授乳時間がダラダラ長い赤ちゃん1時間以上かかる本当の理由は2つ

寝ている赤ちゃん 母乳

スポンサーリンク

上の娘がダラダラと長~く、母乳を飲んでいるタイプでした。
気づけば1時間以上も飲んでいる・・!ということも珍しくありませんでした。

授乳時間があまりに長いと、母乳が出ていないのでは?足りていないのかな?
と、心配になってしまいますよね。

わたしも母乳が足りてないのかな?じゃあ、ミルク・・と思い、
ミルクを足しても全然泣き止まない!
ミルクの後に、また母乳・・。という繰り返しでヘトヘトに。

どうしたらいいのかな・・と思い、調べてみたところ、
赤ちゃんが母乳をダラダラと飲む本当の理由は母乳不足ではないことがわかりました。

  • 新生児は満腹中枢が未発達だから
  • 眠い・さみしいなどママに甘えたいから

書籍「最強母乳外来」より引用

母乳を長く飲む理由は「新生児だから」と「さみしいから」ということを知り、
とても気持ちがラクになりました!

それともう一つ、母乳が足りているか見分ける方法があります。
それが、おしっこの回数と量です。

1日6~8回以上出ていて、1回汚れるおむつの面積が
両手の人差し指と親指で輪っかを作ったときよりも大きければ問題ありません。

書籍「最強母乳外来」より引用

さらに、赤ちゃんが月齢相当の発育(首すわり・腰すわり・寝返り)などが出来ていれば、
母乳不足の心配はいらない、ということを知りました。

やむを得ない母乳のダラダラ飲み、気長に付き合っていくことにしました。

他にも、急に授乳の時間が伸びる子もいます。
この場合も、母乳不足!?と心配になるかもしれませんが、
赤ちゃんが急激に成長するとき、新しいことが出来るようになるときは
母乳をガツガツ飲むようになる、と言われています。

スポンサーリンク

授乳が終わらない!?授乳に1時間以上もかかる本当の理由は2つ

新生児は満腹中枢が未発達

生後3か月くらいまでの新生児は「お腹いっぱい」という感覚がありません。
満腹中枢が未発達なんです。

では、どんなときに赤ちゃんは母乳から口を離してくれるのか?

それは、母乳を飲むのが疲れたとき、または、眠くなったときなんです。
満腹中枢が未発達のかわりに、スタミナが切れるまで
母乳を飲み続けるように、プログラミングされているんですね。

長女は比較的プクプク丸い、体重も大きめの赤ちゃんでした。
こういう子は、特にスタミナが余っていて疲れ知らずなので、
30分以上、母乳を飲んでいることもしばしば。

心当たりのあるママさん、同じタイプの赤ちゃんですね。

ミルクを足しても泣き止みませんので、気長に付き合うしかありません。
3か月~4か月ころには、「お腹いっぱい」がわかってきますので、
授乳にかかる時間が減ってきます。

もう少しの辛抱です!
かわりに、ママは膨大なカロリーを消費しています。
特別な産後ダイエットをしなくても、スルスル痩せていきますよ♪フフフ。

眠い・さみしいなどママに甘えたい

赤ちゃんは言葉でのコミュニケーションができないので、「泣く」ことで自分の欲求を伝えますよね。

「さっき母乳をあげたばかりで、オムツも替えたし、
ずっと抱っこしてあやしていてもなかなか泣き止まない・・」

「うーん・・」と悩んだ末に、母乳をあげたらウトウト・・
眠った!という経験、ありませんか?

「お腹いっぱい」はまだわからなくても「眠い」という不快な欲求は感じるんですね。

母乳はママとたくさんスキンシップできます。
母乳を飲むと安心して、ママの腕の中でスヤスヤ眠れるんですね。

それと、わたしが大変だったのは夕方の時間帯。
お昼寝もしたはずなのに、夕方はグズグズしてずーっと母乳を飲んでいる。

母乳を赤ちゃんの口から離すと、すぐに泣いてしまうので、
夕方は付きっきりになってしまい、家事がなかなか進まない。
というか、ほとんど何も出来ずにパパが帰ってくる・・。

そんな状態が2~3週間続いたかな?

いわゆる「たそがれ泣き」だったんです。
夕方になると「さみしい」という感覚があるなんで、不思議ですね。

でも原因を知ってからは「そうか、赤ちゃんってそうなんだ」と
納得して、気長にお付き合いできるようになりました。

決して、母乳が出ていない、足りていないから、というわけではないんです。
生後3か月を過ぎたころには落ち着いてきますので、
「仕方ないこと」と割り切って、お付き合いしてあげてください。

ただそうは言っても、授乳に時間がかかってしまうと家事はほとんでできませんよね。

家事が思うように進まないとストレスになってしまうと思いますが、
ぜひ、ストレスを溜めないためには家事は手抜きで乗り切って!

夕飯の下ごしらえを昼間にやってしまう、洗濯物を早めに取り込む、
どうしても無理なときはパパにお弁当を買ってきてもらう、など、
がんばりすぎないようにしてくださいね。

授乳時間が伸びた!?急にガツガツ母乳を欲しがるのはなぜ?

  • 母乳を飲みながら、または飲んだ直後にうんちをしたとき
  • 母乳をガバっと吐き戻してしまったとき

赤ちゃんのお腹の中はスッキリするので、こんなときは母乳の「おかわり」のサインです。

ママは気を取り直して、また母乳をあげてくださいね。

ちなみに、大泣きして母乳をガッツリ飲んだときは、
母乳を吐き出してしまう確率が高くなるようです。

これは、泣いているときにたくさんの空気を飲み込んでいるため。
げっぷと一緒に大量の母乳をガバッと吐いてしまうと
すごく心配になってしまうと思うのですが、大丈夫です。

また、「何かが出来るようになる前」はたくさん母乳を飲むと言われています。

たとえば、生後1ヶ月ころになると、体重の増加ペースが加速します。

次に、生後1ヶ月半~2か月ころになると「あー」「うー」など
言葉のもとになる声(クーイング)がはじまります。

その次は「首が座るとき」などなど。

短くても3日間、長いと2週間ぐらい母乳をガツガツ飲む期間があります。
たいていは、できるようになると授乳の回数が落ち着いてきます。

「何が出来るようになったのか?」観察してみてくださいね。
きっと嬉しい発見があるはずです。

授乳の最適な時間は左右5分×2クール

適切な授乳時間は左右それぞれ5分を2回繰り返す、
合計20分ほどが理想と言われています。

(寝かしつけの授乳時間はもっと長くなりますが)

でも、うちの子はこの授乳時間に当てはまらない。
いつも授乳に1時間以上かかるのは、母乳が足りていないから?
と心配になってしまいますね。

体重の増加も一つの目安ですが、
自宅ではなかなかチェックするのは難しいですよね。

グラム単位の体重計があるよ!というご家庭は珍しいと思います。

そこで、いちばん簡単な方法は、おしっこの回数と量です。
1日6~8回以上出ていて、1回汚れるおむつの面積が
両手の人差し指と親指で輪っかを作ったときよりも大きければ問題ありません。

決して、母乳が足りなくてずーっと飲んでいるわけではないんです。

「新生児だから」または「さみしいから」にあてはまるんです。

そしてもう一つ、赤ちゃんの成長で重要なのは体重の増加よりも
月齢相当の運動機能頭位の大きさなんです。

4か月くらいだったら、首すわりやなん語(クーイング)など。

母乳の主成分は水分です。
ミルクに比べると消化・吸収が良いので体重の増加がゆっくりの赤ちゃんもいます。
毎日一定以上の量・回数のおしっこが出ていれば、
たいていは母乳不足の心配はほとんどありません。

それでも、明らかに母乳の量が不足しているように感じる、
搾乳してもほとんど出ていない、完全母乳を目指したいけど混合育児を続けている、
などで悩んでいるママ。

実はわたしも、最初から母乳育児がうまくいったわけではなく、
かなり試行錯誤しながら徐々に母乳の量が増えて→安定していきました。

そのときに気を付けたのが「頻回授乳」「授乳時の抱き方」「水分・食事」の3つ。

詳しくは別の記事でご紹介していますので、あわせて読んでくださいね。

母乳が出ないのはなぜ?原因と解決策を2児のママが体験談を元に解説

タイトルとURLをコピーしました