生後1か月で授乳時間5分は短い!?母乳が足りているか見極めるコツ

新生児の赤ちゃん 母乳

スポンサーリンク

授乳時間は15~20分ぐらいが平均、と言われていますよね。

ですが、たった5分の授乳でも満足して、ウトウトしちゃう赤ちゃん。

「ちゃんと飲めてないんじゃないの?」と不安になりますよね。

ですが、体重の増加が順調で(※成長曲線ギリギリでも入っていれば大丈夫!)、1日のおしっこの回数が6回以上であれば、問題ありません!

授乳時間が短い子はちょこちょこ飲みを繰り返す子で、授乳間隔も短くなりがち。

これが、その子の母乳の飲み方で個性ですので、何の心配もいりません!

ただ、明らかに母乳不足が気になる場合は、授乳回数を増やしたりミルクを足すなどの対策も必要です。

場合によっては、授乳トレーニングが必要な子もいます。

心配な場合は、ママ一人で抱え込まずに、産院や自治体の助産師さん、母乳外来などに相談してくださいね!

スポンサーリンク

生後1か月で授乳時間5分は短い?

新生児の赤ちゃん

授乳時間が平均よりも短すぎると、「じゅうぶんな量の母乳を飲めてないんじゃないかな?」と心配になっちゃいますよね。

ですが、

  • 順調に体重が増加している
  • 1日のおしっこの回数が6回以上

であれば、母乳不足を心配する必要はありません!

母乳の飲み方も赤ちゃんそれぞれ。

  • 短時間でゴクゴク勢いよく飲む子
  • ちょこちょこ飲みをする子

などなど、赤ちゃんの個性なんです。

基本的に、生後3か月ぐらいまでの赤ちゃんは満腹中枢が未発達。

つまり、まだ「お腹いっぱい」という感覚がないんです。

では、どんなときに母乳を飲むのをやめるか?というと、「疲れたとき」「眠くなったとき」なんです。

比較的、小さく生まれた子は体力があまりなく、すぐに疲れてしまい授乳時間が短くなるようです。

一度の授乳でたくさん飲むことができない分、授乳間隔も短くなります。

「2~3時間おきに授乳しましょう」と言われることが多いと思いますが、授乳時間が短い赤ちゃんの授乳間隔は1~2時間ほどではないでしょうか?

一度の授乳でたくさん飲めない分、回数でカバーしているんですね。

授乳時間が5分と短くても、授乳回数が多く、おしっこも6回以上出ていれば大丈夫です!

ただし、授乳時間が短い上に、授乳間隔も3~4時間空いてしまう・・・という場合。

じゅうぶんに母乳を飲めていない可能性があります。

ずっと寝ている赤ちゃんは、一見手がかからなくて「いい子ちゃん」に思えますが、体力がなくて寝てばかりいるのかもしれません。

授乳回数を増やしたり、場合によってはミルクを足すことも視野に入れてくださいね!

もっと母乳を飲んで欲しいときの作戦

ママと赤ちゃん

足の裏を刺激する

5分しか授乳してないのに赤ちゃんがウトウトし始めたら、足の裏を刺激して起こしてみて。

わたしも産院で教えてもらった方法なんですが、赤ちゃんが起こしたいときは足の裏を押すと刺激になるんです。

ママが思っているよりも、強めに押しても大丈夫です!

加減がわからないときは、健診や発育測定などのタイミングで、助産師さんに聞いてみてくださいね。

授乳回数を増やす

授乳時間が短くて気になるときは、授乳回数でカバーしてみて。

いつも昼間は3~4時間おき、夜中は5~6時間空いちゃう!という場合、母乳不足が心配です。

思うように体重が増えないと、母乳を吸う力もいつまでたっても強くなりません。

意識的に、2~3時間おきの授乳にしてみてくださいね。

夜はママも眠くてツライと思いますが、せめて3~4時間おきの授乳を心がけてくださいね。

オムツを替えると、赤ちゃんが起きてくれることもあります!

集中して飲めるよう環境を整える

もしかしたら、いろんなことに興味津々で、母乳を集中して飲むことができない子かもしれません。

テレビは消して、赤ちゃんが集中して母乳を飲める環境を整えてあげてください。

音楽ぐらいは流していてもOKですが、ゆったりできるクラシック音楽などがいいと思います。

ママも授乳中はスマホは触らず、赤ちゃんと向き合ってみてくださいね。

授乳のトレーニングが必要かも?

授乳時間が短い赤ちゃん、もしかして母乳が飲みづらいのかもしれません。

授乳の姿勢が悪かったり、赤ちゃんの吸い付きが浅いと、母乳は出ないんです。

実は、母乳の飲み方が下手っぴの赤ちゃんもいるんです。

上手に飲めるよう、トレーニングが必要になってきます。

とはいえ、ママと赤ちゃんだけで練習するには限界があります。

まずは産院に相談するのがおすすめです!

他にも、自治体の助産師さんに相談する方法もあります。

自治体によって制度はさまざまですが、わたしが住んでいる地域では、助産師さんが自宅に訪問してくれるサービスがありました。

赤ちゃん訪問とは別で、ママの授乳に関する悩みをとことん相談できます。

自宅ですので、人目を気にせず、授乳の姿勢や肩こり解消の運動など教えていただきました!

母乳外来に通院する方法もありますが、まずは一度、調べてみてくださいね。

無料で気軽に相談してもらえる場合が多いと思います!

まとめ

授乳時間が短いと心配になっちゃいますよね。

ですがその分、授乳回数でカバーできていれば問題ありません!

たった5分の授乳時間でも、勢いよく飲んで疲れ果てちゃう子もいますし、ずーっと母乳に吸い付いて離れない子もいます。

新生児の授乳時間の平均は15~20分と言われると、その範囲内におさまっていないと不安になりますよね。

ですが、あくまで平均です。

育児書どおりにいかないのが育児なんです。

というのを、産院の助産師さんが言ってました。

「たとえば、【40歳の女性の生活】みたいな本があっても、あてはまらない人の方が多いよね?睡眠時間や食事の時間はそれぞれだよね?」と。

その話を聞いて、わたしも妙に納得しました。

赤ちゃんも、生まれたときからそれぞれ個性を持っている、他の子と比べなくても大丈夫!ということなんですね。

ただ、おしっこの回数が少ない、体重がなかなか増えない・・・と心配な要素がある場合は、母乳不足かもしれません。

一人で悩まず、ぜひ産院や自治体の助産師さんへ相談してくださいね!

▼関連記事▼

授乳時間がダラダラ長い赤ちゃん1時間以上かかる本当の理由は2つ

コメント

タイトルとURLをコピーしました