春休みに矢島スキー場でそり遊び!3月下旬でも雪遊びを楽しめた

秋田

スポンサーリンク

娘の小学校の春休みにあわせて、秋田に帰省をしました。

東京生まれ東京育ちの娘7歳と息子2歳にとって、雪は特別。
雪で思いっきり遊びたい!そり滑りや雪合戦、雪だるまづくりなど。

でも、今まで冬は交通の便が悪いのと、想像以上の寒さに耐えられるのか不安で
叶えてあげることができませんでした。

そこで今回思いついたのが、春休みを利用しての帰省。

残念ながら、矢島スキー場は閉鎖していましたが、
まだまだ雪はたっぷり残っていて、そり滑りをするには絶好でした!

極寒の中で雪遊びをするよりも、少しだけ暖かくなってきた秋田で
たくさん雪と触れ合って、子どもたちは満足そうでした!

スポンサーリンク

矢島スキー場でそり滑り!

残念ながら、春休みの直前に矢島スキー場はシーズンの営業を終了してしまいましたが、
まだまだゲレンデには雪がたっぷり。

しかも、3月の下旬としては珍しく、雪が降る日が数日間ありました。
その甲斐もあって、ゲレンデは真っ白!

キレイな雪で雪遊びを満喫できました。

しかも、わたしたちの他には2~3組しかおらず、だだっ広いゲレンデを貸切状態。
かなり贅沢な気分でしたよ。

もちろん駐車場もガラガラ。

春休みの矢島スキー場は、子どもたちを遊ばせるのに超穴場スポットですよ。

わたしも息子と一緒にそり滑りをやってみたのですが、
めちゃくちゃ面白かったです!(笑)

小学生の娘は、体力もあるので何回も登っては滑るを繰り返していました。

そのあと雪合戦も楽しんで、約1時間半、思いっきり体を動かしてはしゃいで遊びました。

矢島スキー場の積雪は?どんな格好がいい?

3月とはいえ、ゲレンデには雪がたっぷり。

そり遊びとはいえ、しっかりスキーウェアを着込んだ方がいいです。
手袋に耳当て、防水のブーツでしっかり防寒してくださいね。

ブーツの滑り止めは、必須ではないです。

というのも、真冬の雪質とは異なり、少し水分を含んで重い雪でした。
ただその分、足をとられるので、歩くときはご注意くださいね。

娘も「きゃー!足がはまった・・」と言って立ち往生していました。

矢島スキー場の基本情報|レンタルもあり

例年、12月中旬から3月中旬まで営業しています。

雪質は、最高!
地元民にとっては当たり前で、気づかないことが多いんですが、
県外からいらした方からは好評価のゲレンデなんです。

ナイター営業もあります。
その他、リフト券の販売やスキー・スノーボード用品のレンタルもありますよ。

ただ、残念なのが送迎バスなどがないため、自分で運転して向かうしかありません。
しかも、かなりカーブが多い山道のため、運転にはじゅうぶんに気を付けてくださいね。

詳しくは、公式ホームページでご確認くださいね。
https://www.city.yurihonjo.lg.jp/yashima/yashimaski/index.html

タイトルとURLをコピーしました