ダイエットを簡単確実に成功したいなら知っておきたい代謝の秘密

ダイエット

スポンサーリンク

ダイエットしたいけど、食事制限すればいい?運動もしなきゃダメ?
でも運動と言っても、何をすればいい?とわからないことだらけ。

結局、何から手をつければいいのかわからず、
今まで全然ダイエットの成果を感じたことがありませんでした。

アラサーを迎えてからそろそろ本当にまずいな・・と思い、
ダイエットに関連する本を片っ端から読んで、ある共通点に気づきました。

ダイエットでいちばん簡単・確実な方法は筋トレだ!という事実。
筋トレの習慣が付いたら食事を見直していく、というステップ形式の方が
スタートのハードルが低いので気軽に始めることができます。

しかも、筋トレをすると女性に嬉しい効果がたくさん!
女性らしいボディメイクだけではなく、髪や肌もツヤツヤに!

一度、しっかり筋トレで鍛えてしまえば、美しいボディラインは一生続きます・・!

スポンサーリンク

ダイエットするなら筋トレがいちばん簡単!運動キライな女性は特に!

運動がキライな女性でも、筋トレだったら出来ます!大丈夫です!

毎日ジョギングで1時間、走れますか?
毎日水泳で1キロ、泳げますか?

わたしはムリです!

さらに、自宅での筋トレだったらジムに通わなくてもいいし、
天候に左右されず、自分で出来る時間を見つけてトレーニングすればOKです。

ただ、自宅筋トレって、デメリットもありますよね。

そうです、続かないかも・・!という心配。

そこで、まず取り組んで欲しいのが「筋トレする時間を作る」こと。
朝筋トレやったほうが日中の代謝が良くなる、とか
夕方に筋トレやったほうが寝ている間の代謝が良くなる、とか
筋トレをする時間帯にこだわる女性もいます。

考えすぎて、自分の生活スタイルに合わなくて、
全然筋トレを始められない!ではもったいないです。

実は、筋トレは基本的にはいつ行ってもOKです。

筋肉は、刺激が加わると24時間常に分解と合成を繰り返すんです。

ですので、とにかく始めてみてください!
最初は1日5分のストレッチからでも良いんです!

とにかく1週間でも続けられればOKです。
そのうち、筋トレしないと落ち着かない!ぐらいになってきます。

歯磨きやお風呂に入る、は習慣ですよね。
筋トレが生活の一部になってしまえば、「続かない」という悩みは解消されます。

ダイエットで筋トレすると基礎代謝がアップし女性の脂肪は簡単に落ちていく・・!

 

筋トレでのダイエットでの最大のメリットは「一生続けてなくていい」ということ。

ジョギングや水泳・食事制限だけのダイエットの場合、
止めた途端にリバウンドしてしまう可能性が非常に高いんです。

ジョギングや水泳など、過度な有酸素運動を続けると
体内から水分が抜け落ちてしまい、筋肉が減ってしまいます。

筋肉が減ると基礎代謝が落ちます。
日常での消費エネルギーが減るので、運動を止めて以前の生活に戻した途端
体重はどんどん元に戻り、気づけばリバウンドしてしまうんです。

過度な食事制限もいっしょで、
体に必要な栄養が足りないと筋肉は分解されてしまいます。

逆に、筋トレで筋肉量をアップし基礎代謝を上げれば
普段の生活での消費エネルギーがアップし、ラクに脂肪を燃焼できる体に。

筋肉は、使わないと落ちてしまいますが、週に1回程度の筋トレで維持できます。

次に、筋トレでのボディメイクは3ステップで行います。
増量期間→減量期間→維持期間

増量期間は、2~3か月ほどかけてしっかり筋肉を増やします。
食事は、ある程度しっかり摂っても問題ありません。

減量期間は、1~2か月ほどかけて徐々に体重を落としていきます。
筋トレは今まで通り行い、食事制限で摂取カロリーを抑えます。

維持期間が最も大事で、2~3週間かけて減量した体重をキープします。
食事は徐々に元に戻し、しっかり筋トレします。

減量期間で理想の体重または体型になって「やったー!終わり~!」ではなく、
維持期間でキープし、「痩せやすい体」を覚えさせます。

筋肉がしっかり付いて、基礎代謝が高ければ、
多少食べ過ぎても、すぐに太りません。

太りにくい体質に自分で変えることができるなんて、理想的だと思いませんか?

ダイエット中に簡単に食事改善をしていくコツ

筋トレをしていると、自然と食事改善への興味も湧いてきます。

せっかく頑張った筋トレ、効果的に筋肉を増やしたい!と思いますよね。

まずは「タンパク質を増やすこと」と「水分をたくさん摂る」ことだけ、
意識してみてください。

いきなり食生活を変えるのは大変ですし、
ムリな食事制限はダイエットの挫折を招いてしまいます。

ダイエットが「楽しい」と思えれば、きっと長く続けられます!

ラーメンやジャンクフードを食べる機会を減らして、
お肉やお魚など、バランスがいい定食を選ぶようにしてみてください。

あとは、3食きちんと食べること。欠食はNGです。

食べ物からの栄養補給が無いと、筋肉は減ってしまいます。
せっかく頑張った筋トレを無駄にしないためにも、きちんと食べることは大切です。

タイトルとURLをコピーしました