赤ちゃんの爪の形をキレイに整えるコツは切り方と保湿の2つだった!

子育て

スポンサーリンク

赤ちゃんの爪って、薄くて柔らかくて、ケアするのが大変ですよね。

でも、将来キレイな爪に育ってほしい!と思うと、赤ちゃんの時期からきちんと爪のケアをしてあげたいですね。

赤ちゃんの爪の形を整えるコツはたったの2つです。

  • 白い部分を1~2ミリ残して切る(深爪は厳禁!)
  • 爪も保湿する

赤ちゃんは自分で自分の顔をひっかいてしまうこともありますし、頻繁に爪を切るのも大変なので、ついつい短く切ってしまいがちですね。

でも、短く切り過ぎてしまうと爪の形が悪くなる原因にもなりますし、ある程度指先に爪がないと、赤ちゃんの指先の発達を妨げてしまうんです・・!

もう一つ、爪の乾燥が原因で、爪が反り返ってしまい、爪の形が変形している場合もありますので、保湿してあげることも大事なんです。

わが家の二人の子供たちも、爪の形に悩んでいた時期がありましたが、この2つのコツのおかげで、今ではずいぶんとキレイな爪になりました。

スポンサーリンク

赤ちゃんの爪の形をキレイに整えるコツは2つ

赤ちゃんの手

深爪注意!爪の白い部分は残す

赤ちゃんの爪は、白い部分が1~2ミリ残るように、丸く切ってあげてください。

 

深爪してしまうと、ばい菌が入って炎症を起こしてしまう可能性があります。

他にも、指先に力が入らずに指を上手に使えなくなったり、巻き爪の原因になってしまったりと、よくないことばかり。

必要以上に短く切ってしまわないように、気を付けてくださいね。

でも、赤ちゃんの爪を切ったばかりなのに、白い部分を残すと「痛い!」と感じる場合がありますね。

もしかして、長すぎるのかな?

痛くてケガをするぐらいなら、短く切っちゃえ!と思うかもしれませんが、ちょっと待ってください。

爪が痛いと感じるのは長さのせいではなく、爪の角が残っていることが原因です。

赤ちゃんの手の爪は、一気に丸く切ると角が残りづらいですよ。

さらに、仕上げに爪やすりを使ってあげると滑らかでキレイな爪に仕上がります。

わが家でも、ガラスの爪やすりを愛用しています。

大小2本セットですので、大きいのは大人用に、小さいのは子供用に使っています。

ガラス製ですので、洗って清潔に保つことができますし、割れない限り、ずっと使うことができます。

ケース付きですので、旅行や帰省など持ち運びにも便利なのも、嬉しいポイントです。

爪の保湿も忘れずに

一日一回、いつでもいいので保湿クリームを爪にも塗ってあげてください。

いつも赤ちゃんの体にぬっているクリームでじゅうぶんですよ。

おすすめはお風呂上がりのタイミングです。

全身に保湿剤をぬるついでに、手の先・足のつま先の爪まで保湿してあげてくださいね。

赤ちゃんの爪は、意外と乾燥で反り返ってしまっている場合が多いんです。

赤ちゃんの爪は薄くて柔らかいからこそ、乾燥によるダメージを受けやすいんです。

爪が反り返っている=貧血の可能性がある、スプーンネイルという言葉を知っているママも多いと思います。

でも、慌てる前に、保湿を続けてみてください。

爪の反り返りや二枚爪、割れてしまう!などのトラブルが減ってくるはず。

わが家も、下の子の足の爪が反り返っていて心配したのですが、保湿を続けているうちに爪の形が整い、割れたりすることも少なくなってきました!

成長とともに、子供の爪は丈夫に育っていきますので、あまり心配せず、気長にケアを続けてあげてくださいね。

赤ちゃんの爪の形は手と足とで切り方が異なる!

  • 手の爪の形:ラウンド型
  • 足の爪の形:スクエア型

爪の形

手の爪と、足の爪、形を整えるためには切り方にもこだわってみてくださいね。

手の爪は爪切りはさみで一気に丸く切る、ラウンド型がおすすめ。

一方、足の爪はスクエア、またはスクエアオフがおすすめです。

特に、足の爪は角を切りすぎてしまうと、巻き爪の原因になってしまいます。

足が巻き爪になってしまったら、歩くたびに痛くてかわいそう!ですね。

ばい菌も入りやすくなってしまいますので、ぜひ、意識してみてくださいね。

赤ちゃんの爪の形は成長とともに整っていく

子供の手

赤ちゃんの爪って、薄くて柔らかいですね。おまけに小さい。

そう、まだまだ成長の途中なんです。

赤ちゃんの爪の形を整えるコツをご紹介しましたが、今、爪の形が悪いからといって、あまり神経質になる必要はありませんよ。

だいたい、高校生ぐらいになると爪の形は整ってくるようです。

もちろん、パパママの遺伝要素もあるようですが、気にし過ぎて爪をいじりすぎるのはもっと良くありません。

ましてや、深爪を繰り返してばかりいると、ばい菌が入って炎症を起こしてしまうことも。

さらに、深爪は巻き爪の原因にもなるんです。

深爪って、よくないことばかりなんですね。

ですが逆に、白い部分を1~2ミリ残す切り方を続けていれば、ネイルヘッドが丈夫になり、形も整った健康的な爪が生えてくるようになります。

手の爪は1週間に1度、足の爪は2週間に1度の頻度で切ってあげるのが適しています。

もしも赤ちゃんの爪を深爪してしまったら

子供

赤ちゃんの爪を深爪して出血してしまっても、基本的には何もしなくて大丈夫です。

出血が自然に治まるまで様子を見てあげましょう。

絆創膏を貼るかどうか迷うかもしれませんが、絆創膏は誤飲の恐れがあるため貼らないでください。

消毒液も、なめてしまう可能性があるため、おすすめできません。

お風呂に入るときなど、丁寧に洗うようにして清潔を保つようにするのがいちばんです。

ですが、どうしても気になる場合、わが家では病院でもらったゲンタシンという、滅菌剤を塗るようにしています。

もし、血がなかなか止まらない、患部が可能している、など、気になる症状がある場合は病院を受診してくださいね。

ですが、深爪しないのがいちばん!

爪切りを安全に行うためにも、赤ちゃん専用の爪切りバサミを使ってくださいね。

絶対に、大人用の爪切りは使用しないでください!

赤ちゃんの爪には負担がかかりすぎてしまい、割れてしまう可能性もあります。

爪切りハサミがこわい!という場合は、爪やすりを使ってみてくださいね。

爪切りバサミに比べると、爪やすりだけで削ると時間がかかってしまうので、併用するのが個人的にはおすすめです。

でも、どうしても爪切りバサミを使うのがこわい、かと言って爪やすりで時間がかかってしまうのはイヤ!という方。

電動の爪やすりもあります。

ご存知、赤ちゃん専門店「コンビ」の商品ですので、安心して使うことができます。

赤ちゃんの月齢にあわせてやすりの硬さを選ぶことができます。ママのネイルケアにも使えちゃいます!

プレゼントとしても最適の商品です。

赤ちゃんの爪を切るときは、赤ちゃんの指先とママの指先が同じ方向になるよう、ママが後ろ側にまわって切るとケアしやすいですよ。

まずは、爪も保湿することを心がけて、爪切りのコツもマスターしていきましょう!

▼関連記事▼

赤ちゃんの爪が痛い!上手な切り方のコツ4つを知ってトラブル回避

タイトルとURLをコピーしました