裏磐梯で五色沼の不思議なブルーと紅葉を満喫!気になる混雑状況も

福島

スポンサーリンク

福島県の裏磐梯(うらばんだい)の紅葉情報です。

裏磐梯の周辺には、湖・沼・渓谷が点在しており、
さまざまな景観での紅葉を楽しめる絶景のスポットです。

中でも、五色沼は代表的な紅葉スポット。

季節や天候、見る角度によって沼の色が変化する神秘的なスポットです。

他にも、中津川渓谷という紅葉の絶景スポットや、
ロープフェイで空中から紅葉を満喫できるスポットなど、
裏磐梯周辺はさまざまな紅葉の姿をみることができる珍しいスポットでもあるんです。

ぜひ、あなただけの紅葉コースをみつけて、
爽やかな秋と絶景を満喫してみてくださいね。

スポンサーリンク

裏磐梯五色沼の紅葉の見頃時期は

まずは、裏磐梯周辺の紅葉の見頃時期です。

裏磐梯周辺の紅葉は、例年10月上旬から色づき始め、
10月中旬~下旬に見ごろを迎えます。

例年の色づき始め 10月上旬
例年の紅葉の見頃時期 10月中旬~下旬
紅葉する木の種類 カエデ、ウルシ、モミジなど

裏磐梯の絶景紅葉ドライブ

磐梯吾妻レークラインからの紅葉の眺め

裏磐梯で紅葉ドライブを楽しむなら、「磐梯吾妻レークライン」は外せません!

磐梯山周辺には、磐梯吾妻スカイライン・磐梯吾妻レークライン・磐梯山ゴールドラインの
3つの観光道路があるのですが、中でもレークラインは紅葉の名所が点在しているんです。

磐梯吾妻レークラインは、その名の通り、
磐梯山の噴火によってできた磐梯三湖と呼ばれる秋元湖、小野川湖、桧原湖を臨むことができます。

全長は13.1キロ。

道中、「三湖パラダイス」「涼風峠」などの展望スポットもありますので、
ぜひ、駐車スペースに車を停めて絶景を堪能してくださいね。

そして、最大の紅葉スポットは「中津川渓谷」。
紅葉の季節には、多くのカメラマンが訪れるほどの、絶景ポイントなんです。

中津川渓谷は、磐梯吾妻レークラインのほぼ中間地点にあります。
中津川渓谷への行き方は、中津川レストハウスから森の中にある遊歩道を通って、
徒歩で10分ほどのところです。

紅葉シーズンはもちろん、新緑のシーズンも深い緑に覆われて
森林浴を満喫することができます。

渓谷を流れる勢い溢れる川の音にも、注目してみてくださいね。

裏磐梯の紅葉をロープウェイで満喫

裏磐梯の紅葉は、ロープウェイでも楽しめるんです。

グランデコリゾートからロープフェイに乗れば、
空中から紅葉の絶景を楽しめちゃうんです。

しかも、ロープウェイでたどり着いた山頂には、
足湯・展望台・レストランなどがあり、山頂でもゆったりとした時間を過ごせます。

特に、レストランでの水出コーヒーやピザは絶品です。

もちろん、山頂からの景色も絶景で、
紅葉×磐梯山、猪苗代湖まで臨めます。

ロープフェイまでのアクセス・料金

・車でのアクセス

常磐自動車道「猪苗代磐梯高原IC」から約30分

・電車&バスでのアクセス

JR「猪苗代駅」からシャトルバスで約35分

※シャトルバスは無料・要予約(予約は前日の17時まで)

・ロープウェイの料金

<往復>中学生以上1,700円/4歳~小学生1,300円
<片道>中学生以上1,300円/4歳~小学生1,000円

その他、ロープフェイの運行スケジュールや運行時間などは、
公式サイトにてご確認ください。

ロープウェイ | グランデコリゾート
自然をもっと楽しもう。グランデコで大自然を感じよう。

裏磐梯五色沼の紅葉の混雑状況

磐梯山の五色沼といえば、紅葉の絶景スポットです。

ただ、言わずと知れた紅葉スポットのため、混雑は避けられません。

特に、紅葉の見頃のピークには、周辺の道路は大混雑しますので、
個人的にはバスでのアクセスがおすすめです。

どうしても車で・・!という方は、平日に行くのがおすすめです。
休日にお出かけする場合は、早朝に出かけるしか、混雑を避ける方法はありません。

ただ、駐車場は24時間無料で開放されていますので、
早朝でも安心して停めることができます。

五色沼へのアクセス方法

バス

JR「猪苗代駅」からバスに乗り約30分。
「裏磐梯高原駅」バス停で下車、徒歩で5分ほどです。

磐越自動車道「猪苗代磐梯高原IC」から約20分

無料の駐車場が2か所あります。

  • 裏磐梯ビジターセンター駐車場(60台)/最寄バス停・五色沼入口
  • 裏磐梯高原駅駐車場(60台)/最寄バス停・裏磐梯高原駅

<問い合わせ先>
裏磐梯観光協会:0241-32-2349
裏磐梯ビジターセンター:0241-32-2850

五色沼の紅葉は散策がおすすめ

五色沼には「五色沼自然探勝路」というトレッキングコースがあります。

全長3.6キロ、所要時間は80分ほどの散策コースです。

「五色沼自然探勝路」への入り口は2か所あります。

  • 「猪苗代磐梯高原IC」方面からは「五色沼入口」
  • 「喜多方」「桧原湖」方面からは「裏磐梯高原駅」

どちらからスタートしても楽しめます。
帰りは、路線バスを有効活用して戻りましょう。

ただし、運行本数には限りがありますので、事前に時刻表を確認してくださいね。

乗り遅れにご注意ください!

磐梯東都バスのホームページはこちら
http://www.totobus.co.jp/bandai/timetable.html

五色沼は、見る時期・天候・時間帯・角度によっても
見える色が異なります。

さまざまな色が織りなす自然の不思議な風景と、
紅葉とのコラボレーションはまさに絶景です。

ぜひ、動きやすい服装・歩きやすい靴で出かけて
トレッキングに挑戦してみてくださいね。

裏磐梯五色沼周辺の観光スポット

せっかく裏磐梯周辺まで足を延ばしたなら、紅葉以外の
観光やグルメも楽しみたいですね。

諸橋近代美術館

磐梯山を臨む、絶好のロケーションにある美術館です。美しい庭園も見所。

アジア最大のサルヴァドール・ダリの美術館として知られています。

●諸橋近代美術館の基本情報

<所在地>
〒969-2701
福島県耶麻郡北塩原村大字桧原字剣ヶ峯1093番23
TEL.0241-37-1088/FAX.0241-32-3332

<開館時間>
午前9時30分~午後5時30分
※11月は午後5時の閉館
※入館は閉館時間の30分前

<観覧料>
一般:900円
高校生・大学生:500円
中学生以下は無料

その他、休館日やイベントについては、公式サイトをご確認ください。
「インターネット割引券」も掲載されています。
https://dali.jp/

<レストラン>イル・レガーロ(イタリアン)

裏磐梯・五色沼入口にあるホテル&リストランテです。

大きな窓からは磐梯山が臨める他、地元の食材をふんだんに使った料理が自慢。

ただし、紅葉の時期などの観光シーズンは混雑していますので、
早めの入店or時間に余裕を持って行ってみてくださいね。

<住所>
福島県耶麻郡北塩原村裏磐梯五色沼入口1093

<アクセス>
磐越道猪苗代磐梯高原ICより裏磐梯五色沼方面へ車で15分(ENEOSの手前)

<営業時間>
ランチタイム 11:30~14:30(LO)
ディナータイム 17:30~20:00 (LO)

<定休日>
火曜日 ※その他不定休有

<問い合わせ先>
050-5592-1300

詳細は、食べログをご確認ください。
https://tabelog.com/fukushima/A0705/A070502/7000450/

<カフェ・喫茶>裏磐梯高原ホテル「ティーラウンジ」

ホテルのカフェですが、宿泊者以外でも気軽に立ち寄って
カフェを楽しむことができます。

価格は、ホテル価格ですが、
サービスは満点、ラウンジの雰囲気も良くゆったり過ごすことができますので、
裏磐梯の締めくくりにおすすめのカフェです。

ティーラウンジ 裏磐梯高原ホテル (北塩原村その他/カフェ)
★★★☆☆3.07 ■予算(昼):~¥999

<カフェ・喫茶>裏磐梯レイクリゾート「裏磐梯カフェ」

木を基調とした、カジュアルな雰囲気のカフェです。

パスタやパンなどの軽食もいただけます。

五色沼の柳沼口からは徒歩2分ほどですので、
散策で疲れたら一休みにはぴったりのカフェです。

裏磐梯カフェ (北塩原村その他/カフェ)
★★★☆☆3.05 ■予算(昼):~¥999

裏磐梯休暇村で手ぶらでキャンプ

「裏磐梯休暇村」では、キャンプを手軽に楽しむことができます。

常設テントに、バーベキューセットも付いているので、
キャンプ用品がなくても、キャンプを楽しむことが出来るんです。

さらに、本館の温泉も利用できますので、お風呂の心配も要りません♪

もちろん、雄大な磐梯山を臨むことができますので、
紅葉を満喫することもできます。

他にも、敷地内には小川が流れているので、川遊びを楽しんだり、
夜には満点の星空を眺めたり。

さらに、日替わりでサイクリング・トレッキング・カヌー・登山など、
多彩なアクティビティを体験することもできるんです。

夏のキャンプもいいですが、爽やかな秋を感じながらのキャンプも
気持ちいいですね。

詳細は、公式サイをご確認ください。
https://www.qkamura.or.jp/bandai/camp/

タイトルとURLをコピーしました