栗駒山の絶景紅葉ドライブ!温泉露天風呂からのパノラマビューも紹介

岩手

スポンサーリンク

岩手・宮城・秋田の三県にまたがる栗駒山の紅葉情報です。

栗駒山の紅葉は、9月中旬から色づき始め、
例年9月下旬から10月中旬に見ごろをむかえます。

東北の中でも、いち早く紅葉を楽しめるスポットです。

栗駒山へは、岩手県の一ノ関からのアクセスが便利です。

一ノ関からはバスで90分、
東北自動車道の一関ICからは車で60分ほどです。

また、栗駒山を車で一周できるドライブコースもありますので、
気軽に紅葉狩りを楽しむことができます。

さらに、間近で紅葉を楽しみたいなら、
栗駒山のいわかがみ平からの登山コースもおすすめです。

絶景の温泉施設もありますので、紅葉×露天風呂という贅沢な楽しみ方もできます。

栗駒山の紅葉を徹底リサーチしましたので、
ぜひ、自分だけの紅葉コースの計画を立ててお出かけくださいね。

スポンサーリンク

栗駒山の紅葉ドライブコース

栗駒山の紅葉を、ドライブで楽しむコースがあります。

国道342号→秋田県道282号→国道398号を使って、
栗駒山をぐるっと一周することができます。

ドライブコースからは、栗駒山の紅葉を下から眺めることができますよ。

また、「須川温泉」や「栗駒山荘」などの温泉施設も通りますので、
日帰り入浴で立ち寄るのもおすすめです。

ただし、紅葉の時期は混雑が予想されますので、
時間に余裕を持っておでかけくださいね。

栗駒山の紅葉を間近で感じる登山コース

栗駒山の紅葉を間近で満喫するなら、登山がおすすめです。

登山道は整備されているため、登山の初心者や子供連れの家族でも
登ることが出来る、比較的易しい登山コースです。

特に、岩手県側の「いわかがみ平」または秋田県側の「須川高原温泉」からの
登山コースが初心者向きです。

いわかがみ平の駐車場&登山コース

駐車料金は無料で利用できますが、
紅葉シーズンは土日を中心に満車になってしまいます。

ただし、満車になってしまっても、臨時の駐車場が解放されます。
さらに、そこからは無料のシャトルバスに乗り換えていわかがみ平を
目指すことができますので、係員の指示に従って行動してくださいね。

いわかがみ平には、レストハウスがありますので、
トイレ休憩や軽食をとることもできます。

いわかがみ平からの登山コースは2つ。

  • 中央コース(山頂まで90分)
  • 東栗駒コース(山頂まで120分)

初心者や子供連れの家族には、断然中央コースのほうがおすすめです。

石畳などで歩道が整備されており、
山頂へも最短コースですので、気持ち良く紅葉を楽しみながら歩くことが出来ます。

一方、栗駒山コースは沢登りをするコースです。
中央コースに比べると、しっかりとした準備が必要ですが、
雄大な自然をより一層楽しめるコースです。

須川高原温泉の駐車場&登山コース

  • 須川高原温泉コース(90分)

その名の通り、登山口のすぐ近くに須川温泉があります。

いわかがみ平とはまた違った姿を見せてくれます。
火山地帯である栗駒山のカルデラなどを臨めます。

ただし、いわかがみ平に比べると、少し難易度が高いため、
初心者やファミリー登山の方は、ご注意くださいね。

栗駒山の紅葉の見頃は9月中旬~10月中旬

例年の色づき始め 9月中旬
例年の紅葉見頃 9月中旬~10月中旬
紅葉する木の種類 ナナカマド、カエデ、ブナ、ミズナラ

ただし、栗駒山の紅葉は範囲が広く、標高差もあるため、
山頂とふもとでは、紅葉の見頃の時期が若干異なります。

山頂付近が9月中旬から下旬、
いわかがみ平付近が9月下旬から10月上旬、
ハイルザーム栗駒付近が10月中旬から下旬ころです。

栗駒山周辺の温泉情報

栗駒山の周辺には、大きく4つの温泉施設があります。

宿泊はもちろん、日帰り入浴も可能ですので
登山や散策で疲れた体を癒すことができます。

須川高原温泉

facebook/須川高原温泉より引用

宿泊も日帰り入浴も楽しめる施設です。
タイミングがあえば、大露天風呂から紅葉を臨むこともできます。

食堂や売店、大広間などもありますので、
食事&休憩もできます。

<営業時間>大露天風呂(大日湯)6時~21時/大浴場(内風呂)9時~16時

<料金>日帰り:大人600円小人300円/

須川高原温泉【公式サイト】
岩手県一関市にある癒しの宿 須川高原温泉。岩手、宮城、秋田の3県にまたがる栗駒山の中腹にある温泉です。圧巻の景色が広がるロケーション。大自然の息吹を感じる、感動的な雲上の世界。4つの湯で楽しむ須川温泉。心をほどき、癒しの時間をお過ごし下さい。皆様のご来館を心よりお待ちいたしております。

