授乳中にジュースは飲んでもOK!ガマンし過ぎないで楽しむコツ

母乳

スポンサーリンク

授乳中でもたまにはジュースを楽しみたい!と思いますよね。
特に、炭酸ジュースはスカッとするので無性~に飲みたくなること、ありますよね。

わたしも、二人の子供を完全母乳で育てたので、授乳中は口にするものに気を遣っていました。
でも、徐々に母乳の量が安定してくると、そろそろジュースぐらい飲んでもいいかな?
と思っちゃいますよね。

結論は、授乳中でもジュースは適量なら飲んでもOKです!

ガマンしすぎてストレスになってしまうのは良くないんです。

ただ、やっぱり気を付けたいのが糖分。
毎日ジュースばかりで、ジュースで水分補給をするような生活はNGですよ。

無添加のジュースや野菜ジュースならいいかな?と思いがちですが、
果物の加糖が含まれているため、やっぱり飲み過ぎはNGです!

授乳中でもジュースは飲んでも大丈夫ですので、適量を楽しんで
育児のストレスを溜めこまないよう、上手にリフレッシュしてくださいね。

スポンサーリンク

授乳中にジュースを楽しむためのコツ

授乳中のジュースは飲み過ぎ注意!

たとえ授乳中でも、ジュースは飲んでも大丈夫です!
ガマンし過ぎに、たまには好きなジュースを楽しんでくださいね。

ただし、やっぱり飲み過ぎは良くありません。

ジュースにはたくさんの糖分が含まれていますよね?

無添加のジュースや野菜ジュースも同様に、果物の加糖が含まれています。

授乳中は、くれぐれも甘い物の摂り過ぎには気を付けてくださいね!
母乳が詰まってしまい、しこりや乳腺炎のトラブルを招いてしまいます。

あとは、食べ合わせにも気を付けてくださいね。
ジュースと甘いケーキやお菓子、菓子パンなどの組み合わせはNGです!

授乳中のジュースのダラダラ飲みは厳禁!

ジュースを飲むときは「今日飲む分はこれだけ!」と決めて
1回で飲みきっちゃってくださいね。

ジュースをダラダラ飲んだり、小分けにして何回も飲んだりしていると、
口の中の免疫バランスが崩れてしまい、虫歯の原因に。

もしも、虫歯になってしまったら、赤ちゃんを連れて歯医者に通うのは
大変ですよね?

キンキンに冷やさない

コップにたくさん氷を入れて炭酸ジュースを注ぐ・・・すごく魅惑的ですよね。

でも、授乳中はキンキンに冷えた飲み物で、体を冷やしてしまうのはNGです。
母乳育児に冷えは大敵。

母乳の出が悪くなる・母乳がドロドロになってしまい詰まってしまうなどの
トラブルを引き起こしてしまいます。

それに、冷えすぎていると甘みを感じにくくなってしまうので、
ついつい飲み過ぎてしまう原因にもなってしまいます。

万が一、キンキンに冷やしたジュースを飲み過ぎてしまい、母乳トラブルが起きてしまったときは、
温かいノンカフェイン・ノンカロリーの飲み物をゆっくり噛むように飲んでみて。

白湯・麦茶・ルイボスティー・たんぽぽ茶・ごぼう茶などがおすすめ。

体を温めるしょうがや根菜類、食事のときに汁物や鍋物でたっぷり水分を摂るのもいいですね。

あとは、下半身も暖めてくださいね。

ジュースを楽しんだあとはうがいを

ジュースにはご存知、たくさんの糖分が含まれています。

ジュースを楽しんだ後は、歯磨きがおすすめですが、
忙しい育児の合い間、歯磨きする時間がないこともありますよね。

そんなときは、うがいだけでもOKです。

マウスウォッシュを使うと、より手軽に衛生的になります。

授乳中の水分補給はノンカフェイン・ノンカロリーで

授乳中はすごく喉が渇きますよね。

ジュースをゴクゴク飲んでしまうこともあると思いますが、
ジュースばかりで水分補給はしないように気を付けてくださいね。

ジュースに含まれている糖分が、かえって喉の渇きを促してしまい、
ついつい飲み過ぎてしまうこともあるんです。

ジュースはカロリーが高いので、太ってしまうのはもちろん、
糖分は虫歯の原因にもなってしまいますので、ほどほどに。

でも、もしかしたら授乳中は食べ過ぎ・飲み過ぎても
赤ちゃんに母乳をたくさんあげているから、全然太らない~
なんて女性もいらっしゃいますよね。

わたしも、太るどころか、授乳中は産後ダイエットなしでも
どんどん体重が落ちて、あっという間に妊娠前の元の体重に戻りました。

母乳育児のいいところ♪ですよね。

ただ、卒乳・断乳をした途端、今の食生活では太ってしまいます。
今、ジュースばかりをゴクゴク飲んで水分補給しているような生活は、
今のうちに改めないと、将来大変なことになってしまうかも・・!

自分のためにはもちろん、美味しい母乳を赤ちゃんに飲んでもらうためにも、
食生活には気を付けていきたいですよね。

そこで、やっぱりおすすめなのがノンカフェイン・ノンカロリーの
飲み物での水分補給。

水・麦茶・ルイボスティーは代表的ですよね。

他にも、母乳に良いと言われている
たんぽぽコーヒー・たんぽぽ茶や、ごぼう茶を試してみるのもおすすめ。

ただ、たんぽぽコーヒーって、ちょっとクセが強いんです。

が、がばい農園さんのたんぽぽコーヒーは飲みやすい!と好評。

香ばしい麦茶のような味ですので、今まで苦手だな~と思っていた方でも、
試しやすいと思います。

無農薬、というのも嬉しいポイントですよね。

それでも、たんぽぽコーヒーはちょっと苦手・・という方、
たんぽぽ茶を試してみてはいかがですか?

黒豆がブレンドされていますので、香ばしくスッキリ飲みやすくなっています。

カルシウムや鉄分が含まれているのも、嬉しいポイント。

最後にご紹介するのが、ごぼう茶。

ごぼう茶は、最近スーパーやドラッグストアでも見かけますね。

でも、飲み続けるならやっぱりコスパは重要!
ネット購入の方が、断然お得になるんです。

ごぼう茶には、イヌリンという食物繊維が含まれていますので、
便秘で悩んでいる方にはおすすめです。

たんぽぽコーヒー・たんぽぽ茶・ごぼう茶は、すべて母乳に良い飲み物と言われていますが、
味はもちろん、少しずつ効能などが異なりますので、
ご自分に合ったものを選んでみてくださいね。

たくさん水分を摂ってサラサラの母乳ってほんのり甘くて美味しいんです。
逆に、ジュースばかり飲んで糖分を摂り過ぎてドロドロになった母乳は
しょっぱくて不味いんです。

赤ちゃんに、美味しくて栄養がある母乳を飲んでもらうため、
やっぱり水分補給は欠かせないんですね。
【関連記事】

授乳中にコーヒーを飲んでたけど大丈夫でした!でもこの2つには注意

授乳中にコーラを飲んでしまったけど・・大丈夫!でも糖分には要注意

授乳中でも紅茶は飲んでOK!意外な嬉しいメリットも

授乳中でも麦芽コーヒーや豆乳コーヒーは飲んでOK!飲み過ぎは注意

授乳中に緑茶ばかり飲むのは大丈夫?カフェインを抑える淹れ方を紹介

授乳中にコーヒーを飲み過ぎてしまった場合はとにかく水分補給を!

タイトルとURLをコピーしました