【本荘川まつり花火大会】無料の駐車場あり!穴場スポットもご紹介

秋田

スポンサーリンク

本荘の高校に通っていたこともあり、
アクアパルで開かれる花火大会には毎年行ってました~。

河川敷の花火大会なので、風が気持ちいい!
花火もスターマインやナイアガラなどなど、見所盛りだくさんです!

屋台もたくさん出店されますよ。

無料の駐車場があるのも嬉しいですね。

スポンサーリンク

【駐車場】本荘川まつり花火大会周辺の駐車場

合計で約1100台分の臨時駐車場が開設されます。

ただし、花火大会の会場周辺は交通規制がかかるため、
駐車場から花火大会の会場まで、徒歩15~30分ほどかかります。

臨時駐車場は14か所あります。
収容台数が多い5か所の駐車場を地図付きでご紹介します。

由利地域振興局(会場まで徒歩16分)


収容台数:200台

本荘由利総合運動公園(会場まで徒歩27分)


収容台数:490台

由利本荘市役所(会場まで徒歩23分)


収容台数:189台

文化交流会館カダーレ第二駐車場(会場まで徒歩25分)


収容台数:143台

本荘公園(第1・第2・第3駐車場)(会場まで徒歩20分)


収容台数:90台

以下、すべての駐車場情報です。

由利地域振興局(200台/徒歩約16分)
由利本荘保健所※庁舎正面のみ駐車可能(49台/徒歩約15分)
本荘由利総合運動公園(490台/徒歩約27約)
羽後信用金庫本店(55台/徒歩約15分)
北都銀行本荘支店(24台/徒歩約15分)
本荘合同庁舎(約30台/徒歩約15分)
由利本荘市コミュニティ体育館(50台/徒歩約15分)
鶴舞会館(25台/徒歩約20分)
由利本荘市役所(189台/徒歩約23分)
由利本荘市役所第二庁舎(20台/徒歩約17分)
文化交流会館カダーレ第二駐車場(143台/徒歩約25分)
本荘公園(第1・第2・第3駐車場)(90台/徒歩約20分)
本荘郷土資料館(8台/徒歩約20分)
石脇体育館(25台/徒歩約21分)

【交通規制】本荘川まつり花火大会の周辺は交通規制あり

例年、午後6時~9時半まで車両の通行が規制される区間があります。
車でお出かけの方は、特に注意してくださいね。
最新の情報をご確認ください。

また、当日の状況により交通規制が変更になる場合もありますので、
現場の警察官の指示に従い、臨機応変に行動してくださいね。

【アクセス】本荘川まつり花火へは電車利用もOK

本荘川まつり花火大会会場:友水公園(ボートプラザ アクアパル前河川敷)

羽後本荘駅からは徒歩30分ほどです。

車が駐車できるか?交通規制が気になる・・
という方は、電車の利用もご検討くださいね。

ただし、1時間に一本程度の運行ですので、
帰りの時間は必ずチェックしてくださいね。

http://ekikara.jp/newdata/station/05205011.htm

ちなみに、昔は花火大会の時間にあわせて
臨時の電車があったように記憶しているのですが・・
とにかく、最終電車に乗り遅れないようにご注意ください。

【穴場情報】本荘川まつり花火の穴場スポット

本荘川まつり花火大会は、アクアパルの目の前がメイン会場となります。

大曲の花火のように、大混雑ではありませんが、
屋台も多く、アクアパルの目の前は比較的人が多いエリアです。

花火をゆっくり楽しめる穴場スポットは、
ずばり川を挟んだ向こう岸です!

川を渡らなければいけないため、本荘駅からは遠いのですが、
車で最初から反対岸へ向かうにはおすすめです!

ただし、交通規制などありますので、きちんと計画を立ててくださいね。

【有料席】本荘川まつり花火のマス席&イス席&テーブル席

有料席を購入すれば、花火の迫力をゆったり鑑賞できちゃいます。

毎年、本荘川まつり花火の有料席チケットは
7月初旬から販売されます。

マス席・イス席・テーブル席の3種類から選べます。

マス席

・1マス6,000円(1マス=1坪。4~6名で利用可)
・全部で40マスを販売予定
※座席指定が可能です。

イス席

・1席1,000円(1人分)
・全部で117席を販売予定
※座席指定が出来ません。

テーブル席

イス席2名分に長テーブルを用意してくれます。
・1席4,000円
・全部で18席を販売予定
※座席指定が可能です。

【本荘川まつり花火の有料席販売窓口】

由利本荘市観光協会 本荘支部
(由利本荘市役所 観光文化振興課内)
TEL 0184-24-6349
(受付時間 : 土・日・祝日を除く 午前8時30分~午後5時)

【見所】本荘川まつり花火の音楽付きスターマインに灯篭流し

本荘川まつり花火では、約6,000発の花火が打ちあがります。
スターマイン・ナイアガラ・仕掛け花火・創造花火・4号玉の早打ちなどなど、
さまざまな花火を楽しめるのも魅力。
全長150メートルのナイアガラは見ものです。
なかでも、フィナーレの音楽付きスターマインは最大の見所。

そして珍しいのは灯篭(とうろう)流しではないでしょうか?
川面にまるで花が咲いたように、灯篭が彩る景色は幻想的です。

【前夜祭】本荘川まつり花火の前夜祭、菖蒲カーニバルもおもしろい!

本荘川まつり花火大会の前夜祭として、
「菖蒲(しょうぶ)カーニバル」が開催されます。

会場:由利本荘市文化交流館カダーレ

浴衣や法被を着た地元の人たち約800人が
「菖蒲音頭」や「新本荘追分踊り」を踊ります。

そのほか、子供たちや踊り団体によるヤートセも披露されます。

ヤートセとは?

菖蒲カーニバルは午後4時~9時まで開催されます。
本荘市内は花火の前夜祭から盛り上がります!
お祭り気分を2日間も味わえるなんて、テンション上がりますね~!

【概要】本荘川まつり花火大会

開催日:毎年7月の最終土曜日

打ち上げ数:6,000発

打ち上げ時間:午後7時半~9時(90分)

例年の人出:5万人

問い合わせ先:由利本荘市観光協会本荘支部(電話:0184-24-6349)

公式ツイッターで最新情報が配信されています
https://twitter.com/yuri_hanabi

タイトルとURLをコピーしました