白斑が母乳に出来てしまったときの治し方はコレ!わたしも乗り越えた

母乳

スポンサーリンク

授乳中にチクチク痛い白斑・・できるだけ早く治したいですよね。

白斑の治し方は、

  • 赤ちゃんに吸ってもらう
  • 搾乳する

コレに尽きます!

ただ、やみくもに授乳するのではなく、
「3時間以上空けない」「授乳の姿勢を工夫する」ことが重要。

また、搾乳も搾乳機ではなく、手で搾りましょうね。

あと、「どっちの治し方がいい」という訳ではなく、
どちらも並行して取り組むのがベストです。

白斑とは、母乳が出る出口を塞いでしまって炎症が起きているため、
あのイヤ~なチクチクとした痛みがあるんです。

とにかく母乳を出して、母乳の通り道を開通させることが先決。

授乳&搾乳を繰り返していると、やがて白斑は破裂します。
これで「もう痛くない~、助かった~」と思ってしまいますが、
実は傷のケアも重要。

白斑にはデスパコーワ(口内炎の薬)が効果的です。
ドラッグストアに売ってます。
授乳のたびに塗布して、
かぶれてかゆいなどの苦痛がなければ
上からラップでパックします。

助産院「ばぶばぶ」より引用

助産師さんもオススメしている方法です。

わたしが2人の母乳育児で体験したことも交えながら、
白斑の治し方と上手な付き合い方を解説していきます。

スポンサーリンク

白斑が母乳に出来たときの治し方&ケア方法

白斑を解消するためには、とにかく母乳を出すしかないんです。

どうしても白斑が痛くて、痛みに耐えられない・・!という場合は、
「デスパコーワ」という口内炎の薬を塗ってみてください。

白斑の治し方

白斑を治すためには、母乳の通り道を開通させるしかありません。

母乳の出口である「乳口」が詰まってしまい、炎症を起こしているため、
あのチクチクするイヤ~な痛みがあるんです。

ですので、「頻回授乳」と「搾乳」で白斑を治すことになります。

つまり、乳口のつまりを解消させるんですね。

頻回授乳とは、最低でも3時間おきの授乳のこと。

授乳の間隔は空けば空くほど、のちのち後悔することに・・!

特に、夜中の授乳はツライかもしれませんが、
母乳のチクチクする痛みに比べれば、がんばれるのでは?

