フォローアップミルクはムリに飲ませないで!実は赤ちゃんの負担に

子育て

スポンサーリンク

フォローアップミルクとは何なのか、ご存知ですか?

成分としては牛乳に近い存在です。
ミネラルやタンパク質が多く含まれているため、
赤ちゃんが消化吸収するには、あまりに負担がかかってしまいます。

ドラッグストアの赤ちゃんコーナーに行くたびに、
「鉄分補給のために」と書かれていて気になっていたので、徹底的に調べてみました。

うちの2人の子どもたちは、完全母乳&離乳食を進めていって、
フォローアップミルクは飲みませんでした。

2007年、厚生労働省では以下のように明言しています。

「フォローアップミルクは母乳や育児用粉ミルクの代替品ではない」

授乳・離乳の支援ガイドより

1990年、日本小児栄養消化器病学会でも以下のように宣言を出しています。

「フォローアップミルクは乳幼児期の栄養法として必要性は認めない」

フォローアップミルクって、育児用の粉ミルクとは全く違うんですね!
代替にもならないなんて・・。

しかも、乳幼児期の栄養を摂取するために、必要な栄養じゃないんですね!

ますますフォローアップミルクの存在価値があやしくなってきた・・。
基本的には、離乳食をどんどん進めていきましょう!というのが専門家の見解のようですね。

スポンサーリンク

フォローアップミルクと育児用粉ミルクとの違い

そもそも、フォローアップミルクと育児用粉ミルク、製法や原価から違うんですって。

たしかに、フォローアップミルクは、育児用粉ミルクに比べるとおよそ半値で販売されていますね。

中でもいちばんの違いは、フォローアップミルクには亜鉛・銅が含まれていません
亜鉛・銅は母乳・育児用粉ミルクに含まれており、人体に必要な元素です。

フォローアップミルクは育児用粉ミルクの代替品として考えるのではなく、
牛乳と同様、補助食品と考えるといいんですね。

牛乳とフォローアップミルクの違いについては、別の記事でご紹介しています。
牛乳を飲ませるタイミングや栄養を効率よく吸収する方法を記載しています。

フォローアップミルクは飲ませなくても大丈夫、牛乳は1歳以降から

しかしなぜか、フォローアップミルクは育児用粉ミルクの一つとして
誤った認識がされています。

これは、「鉄・カルシウムの補給のため」「タンパク質強化」などと
宣伝されており、時期がきたらフォローアップミルクへ切り替えるべき、
と知らず知らずのうちに刷り込まれているからなんです。

広告の効果とは、おそろしいですね・・。

フォローアップミルクは飲まなくても大丈夫!離乳食をどんどん進めて

フォローアップミルクは赤ちゃんの胃に負担をかけてしまうので、
下痢や便秘になってしまうことも。

ムリに飲ませる必要は全くありません。

もし、育児用粉ミルクからフォローアップミルクに切り替えてしまった場合、
育児用粉ミルクに戻してくださいね。

余ってしまったフォローアップミルクは、破棄・・はもったいないので、
離乳食用にミルクがゆをつくるのに活用するといいかもしれませんね。

ただ、ママとしては鉄分不足も気になってしまいます。
多いですからね、貧血の子。
もし、鉄分不足が気になるなら、やっぱり食品からの摂取が第一。

離乳食をどんどん進めるのがおすすめです!
(もちろん、アレルギーが無いこと、赤ちゃんが離乳食を嫌がらずに食べてくれることが前提ですが。)

ただ、鉄分不足を解消するにはどんなメニューがいいの?
ほうれん草、レバー、豆類を多く取らせる?と献立に悩んでしまいます。

うちの娘も、「鉄分が不足している」と指摘されたことがあります。
卵アレルギーだったので、血液検査をしたときに発覚しました。

そのとき、小児科のドクターから「バランスよく食べることを心がけて」
と言われました。

もちろん、鉄分が多く含まれている緑黄色野菜やレバー、豆類などを
積極的に摂るのはいいことです。

しかし、鉄分を効果的に吸収するには、野菜や芋類・肉魚や卵・乳製品など
さまざまな食品と組み合わせて摂取しないとダメなんです。

加工食品は避け、「一汁三菜」を心がけると食事のバランスが整います、とアドバイスをされました。
慣れるまでは大変だと思いますが、やっぱり日本人の体には和食中心の食事があってるんです。
それに、「一汁三菜」を覚えると献立を考えるときラクですよ。

ただ、離乳食作りって意外と手間がかかって大変だと思いませんか?
わたしも、苦手でした・・。
でも、あるキッチンツールを駆使するようになってからラクになりました!
手抜き・時短のおすすめレシピもご紹介していますので、あわせて読んでみてくださいね。

離乳食専用の調理器具は必要ない!ズボラ主婦が選んだキッチンツール

まだまだあります!アレルギー用粉ミルクとは?粉ミルクの調乳のポイント

アレルギー用粉ミルクとは?

フォローアップミルクの他、アレルギー用粉ミルクを
見かけたことがある方も多いと思います。

アレルギー用粉ミルクは、小児科ドクターから
指示があった赤ちゃんが飲むミルクです。

決して、アレルギーの予防や治療目的で飲むミルクではないんですね。

アレルギー用粉ミルクは、タンパク質をアレルギーが起こりにくい
形に変化させています。
しかし、その過程でビタミンが通常の粉ミルクよりも少なくなっています。

もちろん、アレルギー用粉ミルクしか飲めない赤ちゃんもいるのですが、
安易に選ぶべきミルクではない、ということを知っておきましょう。

粉ミルクを調乳するときのポイント

育児用粉ミルクを調乳するとき、国内の水を使ってますか?
国産の粉ミルクは、国産の水で調乳することを前提で作られています。

硬水と軟水、聞いたことがありますよね?

日本の水は軟水ですよね。

もし、外国産の硬水の水で国産ミルクを調乳してしまうと
ミネラルバランスが崩れてしまいます。
赤ちゃんの胃に負担がかかってしまい、吸収率が悪くなったり
喉の渇きが激しくなったりします。

絶対に、国産ミルクは国産の水で調乳してくださいね。

他にも、「粉ミルクを調乳するときは70度以上」
「2時間以内に飲まなかったミルクは捨てる」など、
慣れるまでは調乳に手間がかかってしまうこともありますよね。
ミルクを手早く冷ます方法や哺乳瓶のイチオシ消毒方法、
さらにミルクの温度が一目でわかる哺乳瓶など、
ミルク育児がラクになる方法を別の記事でご紹介しています。
あわせて読んでみてくださいね。

赤ちゃんのミルクの温度が一目でわかる不思議な哺乳瓶で育児がラクに

赤ちゃんを育てていく上で、ママはもちろん、
家族みんなで正しい知識をつけていきたいですね。

タイトルとURLをコピーしました