母乳が出ない…初産で授乳の時間が苦痛ならムリしなくて大丈夫

ミルクを飲む赤ちゃん 母乳

スポンサーリンク

初めての出産、母乳が出るようになるまで苦労するんですよね。

わたしも、授乳がこんなに痛いとは思いませんでした!

産後のダメージも想像以上なのに、赤ちゃんのお世話があるからずっと寝てるわけにはいかない…。

わたし自身、混合から完母へ移行するまで4か月かかりました!

でも、育児を振り返ると完母にこだわり過ぎなくてもよかったかな…と思います。

母乳育児はメリットばかりではないんです。

  • 母乳トラブルが大変
  • ママが風邪をひくとピンチ
  • 人に預けにくい

それに、ミルク育児でも赤ちゃんはスクスクと成長します!

赤ちゃんも大事ですが、ママ自身の心と体も大切にして欲しいなと思います。

スポンサーリンク

母乳が出なくて辛かった初産

新生児の赤ちゃん

初めての授乳って、とにかく痛い!

産後のダメージがまだ癒えていない状態の体で、あの授乳の姿勢を保つのも意外としんどいんですよね。

さらに、赤ちゃんもまだまだ吸うのが下手っぴ。

浅い吸いつきになると、さらに授乳が痛くなってしまいます…。

授乳がこんなに大変なものだとは思いませんでした。

母乳がきちんと出るようになるまで「とにかく頻回授乳を!」と指導されるんですよね。

わたしも産院が母乳推奨だったため、授乳の仕方をガッツリ入院中に指導して頂きました。

質問にも丁寧に答えて下さって、「よし、退院しても母乳育児がんばろう!」と思えたんです。

でも、母乳トラブルには本当に悩まされました。

  • 退院してすぐ乳腺炎を経験
  • 痛くて泣きながら授乳する
  • 母乳の張りと赤ちゃんの吸われるのが痛い
  • 完母になったのは産後4か月

入院中は助産師さんたちのアドバイスや手助けのおかげで、少しずつ母乳が出るようになっていたんです。

退院して数日後には母乳で張って痛いほどに…!

当時は授乳に関する知識も浅く、母乳の飲み残しがあったようで、即乳腺炎に。

発熱と頭痛、寝不足と産後のダメージで、フラッフラでした…。

それでもわたしの場合、

  • 実母が手伝いに来てくれていた
  • 産後1週間健診があった
  • 自治体の助産師さんに訪問してもらった

など、まわりの人の協力があったからこそ、母乳育児に専念して母乳のことを知ることが出来ました。

産後の手助けがなかったら、とっくに母乳育児を諦めていたと思います。

母乳が出ない人の割合とは?

割合

母乳育児が辛い…けど、産後たった数日~数か月なのに、早々に母乳育児を諦めてしまってもいいの?

赤ちゃんのことを考えると、やっぱり母乳がいいよね?

とはいえ、やっぱり母乳育児に自信が持てない…

とグルグルと悩んでしまうこと、あると思います。

母乳が出ないのは、もしかして自分だけなのでは?と思うと不安ですね。

こんなデータを見つけました。

母乳のみ(37.3%)
母乳とミルクの混合(56.9%)
粉ミルクのみ(5.9%)

マイナビニュース「完全母乳は半数以下 – ママたちが粉ミルクを使う理由」より引用

実は、母乳育児をしたくても、母乳が出ない!という人は一定数いらっしゃるんです。

わたしが産院でお世話になった助産師さんは「母乳が出なかった」とおっしゃってました。

知識も経験もあっても、どうにもならないこともあるんですね。

とてもお辛い経験だったと思うのですが、それでも新米ママたちのために、自分の体験を語ってくれた助産師さんには感謝の気持ちでいっぱいです。

わたしのいとこは、二人目育児は最初から完全ミルクでした!

理由は、上の子が「寝ない」赤ちゃんで苦労したから。

一晩中抱っこで、さらに癇癪持ちで…はたから見ていても、かなり大変な子でした。

わたしの知り合いや友人だけでも、意外とミルク育児のママはいます!

母乳育児にこだわり過ぎないで

ミルクを飲む赤ちゃん

わたしは二人の子供が完母でしたが、母乳育児のメリットといえば、これぐらいです。

  • すぐに授乳できる
  • ミルク代がかからない
  • 哺乳瓶の消毒が不要
  • 出かけるときの荷物が少ない

あとは、母乳育児の子は風邪をひきにくい!と言われていますよね。

保育園を考えているママにとっては大事なことですね。

けど、完母で育てていても、保育園に入ると風邪をひきます!

うちの下の子は、1歳5か月で入園。

保育園に入園したあとも、数か月は母乳を飲んでいました。

が、見事に風邪をもらってきましたよ!

完母はメリットばかり注目されがちですが、当然デメリットもあるんです。

  • 母乳トラブルが大変
  • ママが風邪をひくとピンチ
  • 人に預けにくい

授乳中は、常に乳腺炎や乳口炎などのトラブルが付きまといます。

「母乳育児はミルク育児より経済的」というのも、ウソです。

だって、母乳トラブルで産院や母乳外来で診察を受けたら、お金がかかります。

さらに、ママが風邪をひくと薬も飲めないため、本当に辛いです。

わたしは下の子が産後2か月のとき、インフルエンザにかかりました…!

すでに完母で、ミルク拒否!の子だったんです。

パパが一晩中、泣くわが子を抱っこであやして…ホント、一家全員がピンチに陥りました。

ミルクを飲めれば、0歳で保育園デビューしても安心ですし、比較的卒乳もしやすいそうです。

もちろん、ママの理想の育児の仕方はあるかもしれませんが、完母にこだわり過ぎなくても大丈夫です。

ミルクでも、スクスク大きくなりますよ。

まとめ

母乳推奨の産院も増えているため「母乳で育てなきゃ!」と思ってしまうんですよね。

もちろん、母乳育児にはメリットもたくさん。

でも、いざスタートしてみると母乳育児は辛いこともたくさん。

ママが母乳育児が辛い、全然楽しめない…と思うのなら、ミルクを足してOKです!

赤ちゃんの成長も大切ですが、ママ自身の心と体も大切にして欲しいな、と思います。

▼関連記事▼

母乳が出なくなった時の復活方法4選|真面目なママほど陥りやすい?

スポンサーリンク

この記事を書いた人
りんご

園児と小学生の子供2人がいるフリーランス主婦です。
基本、ズボラな性格なので家事の手抜きは得意!
育児・家事ストレスは溜めずに、日々のプチリフレッシュでのんびり穏やかに過ごしています。
マンガやアニメ・コーヒーが好き。いつか猫と暮らすのが夢です。

りんごをフォローする
母乳
りんごをフォローする
cocomama研究室

コメント

タイトルとURLをコピーしました