新湯温泉くりこま荘

facebook/新湯温泉くりこま荘より引用

宿泊も日帰り入浴も楽しめる施設です。

1720年に開湯され、栗駒五湯の中でも「幻の湯」とされてきた秘湯。
源泉は裏掛コース登山口に位置し、昔から参拝登山者の疲れを癒したと知られる秘湯です。

●日帰り温泉、ご休憩
<入浴料金/回>500円/子ども 300円
<入浴時間>10:00~15:00
<休憩>広間(944円/人)/個室(3,400円/2人1室ご利用の場合)

宮城県栗駒山と世界遺産「平泉」の秘話 秘湯の宿・新湯温泉 くりこま荘
宮城県栗駒山と世界遺産「平泉」の秘話 秘湯の宿・新湯温泉 くりこま荘

ハイルザーム栗駒

発見されてから380年の古い歴史があります。

温泉の他、レストラン・アトラクションプール・サウナ・コテージなどが
完備されている複合施設です。

家族そろって楽しむことができます。

<温泉・プールの入館料>

  • おとな 850円/こども 650円
  • 夕方券 (15:00~18:00) おとな 650円/こども 550円

<営業時間>10:00~18:00

ハイルザーム栗駒
栗駒山の麓にあり、アトラクションプールも併設し、流水プールやサウナ、コテージを完備している、滞在型の健康増進施設です。

栗駒山荘

栗駒山の大自然を見渡せるパノラマ露天風呂が絶景。
夜になると、満点の星空を眺めながら温泉を楽しむこともできます。

●日帰り・立ち寄り
<料金>大人700円/小学生350円(1回入浴の料金)

<営業時間>午前 9:00 ~ 午後4:00
※水不足で時間が短縮される場合もあります。

須川温泉 栗駒山荘
源泉かけ流し 絶景のいで湯

栗駒山アクセスは電車&バス、または車で

電車&バスでの栗駒山へのアクセス方法

JR「一ノ関駅」にて下車、須川高原温泉行きのバスにて90分ほどです。

紅葉の時期は、土日を中心に混雑が予想されますので、
車の渋滞を避けるなら、公共の交通機関の利用がスムーズです。

ただし、運行本数や運行の時期には限りがありますので、
必ず公式サイトでご確認の上、お出かけください。

紅葉の時期はミヤコーバス「紅葉号」が臨時で運行されます。

宮城交通
http://www.miyakou.co.jp/cms/news/desc/2/

車での栗駒山へのアクセス方法

東北自動車道「一関IC」からは車で約60分ほどです。

ドライブで紅葉を楽しみたい方や、
いわかがみ平からの登山を楽しみたい方、宿泊も検討されている方は、
やはり車でのアクセスが便利です。

東京から栗駒山へのアクセス方法

東京から栗駒山を目指す場合、車の場合は東北自動車道のほうが
個人的にはおすすめです。

常磐自動車道を利用するルートもあるのですが、
東北自動車道の方が車線が多く、走りやすいイメージです。

新幹線を利用する場合、JR一ノ関駅は新幹線が停車する駅ですので、
東京からのアクセスも便利です。

東北新幹線のこまち、またははやぶさを利用することになります。

新幹線下車後、栗駒山のドライブを楽しみたい方は、
駅前にいくつかレンタカーの営業所がありますので、手軽にレンタルもできます。

栗駒山の紅葉はいわかがみ平が人気

栗駒山の中心地ともいえる、いわかがみ平へは
岩手県側の一関方面からのアクセスが便利です。

無料の駐車場が完備されていますので、車でのアクセスも便利です。

土日を中心に、紅葉の時期は駐車場が満車になってしまう場合があるのですが、
その場合はふもとの臨時駐車場が解放されます。

臨時駐車場からは、無料のシャトルバスが運行されますので、
いわかがみ平までアクセスすることができます。

いわかがみ平には、レストハウスがあり、
軽食やトイレ休憩も可能です。

ただし、天候によって栗駒山の周辺は交通規制がある場合がありますので、
最新の情報をお確かめの上、お出かけくださいね。

タイトルとURLをコピーしました