1歳過ぎたのに夜間授乳が増えた!?なぜ?夜中の授乳のやめ方2つ

母乳

スポンサーリンク

夜間授乳って、月齢が上がるにつれて
自然となくなるんじゃないの?

むしろ、1歳を過ぎてから夜泣きなのか、
夜間に赤ちゃんの目が覚める回数が増えた!

その度に授乳をしているから、
むしろ授乳の回数が増えている!?と悩んでるママ。

うちの下の子がそうでした!

まぁ、添い乳ですぐに泣き止んで寝てくれるなら、
そのうち自然に夜間授乳なくなるでしょう!
と、軽く考えていたのですが・・甘かった!

わが家の場合、結局卒乳まで夜間授乳が続きました・・。

しかも、わたしが仕事復帰していたので寝不足がつらかった・・。

同じように悩んでいるママ、実は夜間断乳ってできるんですって!

  • 寝る前に言い聞かせをする
  • 添い乳以外の方法で寝かしつけをする

わが家の場合、夜間断乳はできないまま、
卒乳してしまいましたが、
同じように仕事復帰をしたけど夜間の授乳で寝不足が続いている、
もう1歳過ぎているんだから、
夜間の授乳を無くして朝までぐっすり眠りたい!というママ、

徹底的にリサーチしてみましたので、
今夜からでもすぐに試してみてくださいね。

スポンサーリンク

夜中の授乳のやめ方のコツ2つ

寝る前に言い聞かせをする

1歳を過ぎていると、
だいぶ親の言っていることがわかってきます。

意外と、言い聞かせって有効なんです。

寝る前に
「夜に目が覚めちゃっても、おっぱいはやめよう!
ママは隣で寝てるから、大丈夫だよ。
夜飲まない方が、朝までグッスリ眠れるから!」
と、語りかけてみてください。

もしかしたら「イヤ!」と言われてしまう
場合もあるかもしれませんが、
諦めずに2日・3日・1週間・・・と、
言い続けてみてください。

子供だって、気分が乗れば「うん、うん」と
同意してくれるかもしれません。

「夜中の授乳をやめる!」と決めたら、
ママも意を決して取り組んでくださいね。

「さみしいな・・」という気持ちが
残っていると伝わってしまいます。

ただ、気を付けたいのが、
あまり神経質にならずに取り組んでくださいね。

うまくいかないから・・と、
ママも赤ちゃんもストレスになってしまっては本末転倒です。

「成功したらラッキー♪」ぐらいの、
大らかな気持ちで取り組んでみてくださいね。

添い乳以外の方法で寝かしつけをする

子供を寝かしつけるとき、
添い乳の方もいるのではないでしょうか?

わたしも添い乳がラクで、寝かしつけはもちろん、
1歳過ぎてからの夜間授乳はもっぱら添い乳でした!

でも、実はこれがいけなかったんです・・。

添い乳で寝かしつけをすると、
赤ちゃんはおっぱいを口にくわえたまま寝ますよね?

そうすると、夜中に赤ちゃんが目が覚めたときに、
寝入ったときと状況が変わっているので「おっぱいがない!」と
パニックになり、泣きわめいてしまうんだとか。

うん、心あたりあります!(笑)

で、どうするかと言うと、
添い乳とトントンを併用した寝かしつけをするんです。

いつも通り、添い乳で寝かしつけをするのですが、
ウトウトし始めたら添い乳をやめて、
完全に眠るまでトントンだけは続けるんです。

徐々に、添い乳の時間を短くしていけばOKですよ。

それと、トントンじゃなくても大丈夫です!

その子によって安心して
眠くなるツボはトントンとは限らないんですよね。

おでこや頭をナデナデされるのが好きな子もいます。

うちの子はちょっと変わっていて、
ママの指の関節をコリコリ触るのが好きです。

上の子は、耳が大好きでママの耳たぶを触るのが好きです。

マニアックすぎますよね!(笑)

眠くなるツボ、探してみてくださいね!

添い乳以外で眠れるようになると、
夜中に赤ちゃんが目覚めたとき、
寝入ったときと状況があまり変わらないので、
さほどパニックになりません。

うまくいけば、そのまま自力で眠れるようになるかもしれません・・!

夜間断乳をしたら寝ない子になってしまった!?

夜中の授乳を徐々に減らして、
夜間断乳を成功させたい!と思っても、
うまくいかない場合もあると思います。

特に、「1歳過ぎたんだから・・」とママは考えがちですが、
同じ1歳でも成長には個人差が出てきますよね。

離乳食がなかなか進まなくて、
体重も成長曲線の最低ラインのギリギリ。

水分補給もマグやコップ飲みが進まず、
白湯や麦茶を飲んでくれない・・。

そんな子は、ムリに夜間断乳を進める必要はありませんよ!

「1歳だから・・」という考えは捨て去って!

離乳食をしっかり食べるようになり、
母乳以外の水分補給ができるようになれば、
徐々に夜間授乳の回数が減ってくるかもしれません。

お子さんの成長にあわせて、
夜間の授乳を今のペースで進めるか?

それとも夜間断乳に踏み切るか?は、
年齢に関わらず見極めが必要になってきます。

詳しくは、別の記事でもご紹介していますので、
ぜひ、あわせて読んでみてくださいね。

夜間授乳は自然になくなるの?2つのコツで朝までグッスリ眠る子に

それから、保育園へ入園したお子さんの場合。

環境が激しく変化するので、ストレスが増え、
夜泣きも増えるかもしれません。

ママも仕事復帰するので、
落ち着かない時期かもしれません。

そんなときだからこそ、
心のよりどころとしての授乳、
続けてほしいと思います。

離れて過ごすからこそ、
スキンシップを大事にしてくださいね。

でも、保育園に入園する予定だけれど、
母乳育児を続けられるか心配・・

どうやって続けたらいいの?と悩んでいるママ、
わたしの体験談を別の記事でご紹介しています。

ぜひ、参考にしてみてくださいね。

完母で育った赤ちゃん保育園へ1歳で入園したけど授乳を続けた体験談

夜間断乳って本当に必要?

1歳を過ぎたのに夜間授乳が増えた!
夜間授乳って、もっと自然になくなると思ってたのに・・と思ってるママ。

寝不足でしんどいから夜間授乳をしたい!と思うかもしれませんが、
子供の体調や環境の変化を考えてあげてくださいね。

  • 保育園に入ったばかりで不安定な時期じゃない?
  • 離乳食はしっかり食べてる?
  • 母乳以外から水分補給はできる?

もし、赤ちゃんに負担にかかるようなら、
もうしばらく夜間授乳は続けてあげてくださいね。

それに、トレーニングが必要とは限りません。

わが家の下の子、結局卒乳まで夜間授乳があったのですが、
卒乳したらあっさり、朝までぐっすり眠るようになりました。

卒乳のきっかけは、子供の発熱。

熱が出て、とにかく眠かったようで、
母乳を飲むのを忘れて毎日ぐったり。

脱水にだけは気を付けて、
麦茶を飲ませていました。

熱が下がったあとも、母乳のことはすっかり忘れてしまった方で、
あっという間に卒乳してしまいました。

ママの方が、さみしい気持ちに。(笑)

振り返ると、授乳をしていた期間って、
あっという間だったな、と思います。

ぜひ、今の授乳ライフ、
子供とのスキンシップを楽しんでくださいね。

タイトルとURLをコピーしました