ダンベルでの筋トレ、女性は何キロがいい?組み合わせるのが賢い

ダイエット

スポンサーリンク

筋トレをしよう!と思っても、まずは「何キロのダンベルを選べばいい?」
と迷ってしまいますよね。

女性におすすめのダンベルは、1キロのリストウエイトと
2キロのダンベルの組み合わせです!

まずは500mlのペットボトルからの筋トレでOKなんですが、
慣れてくると物足りなくなってきます。

そこで、本格的にダンベルが欲しくなってきます。

ただ、一気に3キロとか5キロのダンベルを買っても使いこなせないかもしれないし、
かと言って可変式(重さを変えることができるタイプ)のダンベルは
見た目がゴツイし、重さを変えるのも意外と手間がかかって煩わしい。

あと、可変式のダンベルは意外と高いんですよね。
1個1万円とかします。2個揃えると、2万円超えちゃいます・・!

なるべくコスパが良くて、見た目もゴツくない、
女性が使いやすいダンベルは、1キロのリストウエイトと
2キロのダンベルがおすすめです!

わたしも、このダンベルの組み合わせで無理なく筋トレの負荷を上げて、
楽しく続けることができています。

スポンサーリンク

ダンベルを使った女性の筋トレでの重さはマックス5キロ

筋トレ初心者の女性の場合、まずは500mlのペットボトルからスタートしてOK!

まずは、筋トレに慣れること、
筋トレを習慣化してしまうといいですよ。

それに、いきなり重いダンベルでトレーニングを開始してしまうと、
筋トレのフォームが崩れてしまい、意図しない場所に筋肉が付いてしまうことも。

正しいフォームを身に付けるためにも、いきなり重いダンベルは使わないでくださいね。

500mlでは物足りなくなったら、本格的にダンベルの購入を検討します。

1キロのリストウエイト2キロのダンベルの組み合わせがおすすめ!

1キロ→2キロ→3キロと、組み合わせることで徐々に負荷を上げていくことができます。

2キロのダンベルに、1キロのリストウエイトを巻きつければ、
3キロになります!

ダンベル

ダンベルを選ぶときのポイントですが、
コンパクトでソフトなものがおすすめです。

実は、わたしはダンベル選びに失敗しちゃったんですがね。

ソフトなさわり心地で、握りやすいんですが、
少し大きめ。

柄が長くて、ちょっと使いづらいのを購入してしまいました・・。

柄が長いと、その分体に当てってしまい煩わしいですし、
理想のフォームで筋トレができず、筋トレの強度も下がってしまいます。

コンパクトなダンベルを選ぶようにしてみてくださいね。

リストウエイト

リストウエイトは、かなり万能です。

2キロのダンベルに巻きつける以外にも、
クランチ(腹筋)をするときにかなり重宝しています。

腹筋の負荷を上げる場合、一般的には「アブマット」を使うんですが、
場所は取るし、腹筋の種目以外には使わないし・・で、正直不要です。

そこで、登場するのがリストウエイト。

手首に巻きつけてクランチをするだけで、かなり効きます。
特に、元の態勢に戻すとき、負荷がかかっているのがよくわかります。

ダンベルを頭の後ろに持って、クランチをする方法もあるんですが、
これだと手首を痛めてしまったり、頭に当たると痛い思いをしてしまう可能性があります。

リストウエイトなら柔らかいし、手首に固定できるので使いやすいです。

そして、最終的は女性でも5キロのダンベルで筋トレできるようになるのが理想です。

片方5キロもあれば事足ります

女性専門パーソナルトレーナー石本さんのブログより引用
https://www.body-make.com/blog/dumbbellhikaku

3キロのダンベルで筋トレができるようになったら、
5キロのダンベルを購入してもいいですし、
まずは4キロのダンベルを購入、慣れたらリストウエイトを巻きつけて5キロで筋トレでもいいですね。

ダンベルでの筋トレ女性は何キロを目指す!よりも重要なこと

女性でも、筋トレで5キロのダンベルでトレーニングできるようになることが理想です。

でも、ダンベルの重さだけにこだわらないでくださいね。

5キロでも筋トレが軽々できてしまう場合、
もしかしたら正しいフォームで筋トレできていないかもしれません。

意図しない場所に筋肉がついていませんか?

肩まわりや太ももの前側、ふくらはぎに筋肉がついてませんか?

ここに筋肉がついてしまうと、ゴツイ印象になってしまいます!

もし、心当たりがあるのなら、
「ゆっくり丁寧に、正しいフォームで」の筋トレを行ってみてくださいね。

できれば、鏡を見ながらの筋トレが理想です。

もし、ゴツイ見た目になってしまっても、焦らないで!
筋肉は、刺激しなければ落ちていきますので、なるべく刺激しように気を付ければOKです。

正しいフォームで筋トレを続けていけば、
余計な筋肉が落ちて、女性らしい理想のボディラインに近づけるはずです!

タイトルとURLをコピーしました