母の日は祖母にもプレゼントすべき?気になる正解の対処法とは?

季節行事

スポンサーリンク

母の日のプレゼント、母へのプレゼントは考えているけど、
祖母にもプレゼント贈ったほうがいいのか?
悩んでしまうこと、ありますよね。

  • 母と祖母が同居している
  • 年寄扱いされるのがイヤ
  • 母の日に祖母へ贈らなかったら不機嫌になってしまった

このような祖母には、母の日のプレゼントを渡した方が得策です!

母の日にプレゼントを贈るかわり、
敬老の日は贈らない、というのも一つの方法ですよ。

ただ、祖母の好みって、ちょっとわからなくて
プレゼント選びに困ってしまいますよね。

そんなときでもおすすめの祖母への母の日のプレゼントを
ご紹介しています。

スポンサーリンク

母の日に祖母へのおすすめプレゼント4選

母に聞く

祖母が遠方に住んでおり、
なかなかリサーチできないときは、
同居している母に聞くのがいちばん!

きっと、アドバイスをしてくれるはずです。

また、「母の日にはおばあちゃんへのプレゼントも贈るから」
と伝えておけば、受け取りもスムーズです。

定番のお花

お花をもらってイヤな気持ちになる女性は
いないのではないでしょうか?

母にも、祖母にも、お花を贈ればプレゼント選びに
悩まずに済みますよね。

みんなで食べられるスイーツ

「みんなで食べてね」とまとめてスイーツを
贈っちゃうのもおすすめです。

普段、自分では買わないような
高級なお菓子、お取り寄せスイーツなど
きっと喜んでもらえるはずです。

季節もの

母の日は、季節的にこれから夏に役立ちそうな
アイテムを贈るのもおすすめです。

  • 日焼け止めクリーム
  • 上質なハンカチ
  • 日傘
  • UVカットの羽織もの

せっかくプレゼントを贈ったのに、
もし、使ってくれなかったら悲しいですからね。

季節もののプレゼントであれば、
すぐに活躍するので、きっと使ってくれるはず。

また、日焼け止めクリームのような消耗品や、
上質なハンカチなど、何枚あっても嬉しいものも
プレゼントとしてはおすすめです。

母の日に義祖母にもプレゼント贈るべき?

自分の父方・母方への祖母に母の日を渡す場合、
義祖母にも贈ったほうがいいかな?

と考えてしまう場合も、ありますよね。

結婚すると、親戚関係がグンと広がりますからね~。

基本的に、母の日は実母・義母までで構いません!

義理の祖母のことまで気にしていたら
手間もお金もかかってしまいますよね。

ですが、義母と義祖母が同居している場合、
やはりちょっと気になってしまいますよね。

そんなときは、無難にスイーツの詰め合わせに
しちゃうのがおすすめ!

これなら、「みなさんで食べてくださいね」と
贈ることができます!

どうしても気になる場合は、
ちょっとしたプチギフトをプラスするのもアリです。

ハンカチとか、ミニブーケとかですね。

気にしすぎもよくないと思うのですが、
どうしても悶々としてしまう方は
プチギフトを贈ってスッキリしましょう!

母の日に祖母にもプレゼントを贈るときの注意点

肝心の母よりも、祖母へのプレゼントが高価にならないよう、
気を付けてくださいね。

色違いの同じフラワーアレンジメント、
みんなで食べられるお菓子の詰め合わせなどがおすすめです。

他にも、高齢の方には避けたい贈り物もあります。

  • 杖や補聴器、老眼鏡など年寄扱いされるもの
  • 櫛(クシ)は「苦=9」「死=4」を連想させるためNG
  • お茶は香典返しによく使われるのでNG

つまり、老いを感じさせるようなモノ、
必要以上に高齢者扱いするようなモノは
かえって失礼になってしまう場合もあります。

母の日のプレゼント祖母へ贈りたいけど断られた場合

母の日のプレゼントは、やはりあくまでも
実母や義母へ日頃の感謝を伝える物。

祖母は、母ではありませんので、
もし「贈らなくてもいいよ」と言われた場合は
素直に従いましょう。

どうしても何かプレゼントしたい!

そんなときは、誕生日でも敬老の日でも
クリスマスでもお正月でもいいんです。

お中元やお歳暮もあります。

プレゼントを贈るタイミングって、
1年の中で意外と何度もありますので
母の日にこだわりすぎなくても大丈夫です。

母の日に祖母へもプレゼントを贈る?まとめ

特別な理由がない場合は、
ムリに母の日に祖母へも贈らなくても大丈夫です。

  • 同居している
  • 年寄扱いされたくない
  • 母の日に祖母へ贈らなかったら不機嫌になってしまった

いつでも自分をいちばんに考えて欲しい!
そんな方もいますからね。

あとから文句を言われたり、
グチグチ不満を漏らされてしまっては面倒ですので、
そんな方にはプレゼントを贈ってしまった方がラクです。

各ご家庭の事情や、祖母の性格にあわせて
柔軟に対応してみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました