角館武家屋敷の散策で立ち寄りたい名品スイーツ!地図付きでご紹介

秋田

スポンサーリンク

角館の武家屋敷は桜・紅葉の季節にはたくさんの人が訪れる人気の観光スポット。

桜・紅葉の時期以外でも、武家屋敷や資料館などがあり風情のある景色を楽しみながら散策できます。

そんな角館エリアに訪れたら必ず立ち寄りたいのがスイーツを味わえるカフェや甘味処。
桜を一望できるカフェ、レトロな雰囲気が漂うカフェや、秋田銘菓のスイーツなどなど、
地図付きでご紹介していきます。

きっと立ち寄りたいと思うカフェが見つかるはず。

スポンサーリンク

角館観光で桜や紅葉を眺めながらスイーツを頂けるカフェ

ねずねこの大正ロマン漂うアンティーク雑貨&こだわりコーヒー

古民家を改装して建てられたカフェです。

オーナーが集めたアンティーク雑貨が所狭しと並べられており、
雑貨がいい雰囲気を醸し出しています。

もちろんコーヒーもこだわりがありネルドリップという製法で
昭和50年代のコーヒーを再現しているんです。

武家屋敷の通り沿いにある喫茶店ですので、アクセスは抜群。
桜や紅葉の季節には、店内から鑑賞することができます。

プチフレーズで桜を眺めながらスイーツを頂く

桜の季節には桧木内川堤の桜並木を一望できます。

1階は洋菓子店、2階が喫茶スペースになっています。
2階を利用する場合は、そのまま上に上がってくださいね。

洋菓子店ですので、ケーキセットのメニューが充実しています。
こちらも、「西明寺栗」を使ったモンブランをいただけます。

他にも、果物がたくさん乗ったフルーツパフェなどもあります。

小京都・角館の情緒溢れる気分を盛り上げる和スイーツ&甘味処

西宮家 母屋(にしのみやけ おもや)で和スイーツをいただく


明治に建てられたお屋敷です。

お座敷で抹茶と和スイーツをいただけます。
座敷って、なぜだかほっこり落ち着きますよね~。
疲れた体に優しい甘さの和スイーツと抹茶が染み渡ります。

座敷も、囲炉裏部屋・奥座敷・中座敷・二階座敷と4種類のお部屋があります。
また、窓からは武家屋敷の景色を楽しむこともできるんです。

母屋のほか、5つの蔵があり自由に見て回ることができます。

他にも、ハイカラさん体験というのも行っていて、
ハイカラさんの衣装を着ることができます。
(一人2000円、要予約)

和スイーツに蔵めぐり、さらにハイカラさん体験までと
ついつい長居してしまいそうなカフェです。

くら吉・甘味茶房の秋田銘菓スイーツのお土産&お茶で休憩

秋田銘菓「もろこし」の専門店でもあるくら吉さん。
秋田駅や秋田空港でも、くら吉のもろこしのお土産はよく見かけます。

正直、もろこしは苦手だったんですが、「生もろこし」は大好きです。
上品な甘さでしっとりした食感がトリコになります。

2階に喫茶スペースがありますので、生もろこしや西明寺栗を使った大福などをいただけます。

「西明寺栗」とは1粒1000円以上もする高級品。
栗が大好きな方は、一度試してみてくださいね。
地元秋田でも人気で、栗のシーズンになるとあっという間に売り切れてしまいます。

和菓子が好きな方には喜ばれるお土産です。

角館観光の新スポット!モダンな雰囲気が漂う穴場カフェ

有頂天喫茶でコーヒーとスイーツをいただく


細い路地のビルのさらに奥にひっそりと佇む喫茶店。
わかりにくい場所にありますので、見落とさないようにご注意くださいね。

こちらでは、こだわりの美味しいコーヒーと
プリンやチーズケーキなどのスイーツもいただけます。

珈琲ぜんざいも美味しです♪

もう一つ、隠れた名品がナポリタン。
もちもちした太麺で食べごたえがあり、チーズが効いていてクリーミーな味付けになっています。

小腹を満たせるのも嬉しいですね。

武家屋敷の通りからは少し離れているので、桜や紅葉は見えませんが
隠れ家のような喫茶店でのんびりとした時間を過ごせます。

櫻丸珈琲(さくらまるこーひー)のオープンテラス


ドリンクにスイーツにライスプレートと、メニュー豊富なお店です。
期間限定ですが、かき氷もあります。

オープンテラスがあるので、天気の良い日には気持ちいいです♪

武家屋敷からは一本裏の道にあるのですが、
散策で疲れたときに休憩するには好立地の場所です。

ローズメイカフェ・ファクトリーショップは角館駅すぐ

角館駅からすぐのカフェ。電車利用の方には嬉しいカフェですね。

こちらでは、濃厚なソフトクリームが人気。
店内も落ち着いた雰囲気ですので、角館観光の締めくくりにゆったりできます。

タイトルとURLをコピーしました