ただ、夜は眠いですよね~。

赤ちゃんが眠っていると、ついついママも寝てしまって、
授乳が4時間以上空いてしまった!な~んてことも、ありますよね。

そんなときは慌てず、搾乳しれから赤ちゃんを起こして授乳してくださいね。

乳房がパンパンに張っていると、焦ってしまい「早く授乳しなきゃ!」と
思ってしまいますが、実は逆効果です。

パンパンに張ったまま授乳をすると、乳口に負担がかかってしまい、
ますます白斑が悪化してしまう恐れもあります。

また、勢いよく母乳が出るので赤ちゃんもむせてしまいます。

それに、パンパンに張っている母乳は赤ちゃんも吸い付きづらいんです。
乳輪まで深くくわえることが出来ず、浅い吸い付きになってしまいます。

浅飲みも、母乳に負担がかかってしまいます。

ですので、まずは搾乳をして、乳輪まで柔らかくなってから授乳してくださいね。

それから、授乳する姿勢も変えてみて。

いつも横抱きばかりだと、同じ乳腺しか刺激されないため、
母乳の飲み残しが出来てしまいます。

横抱き、たて抱き、フットボール抱きなど、上手に組み合わせてくださいね。

次に、搾乳です。

白斑を治すためには、赤ちゃんに吸ってもらうのがいちばんですが、
チクチク痛くて授乳がツライ!という場合もあるでしょう。

そんなときは搾乳がおすすめです。

搾乳機よりも、手で搾乳するのがいいですよ。

わたしも、搾乳機を使ったことがあるんですが、痛いんですよね~。
あとから知ったんですが、搾乳機は母乳に負担がかかってしまうんですって。

搾乳するタイミングですが、赤ちゃんに授乳する直前がベスト。

特に、授乳間隔が空いてしまい、乳房がパンパンに張っていると
授乳のときの痛みが増してしまうので、搾乳をすると痛みも和らぎます。

搾乳の目安は、乳輪が柔らかくなっているか?がポイント。
耳たぶぐらいの柔らかさになっているのが理想的です。

搾乳する量や時間の長さにこだわらなくても大丈夫ですよ。

また、授乳しても赤ちゃんが途中でウトウトして眠ってしまったりで、
なんだかスッキリしないな・・というときも、搾乳してみてください。

母乳の飲み残しも詰まりの原因になります。

授乳のあと、腕を伸ばしてみるとよくわかりますよ。

腕が伸ばしづらいところ、乳房が突っ張るような部分がある場所は
母乳が溜まっているところです。

白斑のケア

頻回授乳や搾乳を続けていると、やがて白斑が破裂します。

この時点で、母乳の通り道が開通するので、痛みが和らぎ
「はぁ~、よかった~、これで安心~」と思ってしまいます。

でも、実はこのあとが大変なんです。

白斑が破裂したあとは傷があるのと同じ状態。
放っておくと、感染のリスクもあるため、きちんとケアをしないと
また痛い思いをしてしまうんです。

そこで、登場するのが「デスパコーワ」という口内炎の薬。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【ゆうパケット対象商品】【第3類医薬品】新デスパコーワ(13g)【興和新薬】
価格:937円(税込、送料別) (2019/10/8時点)

楽天で購入

 

 

口内炎の薬ですので、少量であれば赤ちゃんの口に入っても大丈夫です。
また、ステロイドも入っていないため、安心です。

ケアの仕方は簡単。

授乳のあと、白斑にデスパコーワを塗ってラップで保護します。

痛みも和らいで、傷も早く治りますよ。
一週間を目安に続けてくださいね。

白斑の治し方で絶対にやってはいけない方法

ある日突然、乳首に出来てしまった白いニキビのようなかたまり。

ムリヤリ指で取ろうとしたり、
ましてや針で穴をあけようなんて、絶対にしないでくださいね・・!!!

外から刺激しても何の解決にもならないんです。

むしろ、余計に傷ができて痛い思いをしてしまいますよ。

白斑が一度出来ると母乳の間は繰り返す

一度でも白斑が出来てしまうと、繰り返してしまうものなんです。

どんなに頻回授乳を心がけていても、授乳の姿勢を気を付けていても、
食事内容を見直して水分補給していても・・です。

わたし自身も、何度も白斑が出来てしまい、
その度に自己嫌悪に陥っていましたが、授乳をしている限り仕方ないんです。

「あぁ~、またか~、仕方ないな~」と気持ちを切り替えて
付き合っていってくださいね。

母乳の時期を過ぎたからこそ、言えることかもしれませんが、
一生授乳するわけではありませんので、白斑の悩みは今だけです。

ただ、とは言っても、ケアするのは忘れないでくださいね。

母乳の出口が詰まってしまっているサインですので、
乳腺炎を引き起こしてしまう可能性もあります。

もし、心配なら自治体の助産師さんや産院に相談したり、
母乳外来へ通院してみてください。

母乳の悩みって、なかなか人に相談できないし、
小さい赤ちゃんを抱えて病院に行くのは結構大変です。

でも、一人で抱え込んでしまい、母乳のトラブルを悪化させるのはもっと危険です。

わたしは二人の子供を母乳で育てましたが、
二人目の授乳のときも、悩みは尽きませんでした。

わたしの場合、自治体で月に2回ほど、育児相談会を実施しているんです。

子供の身体測定や、助産師・栄養士に悩み相談もできるんです。

もちろん無料ですので、身体測定のついでに
日頃の育児の悩みを聞いてもらい、適切なアドバイスをもらえたので
すごくスッキリしました。

もちろん、病院でしっかり診てもらって早く治す!というのも大事です。

同じ悩みであっても、個々人によって程度はさまざまだと思いますので、
診察してもらうと安心ですよね。

タイトルとURLをコピーしました