妊娠中にコーヒーを飲んでたけど大丈夫でした!上手にリラックス

妊娠

スポンサーリンク

妊娠中、コーヒーなどのカフェインを控えている妊婦さん、
多いと思います。

でも、1日2~3杯程度なら大丈夫!ってご存知でしたか?

コーヒーをガマンしてストレスになってしまうぐらいなら、
上手に取り入れてリラックスして過ごせる方がいいんです。

と、産婦人科のドクターに教えてもらいました。

さらに、WHO(世界保健機関)でも

カフェインの胎児への影響はまだ確定はしていないとしつつも、
妊婦に対し、コーヒーを1日3から4杯までにすることを呼びかけています。

さらに、WHOよりも基準が厳しい英国食品基準庁(FSA)でも
1日当たりのカフェイン摂取量を200mg(コーヒーをマグカップで2杯程度)に制限するよう求めています。

厚生労働省「食品に含まれるカフェインの過剰摂取について」より引用
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000170477.html

つまり、何リットルも飲むわけじゃなければ、
妊娠中はコーヒーを飲んでも大丈夫なんですね。

朝の目覚めにコーヒーの香りはいいですよね~。

わたしは一人目も二人目の妊娠中も、朝のコーヒーは欠かせませんでした。
二人とも、何の問題もなくスクスク成長してますよ。

スポンサーリンク

妊娠中にコーヒーを飲んでたけど大丈夫!でも摂り過ぎは注意

わたしの場合、産休まで仕事をしていたこともあり、
妊娠中でもコーヒーは欠かせませんでした。

まずは朝起きてコーヒーを一杯、
ランチのあとにまたコーヒーを一杯、という感じで
1日2杯はコーヒーを飲んでいました。

妊娠が発覚してすぐ、産院を受診するまではコーヒーは控えていたのですが、
産婦人科のドクターに思い切ってカフェインのことを聞いてみたんです。

すると、意外なことに「コーヒーは飲んでもOKですよ」との返答が。

ただ、一つ注意したいのがコーヒー以外のカフェインについて。

紅茶・緑茶・玉露・コーラ・ココア・チョコレートなど、
カフェインを含む食品はたくさんあります。

中でも最も注意したいのがエナジードリンク。
エナジードリンク1本で、コーヒー2杯分に相当するカフェインが含まれている場合もあります。

妊娠中は安易に飲まない方がいいですが、どうしても飲みたいときは
表示をよく確認してくださいね。

他にも、朝コーヒーを飲んで、昼間は緑茶、おやつにチョコレートを食べて・・
なんてしていると、あっという間にカフェインの摂取が多くなってしまいます。

組み合わせにも気を付けてみてくださいね。

それから、コーヒーを飲むときに砂糖をたくさん入れて甘くするよ~!という方、
糖分を摂り過ぎてしまうので、控えるようにしてみてくださいね。

他にも、甘いキャラメルラテなんかも注意が必要です。

お砂糖よりも、牛乳たっぷりのカフェラテがおすすめです。

妊娠中のカフェインを気にしない!上手に取り入れる方法

例えば、わたしのようにコーヒー2杯飲むことが習慣になっている妊婦さん。

コーヒー以外の飲み物は、ノンカフェインの
水・麦茶・ルイボスティーなどを取り入れてみてくださいね。

あと、コーヒーは体を冷やす飲み物と言われていますので、
麦茶を飲むとき、ホットにしてみるのもいいですよ。

麦茶は温めると香りが際立ちますので、こおばしい香りを楽しむのもおすすめです。

他にも、いつの飲んでいるコーヒーの替わりに
たまには「ノンカフェイン・デカフェのコーヒー」を飲んでみたり、
「たんぽぽコーヒー」や「ごぼう茶」を試してみるのもおすすめですよ。

ノンカフェインのコーヒーって、美味しくないイメージの方、
多いと思いますが、「イニックコーヒー」のデカフェコーヒーは美味しいです。

わたしの場合、友人から出産祝いのプレゼントとして頂いて初めて飲みました。

妊娠中はもちろん、産後の授乳中でも安心して美味しいコーヒーを楽しめるのは嬉しいですね。

もちろん、プレゼントにも最適です。

もう一つ、たんぽぽコーヒーってご存知ですか?

たんぽぽの根から作られていますので、コーヒーというよりも
ちょっとクセが強くて飲みづらいのですが・・

「たんぽぽ茶」なら黒豆などもブレンドされていますので、飲みやすいんです。

もちろんノンカフェインで、母乳育児にもいいと言われている飲み物ですので、
妊娠中の今から試しておくといいですよ。

それに、妊娠中に必要な鉄分・カルシウムなども補えるのが魅力です。

もう一つ、「ごぼう茶」はイチオシです。

食物繊維が豊富ですので、便秘に悩んでいる妊婦さんには
ぜひ試して欲しい飲み物です。

こちらも、母乳にいいとされている飲み物ですので、
妊娠中の今から試してみて。

ごぼうの香りがこおばしく、飲みやすいお茶です。

妊娠中にカフェインを取りすぎた際の対処法

万が一、妊娠中に大量のカフェインを摂取してしまったら、
まずは水分をたくさん摂ってみて。

水を飲むことで、効率的に体内からカフェインを排出することができます。

他にも、カリウムやマグネシウムを含む食べ物も効果があると言われています。
特に、ほうれん草やチンゲン菜など、色の濃い葉物野菜に多く含まれています。

あとはウォーキングなど、軽い運動をするのも効果的です。

まずは上記3つの方法を試してみてくださいね。

ただし、呼吸が苦しい・胸が痛い・吐き気がする場合は、すぐに病院へ。

カフェインは摂り過ぎないように注意が必要ですので、
そのためにも、カフェインが含まれている食品を知って
食べる組み合わせにも気を付けたいですね。

また、妊娠中の今から、ノンカフェインの飲み物もいろいろ試してみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました