですよね~。

 

あとは、コーヒーや紅茶なんかも定番ですよね。

美味しいコーヒーで
ホッとできる時間を過ごしてもらえたら
嬉しいですね。

実は、わが家はいつも澤井珈琲さんで
コーヒー豆を購入しています。

とても品質が高く、
割れている豆が入ってることは、まずありません。

とても丁寧に豆の選別をされていることが伝わってきます。

 

カタログギフト

どうせなら気に入ったものを選んでほしい。

でも、イマイチ好みもわからないしな~、という場合
カタログギフトがおすすめです。

選ぶ楽しみにもありますので、
きっと喜んでもらえると思います。

 

また、最近人気なのが体験型のカタログギフト。

二人でデート気分を味わってもらうのも素敵ですよね。

 

いっしょに外食

両親が遠方に住んでいる場合は難しいですが、
たまにはレストランなどでいっしょに食事をするのもいいですね。

メッセージ入りのデザートプレートなど、
用意をしてもらえばサプライズも演出できますね!

母の日と父の日を同時にお祝いするからこそ、
プレゼントの選択肢の幅が広がります。

ちょっとした工夫で、
母の日と父の日の感謝の気持ちを
伝えられるといいですね。

タイトルとURLをコピーしました