有酸素運動はキレイにダイエットできない!?筋肉と代謝の深い関係

ダイエット

スポンサーリンク

ダイエットをしようと思って、
手軽に始められるジョギングをする女性は多いのではないでしょうか?

走る時間さえ確保できれば、特別な道具は必要ないし、
ジムに通う必要もありませんよね。

でも実はわたし、昔から走るのが苦手なんです・・!
それに、毎日家事・育児に追われているママの場合、
ジョギングする時間を確保するのは難しいですね。

そんな運動が苦手・時間の確保も難しい・・
と悩んでいるママに朗報です!

キレイにダイエットするためには、
なんと有酸素運動よりも筋トレがいちばん!

筋トレだったら、一日30分、いや10分でもいいので時間があればOKです。
ジョギングよりも手軽で、さらに自宅トレーニングであれば
天候に左右されないことも嬉しいポイントですね。

筋トレをすると女性にとって嬉しい効果もいろいろ。

あなたも筋トレのコツを知れば、有酸素運動よりも筋トレをしよう!と思うはず。

筋肉の仕組みや、美しいボディを作るための秘密に迫ります・・!

スポンサーリンク

有酸素運動はダイエットには逆効果!筋肉の仕組みを知る

筋肉は主に水分・タンパク質・糖質で出来ています。
そのうちの7割が水分を占めています。

女性が大好きな岩盤浴・サウナ・ホットヨガ・半身浴など・・
たくさん汗を流すとデトックスやら何やらで、痩せた気分になりますね。

しかし、いくら外側から体をあたためても、
代謝はちっとも上がりません。

むしろ、サウナで汗を流し過ぎて、水分補給がじゅうぶんではないと、
筋肉は正常に働くなります。
そしてやがて、減り始めていきます。

1週間に90分以上、有酸素運動をすると筋肉に含まれている
タンパク質がエネルギーとして分解されてしまいます。
つまり、オーバーワークも筋肉を減らすことになってしまうんです。

筋肉が減ると、基礎代謝が落ちます。
基礎代謝とは、人間が普通に生活する中で自然に消費するエネルギーのこと。
基礎代謝は、1日のエネルギー消費のなんと7割も占めています。

間違ったダイエットを続けてしまうと、
筋肉が減り基礎代謝が落ちてしまいます。

ダイエットを止めた途端、体重はぐんぐん戻りリバウンドしてしまいます。

さらに筋肉が落ちると、姿勢も悪くなってしまい、
肩こりや腰痛も引き起こしてしまいます。

自分の体のためと思い、がんばって続けてきたダイエット法が、
こんな結果をもたらしてしまっては本末転倒です。悲しすぎますよね。

ジョギングだけでは理想のボディラインも手に入りません。
体重の割には体脂肪が減ってないダイエットは危険です。
お尻は垂れたまま、顔はぽっちゃりのまま・・という結果になってしまいます。

女性であれば、理想のボディラインってありますよね?
すらっとした伸びた背筋、くびれたお腹、上向きのヒップ。

「痩せる」だけが目的であれば、
摂取カロリーが消費カロリーを上回れば、体重は落ちます。

でも、多くの女性は「痩せてあの服を着たい」とか
「痩せてくびれがほしい」とかゴールイメージがあるはず。

「どんな自分になりたいか?」はダイエットをする上で
モチベーション維持にも欠かせないですね。

有酸素運動をダイエットに取り入れるなら?

何度も出てきた基礎代謝。
基礎代謝をアップさせることが、ダイエットには必要不可欠です。
そして、基礎代謝アップのカギは筋肉量を増やすことです。

筋肉は、正しい姿勢を維持するためにも必要ですね。

正しい筋トレと食生活の改善がダイエット成功へのカギです。

しかし、筋トレと食事に気を付けていても、
小柄でデスクワークが多い女性だと痩せにくい場合があるんです。

その場合、有酸素運動で消費カロリーアップを目指します。

筋トレは継続して行い、有酸素運動をプラスアルファで取り入れます。
ジョギングや水泳、ウォーキングにダンスなど、
自分が楽しめるものがオススメです。

あくまでも有酸素運動は補助と考え、あまり効果を期待し過ぎないことがポイントです。

有酸素運動よりもダイエット効果が期待できるのは筋トレ

筋トレで筋肉量を増やして、基礎代謝がアップすれば
脂肪をラクにガッツリ落とすことができます。

筋トレと言うと、抵抗がある女性も多いかもしれませんね。
男性のようにムキムキになるのはイヤだし、
運動が苦手で筋トレなんてやったことがないから分からない・・と。

女性は男性に比べ、筋肉が付きづらいので、
筋トレをしたからすぐにムキムキになるとは限りません。

大事なのは、女性らしいボディラインを作るために、
鍛えるべき筋肉と、鍛えなくてもいい筋肉を知ること。

ポイントは背中・お腹・お尻の3か所

背中の筋肉を鍛えると、すらっと美しい後ろ姿に。
また、姿勢も正しくなり胸は自然に引きあがります。
縮んでいたわき腹が伸び、くびれができます。
さらに、首が伸びるので小顔も期待できちゃいます。

お腹は上半身と下半身をつなぐ中心の部分。
腹筋を鍛えると、体の軸が安定します。

お尻の筋肉を鍛えると、下半身から全身へ
体の使い方が変わってきます。

この3か所が引き締まっていると、美しいボディラインが作れます。

逆に、鍛えなくてもいい筋肉は、
肩まわり・二の腕・太ももの前側

肩まわりや二の腕「力こぶ」がたくましいと女性らいしい印象は薄れてしまいますね。

太ももの前側は、筋肉が少ない人ほど使いすぎている傾向が。
筋肉は使わなければ落ちるので、太ももで悩んでる人は
日常の生活で使わないように工夫してみてください。

他にも、ふくらはぎの筋肉が発達している人は、
ハイヒールを履く頻度を減らしてみてください。

ピンポイントで鍛えるべき筋肉を鍛え、
鍛えなくてもいい筋肉は刺激しないことで、理想の体型に近づけます。

タイトルとURLをコピーしました