アブマット代用はリストウェイトがおすすめ!女性も筋トレで自分磨き

ダイエット

スポンサーリンク

自宅で腹筋を続けていると、負荷を上げるためにアブマットの購入を検討しますよね。

でも、アブマットって、正直クランチ(腹筋)以外では役に立たなそう・・と思い、
わたしは購入しませんでした。

わたしがアブマットを使わずに、クランチの負荷をアップさせている方法は2つあります。

1つ目は、クランチのセット数を増やすこと。

2つ目は、腕にリストウェイトを巻きつけてクランチをすること。

特に、2つ目のリストウェイトを使う方法おすすめです!
筋トレの時間を増やさなくてもいいし、
リストウェイトは他にも使い道があるので持ってて損はしません。

スポンサーリンク

アブマットの代用はリストウェイトがおすすめ

女性だったら、片方1キロずつのリストウェイトがちょうどいいですよ。

クランチのとき、腕に巻きつけるだけで筋トレの負荷がグッと増します。
特に、上体をゆっくり元に戻すとき、かなり腹筋を使います。

ダンベルを持ってクランチを行う方法もあるんですが、
それだと正直、ダンベルが頭や腕に当たって痛いです。

でも、リストウェイトだったら柔らかいので、多少当たっても全く痛くないです。

もし、クランチのときに首が痛くなるようなら、
それは腹筋に力が入っていないからです。

首を使って上体を起こそうとすると、首を痛めてしまいます。
お腹を丸めるイメージで、腹筋を使って上体を起こすと、首は痛くならないはずです。

ちなみに、女性が自宅で筋トレを行う場合、
2キロのダンベルと1キロのリストウェイトの組み合わせがおすすめです。

最初は、500mlのペットボトルでも構いませんが、
続けていくうちに筋トレがラクになってしまいます。

次に、いきなり2キロのダンベルを使ってしまうと、
キツ過ぎて筋トレが出来なくなってしまう場合があります。

筋トレを続けていると、得意・不得意の種目が出てくるんですよね~。

いきなり重いダンベルを使うと、体を痛めてしまう恐れもあるので、
1キロのリストウェイト→2キロのダンベル→2つを組み合わせて3キロ
と、順序良く負荷をかけましょうね。

女性向けのダンベルなどの筋トレ器具については、別の記事でご紹介しています。
他にも、ストレッチ用ポールやアブマットについても書いています。

アブマットもメリットはありますので、もっとくびれが欲しい!
と思う女性は購入を検討するのはアリだと思います。

自宅での筋トレはどんな器具があればいい?女性向け賢いダンベル選び

アブマットの代用にクランチの負荷をセット数で補う

クランチは毎日何セット行ってますか?

1セットじゃダメですよ。

筋トレの絶対的なルールとして、最低でも2セット・最高でも3セットまで、というのがあります。

トレーニングの量が少なすぎても、多すぎてもダメなんですね。

もしすでに、毎日クランチを3セットこなしているのであれば、
リストウェイトやアブマットの器具を使って負荷を上げるしかありませんね。

ちなみに、ツイストクランチは取り入れていますか?
女性がくびれを作りたいなら、ツイストクランチは絶対にやりたい種目です。

ツイストクランチの方法は、別の記事で動画付きで解説しています。
他にも、女性におすすめの筋トレメニューをまとめていますので、あわせて読んでみてください。

女性におすすめ筋トレメニューを公開!筋肉を狙い撃ちで時短筋トレ

ちなみに、筋トレは毎日やってはいけない、休んだ日もあったほうがいいんですが、
腹筋に限っては回復が早いので、毎日やってもOKの種目です。

クランチ3セット、ツイストクランチ3セットを余裕でこなせるようになったら、
アブマットの購入を検討しましょうね。

わたしは筋トレを始めて2か月ですが、まだリストウェイトを付けて、
2セットずつが限界です。(笑)

アブマットの代用バスタオルは危険!?

アブマットの代用として、バスタオルを自分で丸めて敷く、という方がいますが
基本的にはおすすめできません!

なぜなら、バスタオルは崩れやすいので、最悪の場合、背中や腰を痛めてしまう可能性があります。

体を痛めてしまっては、せっかくの筋トレをを続けられないですよね。

いちばんのおすすめはリストウェイトでの負荷アップですが、
道具がない場合はセット数で補うしかないですね。

自宅でのトレーニングとはいえ、体は痛めないように正しいフォームで行ってくださいね。

タイトルとURLをコピーしました