おなごりフェスティバル能代の祭りは贅沢!有名な祭りを一夜で堪能

秋田

スポンサーリンク

秋田県能代(のしろ)で毎年9月の第二土曜日に開催される
「おなごりフェスティバル」というお祭り、ご存知でしょうか?

その名の通り、秋田の短い夏を名残惜しんで、能代の夏の夜を華やかに彩ります。

見どころは、なんと言っても全国的に有名なお祭りを招待すること。
「青森ねぶた」「盛岡さんさ」「浅草カーニバル」、そして地元能代の「能代七夕」。

さらに、フィナーレには花火も打ち上がります。

お祭り会場の周辺の駐車場も充実しており、有料・無料あわせて約2500台以上の
駐車スペースが設けられています。

おなごりフェスティバルの見どころや有料席での楽しみ方、
駐車場などの詳しいアクセス方法など、お役立ち情報満載でご紹介します。

スポンサーリンク

おなごりフェスティバル能代の見どころ

おなごりフェスティバル能代は、大きく分けて「昼の部」と「夜の部」で構成されています。

おなごりフェスティバル能代~夜の部~

おなごりフェスティバル能代の夜の部は、畠町(はたまち)ストリートを中心に、
夕方17時半から夜の21時ころまで開催されます。

やはり、夜の部がメインとなります。

「青森ねぶた」「盛岡さんさ」「浅草カーニバル」「能代七夕」
「秋田竿燈」「鹿角の花輪ばやし」など、
全国的にも有名なお祭りが能代に一堂に会し、
パレード形式で次々に楽しめるかなり贅沢なお祭りです。

「秋田竿燈」といえば、秋田を代表するお祭り。
竿燈は稲穂に、提灯(ちょうちん)は米俵に見立てて、五穀豊穣を祈ります。

差し手と呼ばれる、竿燈の持ち手たちの技にも注目です。

「青森ねぶた」といえば、東北三大祭りの一つに数えられ、
6日間もの日程で開催される大規模なお祭り。

「浅草カーニバル」は、東京の浅草を中心に、
毎年50万人もの人出で賑わう熱気溢れるお祭り。

中でも浅草カーニバルは華やかで見ごたえがあります。

そして、フィナーレには花火が打ち上がります。

約15分と短い花火ですが、おなごりフェスティバルの締めくくりに花火はぴったり。
去る夏への名残惜しさが募ります。

おなごりフェスティバル能代~昼の部~

昼の部は「おなごり市場」でのグルメや、
「おなごりマルシェ」「能代逸品会」など、能代の農産物や特産品なども販売されます。

また、「能代市旧料亭金勇(かねゆう)」でも、各種イベントが開催されます。

 

毎年、おなごりフェスティバルに参加するお祭りの団体や
イベント内容が異なりますので、いつでも新鮮でワクワクした気分になりますね。

おなごりフェスティバル能代の楽しみ方~有料マス席情報~

おなごりフェスティバルをゆったり楽しみたい方、有料席が2種類用意されています。

・マス席<1マス(1.8m×1.8m)10,000円/4~5名>

・イス席<1席2,000円>

イス席の方が人気で、1列目からどんどん完売していきます。

有料席はWEBで予約申し込みが可能です。
有料席をご検討している方、お早めにお申し込みしてくださいね。

オンライン予約
おなごりフェスティバルin能代2020の観覧チケットの販売は6月1日10時からとなります。 マス席 1マス10,000円(1.8m×1.8m、4~5名) マス席会場図・・・クリックすると画像が拡大します。 ◎イ ブロック ・・・  ◎ロ ブ

おなごりフェスティバル能代の屋台情報

「おなごり市場」として、
「北都銀行 能代駅前支店」の駐車場と、
「秋田銀行 能代駅前支店」の跡地に屋台が出店されます。

いずれも、能代駅から畠町ストリート沿いにありますので、
グルメを堪能しながらお祭りのメイン会場に向かうことができます。

一般的な屋台メニューから秋田名物、B級グルメまで、
さまざまなグルメを味わうことができます。

11時~21時まで開催されますので、お祭りの間はいつでも楽しむことができます。

おなごりフェスティバル能代へのアクセス駐車場情報

おなごりフェスティバル能代では、有料の駐車場と無料の駐車場が用意されています。

有料駐車場は2か所

・旧サティ(250台分)

・旧北高跡地(400台分)

どちらも、おなごりフェスティバル当日のみの解放となります。
利用できる時間は、<14時~22時>までと限られていますので、注意が必要です。
普通車は、1日500円です。

無料駐車場は14か所

1.下浜悼頭・・・350台
2.キャッスルホテル能代・・・100台
3.山本地域振興局(総合庁舎)・・・100台
4.丸水秋田中央水産・・・20台
5.能代厚生医療センター・・・330台
6.イオン能代店・・・500台
7.市民プール東側・・・200台
8.能代河畔公園・・・130台
9.総合体育館前駐車場・・・130台
10.文化会館・・・120台
11.いとく通町店裏側駐車場・・・50台
12.米代西部森林管理署・・・20台
13.秋田県農業共済組合北秋田山本支店・・・20台
14.能代市役所・・・50台

利用時間は、<9時~22時>まで。

個人的な意見ですが、無料の駐車場が充実していますので、
無料でもじゅうぶんだと思います。

利用時間が長めなのも嬉しいポイントですね。

ただし、混雑が予想されますので、早めの来場と時間に余裕を持って行動してくださいね。

どの駐車場も、メイン会場までは徒歩で20分ほどです。

詳しい駐車場情報は、公式サイトで公開されています。

交通規制・駐車場
準備中

おなごりフェスティバル能代の交通規制

おなごりフェスティバル能代では、例年、交通規制があります。

畠町ストリートを中心に、17時~22時まで通行止めエリアがあります。

お車でお出かけの方は、最新の情報をご確認の上、おでかけくださいね。

交通規制・駐車場
準備中

おなごりフェスティバル能代の混雑状況

おなごりフェスティバル能代は、20万人以上もの人出で賑わいます。

特に、夜の部は大混雑。

混雑を避けてゆっくり鑑賞したいなら、有料席での観覧がオススメですよ。

帰りについては、フィナーレの花火が打ち上げられた直後は混雑します。
会場周辺で30分ほど時間を潰してから帰ると、スムーズですよ。

また、能代駅もほど近いため、混雑している中での車の運転に不安がある方、
電車の利用がスムーズです。

ただし、乗り遅れないよう、運行時刻についてはじゅうぶんにご注意くださいね。

おなごりフェスティバル能代とは?基本情報

おなごりフェスティバルは、毎年毎年9月の第二土曜日に開催されます。

「青森ねぶた」「盛岡さんさ」「浅草カーニバル」「能代七夕」が常連です。
最近では、「秋田竿燈(かんとう)まつり」も毎年参加しているようです。

他にも、年によって招待されるお祭りが異なりますので、
毎年違うお祭りのラインナップを楽しめるのも魅力ですね。

<おなごりフェスティバル実行委員会>
〒016-0842秋田県能代市追分町4-5
TEL:0185(54)6760
FAX:0185(54)6780
受付時間:10:00~15:00(月~金)土日定休
E-mail:onagori@shirakami.or.jp

秋田竿燈まつりについては、別の記事で詳しくご紹介しています。
興味のある方は、あわせて読んでみてくださいね。
↓竿燈まつりの開催場所やアクセス方法を知りたい方はこちら↓
無料の観覧席での楽しみ方も解説しています。

秋田竿燈まつりの場所はどこ?アクセスや無料駐車場を地図付で解説

↓竿燈まつりの歴史や由来を知って、より深くお祭りを満喫したい方はこちら↓

秋田竿燈まつりとは?由来や特徴など元秋田県民がわかりやすく解説

おなごりフェスティバル能代周辺の宿泊施設

せっかくおなごりフェスティバルで能代を訪れたなら、
能代周辺で宿泊でのんびり過ごすのはいかがですか?

能代からだったら、なまはげで有名な男鹿半島への宿泊も便利です。

男鹿温泉 結いの宿 別邸 つばき



※画像をクリックすると「じゃらんnet」で詳細を確認できます。

源泉が2本もある温泉宿として知られています。
また、料理も自慢で男鹿の季節の山海の幸をふんだんに楽しめます。

なまはげショーも人気。

ホテルルートイン能代



※画像をクリックすると「じゃらんnet」で詳細を確認できます。

おなごりフェスティバル能代からのアクセスはもちろん、
男鹿半島や白神山地など、秋田観光の拠点にも抜群の立地です。

ホテルの駐車場は無料なのも、嬉しいポイント。

セイコーグランドホテル



※画像をクリックすると「じゃらんnet」で詳細を確認できます。

こちらも、男鹿半島のホテルですので、
日本海の旬の海の幸を堪能できます。

源泉掛け流しの大浴場やお部屋は広々としたつくりになっているため、
ファミリーにおすすめのホテルです。

その他、能代周辺のおすすめホテルはランキング形式で、
「じゃらんnet」にてご確認いただけます。

能代のホテルおすすめランキング

おなごりフェスティバル能代周辺の観光スポット

能代市旧料亭金勇(かねゆう)

おなごりフェスティバルの昼のイベントも開催される会場です。

平成20年まで、実際に料亭として使われいただけあって、趣のある美しい建物です。
貴重な木材をふんだんに使用した内部にも、注目です。

所在地:〒016-0825能代市柳町13-8
電話番号:0185-55-3355
営業時間:9:30~16:30
定休日:年末年始

白神山地

いわずと知れた世界遺産です。
ブナを主とする山林で、散策・登山コースが整備されているため、
気軽に世界遺産の自然を楽しむことが出来ます。

電話番号:能代観光協会0185-88-8802/白神山地世界遺産センター0185-79-3001
営業時間:9:00~16:30
定休日:4月~12月(第2月曜日、祝日の場合は翌日)
1月~3月(毎週月、木曜日、祝日の場合は翌日)
年末年始(12月29日~1月3日)

タイトルとURLをコピーしました