自宅筋トレでダイエットを決意したら少しずつ少しずつが成功の秘訣

ダイエット

スポンサーリンク

筋トレでのダイエットを決意したのはいいけれど、
続けられるかな?一気に生活習慣を変えるのは難しいな・・と悩みますよね。

自宅筋トレの成功のカギは筋トレを習慣化してしまうことがいちばんです。
その次に、筋トレの強度にこだわる。
そして、ボディメイクを加速させる食事を改善していく。

段階的にステップアップしていくと、スタートのハードルが低いので
気軽に始めることができますね。

初心者がアレコレ最初から全部をこなそうとしてもムリです。
考えすぎて、準備が面倒になり、結局スタートすらできなかった・・では残念過ぎます。

スタートでつまずかないためにも、まずは「やってみる」気持ちを大切に、
初心者の特権「やる気」を最大限にいかしちゃいましょう!

そして最後に、自宅筋トレの継続のコツ「ギリギリ入るサイズのパンツ」を
上手に使う方法も公開しています。

スポンサーリンク

自宅筋トレで必要な器具はダンベルのみでOK

まずは、ダンベルは必ず用意します。
むしろ、ダンベルさえあれば、自宅での筋トレはOKです。

開始1~2週間の間であれば、500mlのペットボトルでも代用できますが、
筋肉が付いてくると筋トレメニューをラクにこなせるようになってしまいます。

筋肉はある程度の刺激がないと、肥大してくれません。

せっかくやる筋トレの効果を最大限に活かすためにも
ダンベルでの負荷を上げていくことは、必須です。

おすすめは、2キロのダンベルと1キロのリストウェイトの組み合わせです。

女性向けのダンベルの選び方や、その他の筋トレの器具については別の記事でご紹介しています。
アブマットやストレッチ用ポールもご紹介していますが、必須アイテムではありません。
あわせて読んでみてくださいね。

自宅での筋トレはどんな器具があればいい?女性向け賢いダンベル選び

そしてもう一つ、自宅での筋トレで欠かせないことが
正しいフォームで、ゆっくり丁寧に」行うことです。

鏡でフォームをチェックしなたら筋トレできれば、なお良いですね。

「正しいフォームで」というのが意外と重要で、
間違ったフォームでの筋トレは当然、狙った筋肉に刺激が伝わりません。

それだけではなく、思いもよらない場所に筋肉がついてしまい、
目指すべき女性らしいボディラインからは遠ざかってしまいます。

例えば、すらっと伸びた腕を目指そうと思い上半身の筋トレを
間違ったフォームで行ってしまうと、肩まわりに筋肉が付いてしまいます。

肩まわりに筋肉が付いていると、見た目がゴツイ感じになってしまいます・・。
さらに、小柄な女性だと太って見えてしまうんです!

これでは、せっかくがんばった筋トレがマイナスになってしまい、
続けられなくなってしまいますね。

せっかく「やるぞ!」と思いはじめた筋トレ、これではもったいないですね!

筋トレの回数やセット数をこなすだけではなく、
まずは正しいフォームを体で覚えてくださいね。

その時、「今このトレーニングで効かせたい筋肉はどこか?」を考えると
正しく負荷がかかっているのか、自分でも判断することができますよ。

その次に、「ゆっくり丁寧に」とダンベルを使うことで
筋肉にしっかり負荷をかけて、自宅での筋トレの強度がアップします。

パーソナルジムにも負けない筋トレが、自宅でもポイントを押さえれば出来ちゃうんです。

自宅での筋トレを加速させる女性向け食事メニュー

次に気になってくるのが食事のこと。

カロリー計算しましょう、とか「PFCバランスを意識!」とか言われても
イマイチ難しい・・。

それに、イキナリ食生活を変えよう!と言われてもムリ・・。

そこでまず最初にすることが「タンパク質」と「水分」です。

麺類やパンの食生活が中心であれば、徐々にお米とお肉やお魚中心の
食生活に切り替えていきます。

タンパク質はお肉やお魚に、豊富に含まれていますね。
鶏肉であれば、脂が少ないムネ肉・ささみがおすすめです。
でも、もも肉の食感が好きな方は、もも肉でもOK!
そのかわり、皮を取り除くように工夫してみてくださいね。

そして、筋トレで最強の食材が「サバ」と「」です。
しかも、サバは水煮缶がおすすめ!
水煮缶であれば、手軽に取り入れることができますね。

筋トレをしていると、ある程度しっかり食べなくてはいけません。
麺類やパンより、ご飯のほうがエネルギーになります。
ただし、パンでもライ麦パンや雑穀パンなどを選べば問題ありませんよ。

もう一つが水分。水分はたっぷり摂ります。

純粋に水か、ノンカフェインの麦茶やハーブティーを選びます。

イヤじゃなければ、炭酸水は超おすすめです!
(もちろん、ジュースじゃないですよ。)

食事の前に飲めば、単純に食べる量を抑えることができます。
特に、夕飯をたくさん食べてしまう・・という女性はぜひ試してみてください。

他にも、甘い飲み物を豆乳入りのドリンクにしたり、
間食で食べていたお菓子をプロテインバーにするなど、
タンパク質を積極的に摂るように置き換えてみるのもいいですね。

タンパク質を摂る量を増やすことで、結果的に食事での摂取カロリーが抑えられるようになります。

甘いものを一切食べない、お米は絶対に食べない・・など、
過度な食事制限はストレスになってしまい、楽しく続けることができません。

できることからコツコツと、そして楽しくダイエットすることを心がければ、
自宅でのダイエットでも続けることができますよ!

自宅での筋トレダイエットを成功に導く「ギリギリ入るサイズのパンツ」

筋トレを続けていると、今のダイエット方法は正しいのか?
効果は出ているのか?だんだん不安になってきてしまいますね。

もちろん、体重計での数字は一つの目安となります。

でも、筋トレでボディメイクをしている女性って、
必ずしも「体重を落としたい」わけではないですよね?

狙った筋肉を筋トレで増やして、女性らしいボディラインを目指しているはずです。

筋肉は脂肪よりも重いため、筋トレをしていると
体重はキープ(または少し増加)しつつ、体脂肪が落ちていきます。

間違ったダイエットは、筋肉と水分が落ちて体重が減ります。
でも、脂肪はそのままなので、女性らしいボディラインには近づけません。
むしろ、シルエットはのっぺりしたままで、「全体的に小さくなった」という印象に。

これでは、悲しいですね。

そこで登場するのが「ギリギリ入るサイズのパンツ」、特にジーンズがおすすめです。

筋トレが成功していると、ふくらはぎや前ももの余計や脂肪・筋肉が落ちます。
そうすると、タイトジーンズでもスルッと履くことができるようになります!

メジャーで測るよりも、筋トレの効果がすぐにわかりますね。
筋トレを成功させて、服をかっこよく着こなしたいですね!

タイトルとURLをコピーしました