妊娠

妊娠

マタニティブルーで仕事を辞めたい!でもその前に考えて欲しいこと

マタニティブルー、ツライですよね…。 わたしも、初めての妊娠は不安で余計なことばかり考えて過ごしてました。 中でも、仕事によるストレスは気持ちだけじゃなく、体力的にもしんどいこともありますね。 わたしは通勤が辛くて、毎日「行きたくない…」と思ってました。 ですが、「母健連絡カード」を利用して時短勤務になってから、不思議とストレスが軽減され、産休まで仕事を続けることが出来たんです! わたしの場合、理解のある上司と先輩ママに救われました。 ただ、これはあくまでもわたしのパターン。 仕事が激務、人間関係が良くない、復職のイメージが湧かない!という方もたくさんいらっしゃると思います。
妊娠

妊娠退職したいのに辞めさせてくれない…大人な対応で円満に退職!

妊娠したから仕事を辞めたい!と考える女性もいらっしゃいますね。 理由はさまざまですが、妊娠期間はとっても大事な時期。 ママがリラックスして過ごせる環境を作るのは、重要ですね。 ところが、会社に引き留められたり、旦那さんの理解が得られず、なかなか辞められないとストレスになっちゃいますね! スムーズに退職する方法をご紹介します。 感情的にならず、冷静に、大人な対応で円満な退職を目指してみてくださいね!
妊娠

妊娠を機に仕事辞めたいけどお金ない…不安を払拭する制度をご紹介

妊娠をきっかけに仕事を辞めて、家事と育児に専念したい…!と考える女性もいらっしゃいますね。 選択肢があるのは、とってもいいことですね。 ですが、仕事を辞めることでどうしても気になるのがお金のこと。 旦那さまのお給料だけで生活できるのか? 生まれてくる赤ちゃんを養っていけるのか? どうしても考えちゃいますね。 まずは、知っておきたいお金の制度についてご紹介します。 知らないと損してしまいますので、きちんと確認して。 さらに、妊娠中でも出来る家計の見直し術もご紹介しますので、これでグンとお金の心配が減ると思います! 大切な時期だからこそ、しっかり向き合って判断して。
妊娠

妊娠を理由に仕事を辞めたいのは逃げなんかじゃない!無視してOK

妊娠すると、つわりの影響で吐き気や頭痛・めまいや倦怠感など、さまざまな症状があらわれますよね。 毎日体調不良を引きずったまま仕事をするのは、正直しんどいですね。 遅刻や早退、欠勤することに罪悪感を抱いてしまい、それがストレスになる妊婦さんもいらっしゃいます。 体力的にも精神的にもツライのなら、いっそのこと退職してしまおうかな?と思うのは自然な選択肢ですよね。 ですがなぜか、妊娠をきっかけに仕事を辞めるなんて逃げだ!と攻撃してくる人もいるんです。 でも、攻撃してくる人って本当は「羨ましい」っていう気持ちが根底にあるんです。
妊娠

産休前の仕事が終わらない!引き継ぎのストレスにを軽減するコツ

産休前に大きな仕事を振られてしまった。 繁忙期で残業が続いている。 後任者が決まらず、引き継ぎが終わってない…。 などなど、仕事が終わらないと不安だし、何より働きすぎは体力的にしんどいですよね。 さまざまな事情はあると思いますが、妊娠中の仕事はムリせず、セーブして欲しいな!と思います。 ・引き継ぎ資料をきちんと用意しておく ・主治医に相談する など、個人で対応できることもありますので、ぜひ、上手く活用してみて。
妊娠

産休育休が迷惑!仕事のしわ寄せを少しでも軽減して円満に休むコツ

産休育休に入るときは、仕事の引き継ぎをまわりのメンバーへする必要がありますね。 でも、人員が少なかったり、忙しい部署で仕事の引き継ぎをするのはとっても苦労しますね。 まわりも「あの人が産休に入るから、こっちに仕事のしわ寄せがきてしまった!」と感じてしまうことも。 たしかに、引き継ぐ人は一時的に仕事のボリュームが増えるため、さらに忙しくなっちゃいますよね。 でも、本来であれば産休育休に限らず、人員の入れ替えは多少あるのが会社ですよね。
妊娠

産休より前に休む方法3選!産休までしんどい期間はコレで乗り切った

できれば産休に早く入りたい!と思いますよね~。 妊娠中の仕事は想像以上に体力的にも精神的にもしんどいんですよね。 早く産休に入るためには、具体的に3つの方法があります ・有給休暇を使う ・医師に診断書を書いてもらう ・欠勤や休職を利用する わたしも二児の母で、二度の産休を経験したことがあるのですが、有給休暇を使って早めにお休みに入りました! さらに、つわりでしんどい時期は、時短勤務を利用して乗り越えました。
妊娠

つわりで仕事を休みすぎてしまった…罪悪感を軽減するために出来ること

つわりで仕事を休みすぎてしまうと、何となく次に出社するのが気まずいんですよね…。 さらに体調不良が続いてしまうと、職場のメンバーにも「またか…」と思われちゃうので、欠勤や遅刻も徐々にしづらくなってきますね…。 とはいえ、つわりなど妊娠中の体調不良をどこまでガマンして仕事に行けばいいのか? ムリし過ぎて何かあっては大変…!とも考えてしまいますよね。 わたしも二児の母で、二度の産休育休を経験したことがあるのですが、二人目の妊娠中はつわりがひどくて仕事に行くのが大変でした。 一人目の妊娠中とは異なり、有給もあまりない状況だったため、早めに産休に入ることもできず…。
妊娠

妊娠中期の仕事がしんどい行きたくない!早く産休に入る方法3つ

妊娠中は疲れやすいため、仕事に行くのは正直しんどいですよね。 妊娠中期=安定期、と思われがちですが、つわりの症状は人それぞれ。 たとえ吐き気などの症状は落ち着いてきても、中期になると寝不足・貧血・立ちくらみなどに悩まされる女性も。 妊娠中は体調第一!で過ごしたいですが、仕事をしてると難しいですね。 わたしも二度の産休育休を経験したことがあるのですが、思ったように体調が整わず、気持ちの浮き沈みも激しかったので、仕事はしんどかったです。 それでも、産休まで仕事を続けることができた方法がこちら。
妊娠

妊婦になったら仕事のサボり癖が付いてしまった!?決して怠けではない

妊娠初期は、つわりの症状で仕事に行くのがしんどいですよね。 ですが、吐き気などの症状が落ち着いて、安定期に入ったはずなのに、何となく眠い・ダルくて仕事に行きたくない…。 もしかして、わたしサボり癖が付いちゃったのかな!?と思いますよね。 ですが「倦怠感」も実は立派なつわりの症状。 「休みたい」と思う気持ちは、実は体からの大事なサインかも。 わたしも妊娠中はつわりが長く続いたため、仕事に行くのが本当に大変でした。
タイトルとURLをコピーしました