妊婦になり仕事がつらいと感じる!でも辞めたい気持ちはただの甘え?

妊娠

スポンサーリンク

妊娠すると、つわりやむくみ、
疲れやすくなってしまったりと
体調が良くない日が続いてしまうこと、
ありますよね。

そうなると、仕事がツライ、
行きたくない・・・と
思っちゃうこと、ありますよね。

でも、妊婦は病気じゃないんだし、
「仕事を辞めたい!」なんて
ただの甘えかな・・・?と悩んでしまいますよね。

わたしの友人が、保育士をしていたのですが、
ムリをし過ぎてしまい、
ドクターストップがかかってしまいました。

そして、産休前にそのまま退職することに・・・。

幸い、赤ちゃんには何の問題もなく、
無事、元気な赤ちゃんを出産することができました!

仕事を辞めること、とても悩んでいたようですが、
元気な赤ちゃんを出産することが出来、

「あぁ、思い切って辞めて良かったな」

と話してくれました。

赤ちゃんを守るのはママしかいませんからね。

時には、辞める決断も必要だと感じました。

スポンサーリンク

どうして妊婦になると仕事が辛いと感じてしまうの?

妊娠すると、様々な体調の変化を感じますよね。

  • つわり
  • むくみ
  • 疲れやすい
  • 眠い

などなど。

妊婦はムリをしないことがいちばんですので、
疲れたら休むのが基本ですが、
仕事をしていると、難しいですよね~。

「ムリをしない範囲」というのが
意外と難しかったりします。

それに、遅刻や欠勤が続いてしまうと、
有休の残りが少なくなってしまったり、
会社からの評価も気になってしまったり・・・と。

こんなに悩むなら、いっそ退職してしまおうか?
と考えてしまいますよね。

わたしもつわりがひどく、
会社に行くのがすごくつらかったです。

ですが、対策を講じたことで、
出勤できる日が増え、
産休まで働くことができました!

体験談を、別の記事でご紹介していますので、
ぜひ、参考にしてみてくださいね。

妊娠中は仕事を休む頻度が多い!職場の迷惑と自分の負担も軽減する策

妊婦をきっかけに仕事を辞めたい気持ちはただの甘え?

責任感の強い女性は、
妊娠をきっかけに辞めると甘えではないのか?
と感じることもあると思います。

たしかに、急に退職してしまっては、
職場に迷惑がかかってしまいますもんね。

ただし一方で、
子供を産んで育てていくことは、
とても大切なことです。

  • ドクターストップがかかるほどムリしていないか
  • 産後、復職しやすい職場か
  • 辞めても経済的な余裕があるか

などなど、仕事を辞めるには、
複合的に様々な事を判断しなくてはいけません。

将来のことを含め、複合的に判断した結果なら、
妊娠をきっかけに仕事を辞めるのはアリです。

妊娠してから仕事のストレスが・・辞めたい!でも本当に辞めてもいいの?

実際に、仕事を辞めたい!
と強く思ったとき、
どんなことをしたらいいのか、
対応策をまとめてみました。

家計をしっかり把握する

あとまわしにせず、
まずは家計をしっかり把握してみてください。

仕事を辞めることで、意外にも、

  • 外食費がおさえられる
  • 仕事用の靴やバッグを買わなくて済む
  • 仕事中のランチや飲み物代をカットできる

など、抑えることが出来る出費も。

試算しなおしてみると、
意外にもなんとかなっちゃうかも、
しれません。

身近な人に相談する

夫に相談するのは当然ですが、

実母や友だちなど、
子育ての経験がある人に相談すると、
自分の体験談を教えてもらえるかもしれません。

まずは、話を聞いてもらうだけでも、
気持ちが軽くなるかもしれません。

仕事仲間に相談する

職場の同僚や先輩など、
頼れる相手に相談してみましょう。

もしかしたら、気遣ってくれ、
仕事のカバーを積極的に申し出てくれる可能性も。

もちろん、一定の配慮は必要です。

仕事でカバーしてもらいやすいよう、
タスクを整理しておきましょうね。

たとえば、メールフォーマットを用意しておいて、
簡単に送るようにできるようにしたり、

マニュアルもあるとより分かり易いですね。

少しでも仕事をのストレスを軽減するために、
自分ができることは積極的に対策してみて。

また、時短勤務・時差勤務など、
会社の制度をしっかりと調べて利用しましょう。

わたしも、時短勤務を利用して、
朝と帰りの通勤ラッシュを避けるだけで、
随分気持ちも体もラクになり、
産休まで仕事を続けることができました。

また、体調が悪いときはムリせず、
ときには思い切って有休や半休を使い、
しっかり休みましょう。

どうしてもツラいときは、
産婦人科のドクターに相談すると
適切なアドバイスをもらえると思います。

ただ、相談するときも、
なるべく具体的に話をするようにすると
詳しい解決策を教えてもらえます。

あなたが積極的に伝えることで、
まわりの理解を得ることができますので、
可能な範囲でがんばってみてください。

タイトルとURLをコピーしました