新生児の赤ちゃんのしゃっくりは放置OK!でも泣く場合はどうする?

ご機嫌な赤ちゃん 子育て

スポンサーリンク

新生児の赤ちゃんのお世話をしていると、
しゃっくりが多いことに気づきますよね。

赤ちゃんのしゃっくり、
そのまま放置しても大丈夫なの?

苦しそうだし、
早く止めてあげた方がいいのでは?
と悩んでしまうこと、ありませんか?

基本的には、赤ちゃんのしゃっくりは放置してもOK!
ほっといて自然に治まるのを待ってあげましょう。

しゃっくりは生理現象ですので、
赤ちゃん自身もさほど苦しさを感じてないんです。

と、わたしが持っている育児書に書いてありました。

念のため、区の健診のときに、
助産師さんにも聞いたのですが、
同様の回答でした!

わたしも二児の母なんですが、
二人ともしゃっくりが多かったです!

吐き戻さないかな?
眠そうなのに眠れなくてグズグズしてるな・・
と悩むこともありました。

赤ちゃんの機嫌が良ければ、
無理にしゃっくりを止めようと焦らなくても大丈夫ですが、
わたしのように寝かしつけは・・?
など悩んでしまった場合の対処法もいっしょにご紹介します。

スポンサーリンク

新生児の赤ちゃんのしゃっくりはほっとく!

新生児の赤ちゃんは、
ちょっとした刺激でしゃっくりが出てしまうものなんです。

大人と比べて体の機能はまだまだ未発達の段階。

しかも、ミルクや母乳を
飲むのもまだまだ上手ではありません。

ささいなことでしゃっくりが出てしまうものなんだ、
と割り切って、あまり神経質にならずに
付き合っていってくださいね。

しゃっくりは、
横隔膜(おうかくまく)がけいれんをして
起こりますね。

赤ちゃんが勢いよくミルクや母乳を飲むと、
一気に膨らんだ胃が
すぐ上にある横隔膜を刺激してしまい、
しゃっくりが出てしまいます。

ゴクゴク勢いよく飲むタイプの赤ちゃんは、
しゃっくりが出やすいようです。

じゃあ、ママが赤ちゃんのために
しゃっくりを抑えるために出来ることはないのか?
と思っちゃいますよね。

実は、2つの方法があります。

しゃっくりを減らす方法1

一つ目は、母乳の場合です。

乳房がパンパンに張っている状態で
授乳していませんか?

ガッツリ張っている状態で授乳すると、
母乳が勢いよく出てしまい、
赤ちゃんがむせてしまうことがあります。

授乳の間隔が空きすぎてしまうと、
乳房が張ってツラくなり、早く飲ませなきゃ!と
焦ってしまうと思います。

でも、そこをちょっとガマンして、
搾乳してから授乳してみてください。

パンパンに張っていると、
赤ちゃんも飲みづらいので
慌てずひと手間かけてから授乳してみてくださいね。

しゃっくりを減らす方法2

二つ目は、体を冷やさないようにすることです。

赤ちゃんは体が冷えて
体が縮こまっていると、
しゃっくりが出やすくなってしまうんです。

夏でも、エアコンや扇風機の風が
赤ちゃんに直接当たらないように、
特に足元はタオルなどで包んであげるといいですよ。

おむつも濡れていると
想像以上に体の体温を奪ってしまいます。

おむつは汚れたらこまめに
替えてあげるようにしてくださいね。

あまりにも赤ちゃんのしゃっくりが多くて、
毎回泣いてしまう、
しゃっくりを放置する余裕がない・・
なんていうママさん、しゃっくりの止め方4選を
別の記事でご紹介しています。

ぜひ、参考になさってみてください。

新生児のしゃっくりの止め方4選!大人と同じ止め方は絶対にNG!

新生児の赤ちゃんがしゃっくりで泣くときの対処法

新生児の赤ちゃんは、
しゃっくりをしてもさほど苦しさを感じていないのに、
泣いてしまう子もいます。

おそらく原因は、
眠いのにしゃっくりが出てしまい、
眠れなくてグズグズしているためです。

母乳のママであれば、
寝かしつけでもう一度、授乳してみてください。

母乳を飲むと意外と、
しゃっくりが止まることが多いんです。

大好きなママにくっついて安心すると、
そのまま気持ち良く寝てしまうと思いますよ。

ただ、万が一の吐き戻しが気になりますよね。

抱っこの場合も、布団で寝かせる場合も、
赤ちゃんの体ごと横にして寝かせると安心です。

また、赤ちゃんの体の下にバスタオルを敷いたり、
枕元に口拭きようのガーゼがあるとさらに良いですよ。

ミルクの赤ちゃんの場合、
しばらくたて抱きで様子をみてあげてください。

長時間の抱っこがツライ場合、
たて抱きができる抱っこ紐があると重宝しますよ。

ずっと家の中で赤ちゃんと
二人きりで向き合っているのも大変だと思いますので、
気分転換を兼ねて外出するのもいいと思いますよ!

赤ちゃんがしゃっくりしているときの授乳については、
別の記事でもご紹介しています。
あわせて読んでみてくださいね。

新生児の赤ちゃんのしゃっくり中は授乳OK!注意点も解説する体験談

新生児の赤ちゃんのしゃっくりはいつまで続く?

個人差はありますが、
3~4か月頃になると徐々にしゃっくりの頻度が減ってきて、
5~6か月頃には気ならなくなってきます。

体の成長とともに機能も発達しているので、
ちょっとした刺激でしゃっくりが出にくくなってくるんですね。

また、首や腰がすわってくると、
自分で上手にゲップを出せるようになってきます。

そうすると、胃の中の空気を出すことができて、
胃が横隔膜を圧迫することも減ってきます。

ただし、早食いタイプの赤ちゃんは
なかなかしゃっくりの頻度は減らないようです。

早食いすると一気に胃が膨らみますし、
空気もいっしょに飲み込んでしまいます。

離乳食をガツガツ食べてくれるのは嬉しいんですが、
丸のみしていないか?咀嚼の練習はしているか?
ママが見守って優しく声をかけるようにしてあげてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました