ベビー布団の代用は長座布団がお手頃!賢く買い物をするコツをご紹介

子育て

スポンサーリンク

赤ちゃん用の寝具一式って、揃えるかどうか迷いますよね。
一式揃えると、だいたい1万円~2万円ほどかかってしまいますよね。

それに、将来も長く使えるかどうか?というのも、買う?買わない?の
重要なポイントになってきますよね。

経験上、ベビー布団はなくても大丈夫です!
長座布団をはじめ、3点あれば代用できます。

  • 長座布団
  • 防水シーツ
  • バスタオル

長座布団に防水シーツをかけて、さらにその上からバスタオルで包めばOKです。

あとは、季節にあわせて夏はガーゼ生地のバスタオル、
冬はブランケットまたはスリーパーがあれば、掛け布団の代用になります。

実は、わが家の場合、いとこからベビーベッドのお下がりを頂いたので、
あわせてベビー布団も一式揃えたのですが、あまり使いませんでした。

とにかくベビーベッドは場所を取るので、1ヶ月で解体してしまいました。
それにともない、ベビー布団もあまり使わずじまいになってしまったんですよね~。

ベビーベッドを解体したあとは、ベビー布団のマットレスを床に敷いて、
そこで着替えやオムツ替えをしていました。

高さがなくなるので、腰が痛くなりそう・・と思うかもしれませんが、
なるべく猫背にならず、背筋を伸ばして、片膝を立ててお世話すると、
腰への負担が軽くなり、痛める心配はありませんよ。

意外とベビーベッド、ベビー布団一式を揃えなくても、
赤ちゃんのお世話を快適にこなすことはできます。

実際に、わたしがベビー布団一式をそろえてみて感じた
メリット・デメリットなど、率直な感想をご紹介していきます。

スポンサーリンク

ベビー布団の代用に必要なものは3点

赤ちゃん専用のベビー布団一式が無くても、この3点で代用することができます。

  • 長座布団
  • 防水シーツ
  • バスタオル

長座布団に防水シーツをかけて、さらにその上からバスタオルで包めばOKです。

これなら、実家に帰省したときでも、使えますね!

長座布団を使うメリットは、

  • 場所を取らない
  • 予算が安く済む
  • 自宅でも実家でも使える

という点ですね。

さらに、ベビー布団のシーツに比べると、バスタオルだったら取り替えるのが簡単なので、
こまめに洗って清潔に保ってあげることができます。

着替えやおむつ替えなどで、意外とバスタオルは汚れてしまうことがあるので、
洗い替え用に2~3枚用意できれば、じゅうぶんです。

あとは、季節にあわせて掛け布団を用意すればOK!

夏は、ガーゼ生地のバスタオルが個人的にはおすすめです。
ただ、赤ちゃん用のタオルケットは単品でも購入できますので、
体にフィットするタオルケットは赤ちゃん専用のものがあってもいいと思います。

冬は、ブランケットがあればOKです。
少し大きめのブランケットだったら、赤ちゃんをすっぽり包めるし、
お出かけ用に車の中や、ベビーカーでも使えるので、重宝しますよ。

他にも、寒い時期の夜中に授乳をするときなんかも、
ママも赤ちゃんといっしょにブランケットに包まるとあったかいです♪

赤ちゃんの掛け布団に冬の代用にはスリーパーがイチオシ

赤ちゃんって、寒い冬でも布団をかけてもかけても出てきちゃうんですよね~。
これだと、寒くて風邪をひいてしまうんじゃ・・と心配に。

そこで、イチオシなのがスリーパーです!

わが家には、3歳と小学生の子供がいるのですが、
毎年冬にはパジャマの上からスリーパーを着せて寝かせています。

これで、多少布団をはいでも大丈夫♪

少し大きめのスリーパーを用意すれば、長く使うこともできますよ。
寝るときに使うだけなので、多少大きめでも大丈夫です!

わが家は出産祝いで「コンビミニ」のスリーパーを頂いたので、
新生児~2歳ぐらいまで、ヨレヨレになるまで使い倒しました!(笑)

50~80cmという、驚きのサイズの広さ!

フードが付いているので、おくるみとしても使えます。

使い勝手が良く、長く愛用していたので、
下の子が生まれたときは自分たちで購入したり、
友人の出産祝いとしてもプレゼントしたりしました。

最近だと、こちらの商品も人気のようですね!

よく、西松屋とかしまむらなんかにも、安価なスリーパーがありますが、
お子さんによっては厚手のスリーパーは嫌がってしまう場合もあるようです。

もう新生児じゃないから、おくるみ機能はいらない、
もっと大きめサイズのスリーパーが欲しい!という方は、
アンナニコラのスリーパーが人気ですよ。

ベビー布団の代用におすすめの長座布団3選

お昼寝マットのようなサイズの長座布団、
ベビー用にはぴったりのサイズですね!

そして、やっぱり長座布団だけなので、安いですね~。

続いては、西川リビングの長座布団。

西川リビングといえば、日本製の寝具メーカーですので、品質には安心ですね。
しかも、6つ折りできるので、使わないときはコンパクトに畳んで収納できますね!

車で里帰りするときでも、トランクにラクラク積める大きさですね。

 

最後に「せんべい座布団」をご紹介。

お値段が、一気に高くなってしまいますが・・見た目がかわいい!
かわいいベビー用品って、テンション上がっちゃいます。

もちろん、かわいいだけではなく、ふかふかの寝心地、
赤ちゃんが寝返りしても落ちない絶妙な大きさ、
それに、赤ちゃんがせんべい布団の上で寝てしまってもそのまま持ち運べるので、
赤ちゃんを起こしてしまう心配がありません。

ただ、これは予算と相談・・ですね。

あとは、出産祝いに、おねだりするのもアリだと思いますよ。(笑)

ベビー布団の代用に困ったら・・一式揃える

ベビー布団の代用品をご紹介してきましたが、もちろんベビー専用に作られていないため、
機能面では、やはり専門用品には劣ってしまいます。

ベビーベッドやベビー布団は、赤ちゃんをホコリから守ってくれたり、
赤ちゃんにとって最適な硬さのマット・軽い掛け布団など、
快適に使用できるように工夫されています。

特に、ペットがいるご家庭なんかは、ベビーベッドがあると安心ですね。

赤ちゃんが使うものだから、きちんとした物を揃えて
衛生的にしてあげたい!と思うなら、思い切って寝具は一式揃えてしまうのがいいでしょう。

もちろん、わが家のようにお昼寝や着替え用として活用したり、
保育園のお昼寝用の寝具としてスライドしたりと、決して無駄にはならないと思います。

ただ、ご家庭によって予算などもあると思いますので、
まずはベビーグッズで絶対に買わなきゃいけない物・欲しい物などを
一度リスト化するといいかもしれませんね。

例えば、車があるご家庭なら、ベビーシート・チャイルドシートは絶対必要ですし、
ベビーカーや抱っこ紐も必需品ですね。

優先順位を付けてみると、買う・買わないがハッキリしますので、おすすめですよ。

ベビー布団に限らず、ベビー用品ってどこまで揃えたらいいか、
迷ってしまいますよね。

わたしも、かなり迷いながら、厳選していたつもりだったんですが・・
やっぱり失敗をしてしまいました!

特に、赤ちゃん専門店で配布される出産準備のリスト通りに揃えちゃうと・・
予算オーバーになりかねません。

わたしの失敗談を別の記事でご紹介していますので、
みなさんは、失敗なしの賢い買い物をしてくださいね。

大失敗!出産準備リストの通りに揃えたら・・要らないものが続出
生まれてくる赤ちゃんのことを考えながら、かわいいベビー用品を 揃えるのはワクワクしますよね。 でも、これって本当に必要なの?とか、なるべく無駄な買い物はしたくない! という方向けに、わたしが買って失敗したのもを公開します! ...
タイトルとURLをコピーしました