母乳

1歳過ぎ夜中に起きて遊ぶ赤ちゃんのお世話がツライ…寝かせるコツは?

1歳ぐらいになると、生活リズムも整ってきて、朝までグッスリ寝てくれると思ってたのに…なんだか違う! むしろ、夜中に覚醒しちゃってご機嫌で遊ぶことがある…!どうしたらいいの!?と悩みますよね。 赤ちゃんの相手をしてあげたほうがいいのか? それとも、寝る時間だから根気強く寝かしつけした方がいいのか…? 実は、安全を確保した上で、親は寝たふりしちゃってOKなんです!
母乳

寝る前の授乳はいつまで?母乳なしでも眠れるようになった簡単な方法

夜寝る前の寝かしつけの授乳、いったいいつまで続ければいいのか?ふと疑問に思いますよね。 早い子だと、離乳食をしっかり食べられる生後7~8か月ぐらいで、寝る前の授乳が不要になる子もいます。 ですが、あくまで目安です。 個人差が大きいため、焦らずに進めることが大切です。 わが家の場合、二人の子供が完母で育ったのですが、二人とも卒乳する1歳半まで寝る前の授乳は必須!でした…。 ママも子供もムリなく安心して眠ることができるなら、寝る前の授乳は意味があると思います。 母乳は子供の心の栄養にもなってますからね。
母乳

授乳が痛いはいつまで続く?吸い始めの痛さや張りを和らげるコツ3つ

はじめての授乳って、想像以上に痛いんですよね! ある程度、授乳の痛みに慣れるまで、時間がかかることは仕方ないのですが、「少しでも痛みを和らげたい!」と考えますよね。 よく紹介されている方法は、馬油やランシーノので保湿する方法。 もちろん、保湿することで痛みが和らぐこともありますが、実は根本的な解決にはなってないんです!
母乳

離乳食後の授乳はいつまで?離乳食が3回食になったら辞めてOK!

離乳食を食べた後は授乳しましょう!と育児書などに書かれていますよね。 ですが、いったいいつまで続ければいいのか?疑問に思いますよね。 目安としては、「生後9か月以降で、離乳食が3回になっている子」なら、離乳食後の授乳を辞めてもOKです! ただし、「赤ちゃんが欲しがらなければ」です。 あくまで、一つの目安ですので、「母乳を欲しがる場合はあげてOK」ですよ。
母乳

3時間おきの授乳はいつまで必要?個人差があるから焦らないで!

よく授乳は「3時間おきにしてくださいね」と産院などでも指導されますよね。 ですが3時間おきの授乳は、いったいいつまで続ければいいんでしょうか? ・良く寝る子で3時間以上空くことがある ・1~2時間しか空いてないのに母乳を欲しがる! などなど、授乳間隔に関する悩みは親子それぞれ違いますよね。 わが家の場合、上の子も下の子も完母だったのですが、同じきょうだいでも飲み方が違いました!
子育て

離乳食のまな板や包丁は使い分けるべき?分けなくても大丈夫だった

離乳食を作るときに使うまな板や包丁、赤ちゃん用に分けるべきかどうか、迷いますよね。 特に、まな板や包丁は生のお肉やお魚を切るのに使う場合があるため、衛生面は気になります。 わたしも二児の母なのですが、上の子の初めての離乳食作りのときはとても神経質になりました。 毎回、調理器具を消毒したり、赤ちゃん専用のまな板や包丁を別で買ったり。 ですが、100均で購入したまな板と包丁はすごく使いづらくて、すぐに使わなくなってしまいました!
子育て

離乳食の鍋で安全なものの見分け方とは?長く使えるものはコスパも〇

離乳食作りには小鍋があると便利!と聞きますよね。 ですが、「小鍋」と言っても素材も種類もさまざま。 どんな特徴があるのか?どんな鍋なら使いやすいのか? 逆に、離乳食作りに適さない素材もあるのか?など、気になりますよね。 基本的には、 ・ステンレス鍋 ・ホーロー鍋 の、どちらかがおすすめです! 逆に、 ・アルミの鍋 は、おすすめできません。
子育て

離乳食の調理器具や食器の消毒は必要?洗剤は使ってもいいの?

離乳食で使うお皿やスプーン、調理で使う鍋や包丁・まな板など、すべて消毒したほうがいいのか?迷いますよね。 赤ちゃんの使うものはいつも清潔にしなきゃ!と思いつつも、実際はものすごく大変だし、面倒ですよね~。 わたしも、二人の子供がいるのですが、特に上の子のはじめての離乳食のときはかなり神経質になってしまい、離乳食を作る前に調理器具などを熱湯消毒してました。 ですが、実は離乳食がはじまる生後5~6か月ぐらいになると、赤ちゃん自身の免疫がアップしてきますので、毎回消毒しなくても大丈夫なんです! それに、離乳食は基本的にしっかり火を通すものがほとんどですので、気にし過ぎだったんです。 ただし、離乳食に限らず、生肉や生魚などを切った包丁やまな板はしっかり消毒する必要があります。 離乳食の食器や調理器具のお手入れの仕方のコツをご紹介します。
子育て

離乳食を鍋から取り分けってどうしたらいい?コツとレシピをご紹介

離乳食の取り分けレシピってどうしたらいいのか?迷うことありますよね。 赤ちゃんが食べられる食材や調味料で、そして赤ちゃんが食べられる固さに茹でなきゃ・・・と考えると、結局取り分けじゃなく、別で作った方がラクなのでは?と思っちゃいますよね。 油や砂糖、料理酒などの調味料や、市販の合わせ調味料(鍋のスープや焼きそばに付いているタレなど)も使っていいのか?気になりますし。 ですが、しっかりとポイントをおさえれば、取り分けレシピで離乳食作りはグンとラクになります! わたしも二児の母で、特に上の子の離乳食作りは悪戦苦闘しましたが、取り分けレシピを覚えてから、時短で料理できるようになりました。 しかも、しっかりとダシを取って作った料理は、大人も美味しく頂けます。 取り分けレシピのコツをご紹介しますので、少しずつ試してみてくださいね!
子育て

フォローアップミルクを寝る前に飲ませるとよく寝る?虫歯は大丈夫?

赤ちゃんが夜寝る前にフォローアップミルクを与えているご家庭もあると思います。 ですが、離乳食が順調に進んでいる場合、フォローアップミルクは与えなくても大丈夫なんです! しかも、寝る前に与えることによって、どうしても虫歯のリスクが高くなってしまいます。 それに、離乳食をきちんと食べているのに、さらにフォローアップミルクを飲ませてしまうと、単純にカロリーオーバーになり太る原因にもなっちゃうんです。 赤ちゃんの健康のためにも、寝る前のフォローアップミルクの習慣は見直してみてくださいね。 もしかしたら、フォローアップミルクの飲み過ぎで、離乳食が進まないのかもしれません。
タイトルとURLをコピーしました