横手のかまくら祭りは臨時駐車場&無料シャトルバスを使って巡る!

秋田

スポンサーリンク

秋田県横手(よこて)のかまくら祭りの駐車場情報です。

横手かまくら祭りの公式では、いくつかの有料・無料駐車場が用意されていますが、
いちばんのおすすめは「横手体育館」の臨時駐車場です。

無料のシャトルバスが運行されていますので、
上手に活用してかまくら祭りを楽しみましょう。

次におすすめの駐車場が「横手公園」の駐車場です。
横手公園もかまくら祭りの会場になっている上に、
無料の巡回シャトルバスが出ていますので、アクセスが抜群。

ただし、人気が高い駐車場ですので、満車になってしまうことも。

他にも、「かまくら館」の駐車場も人気ですが、
お祭りの中心となる会場ですので、駐車するのは困難かもしれません。

スポンサーリンク

横手かまくら祭りのおすすめ駐車場

横手体育館(臨時駐車場・無料)

横手かまくら祭りの期間には、横手体育館が臨時の無料駐車場として開放されます。

しかも、横手体育館から横手市役所まで、無料のシャトルバスが運行されます。
運行時間は例年、9時~21時ころまで。

さらに横手市役所からは、無料の「かまくら会場巡回バス」も運行されますので、
各会場をバスで巡ることができます。

「かまくら会場巡回バス」の運行時間は例年、17:40~21:00まで。
巡回バスのバス停は、バルーンライトが目印です!

<住所>秋田県横手市条里二丁目2-40

<収容台数>268台

横手公園(無料)

ライトアップされた横手城とかまくらを楽しめる会場に近い駐車場です。

また、横手公園からも「かまうくら会場巡回バス」の
無料シャトルバスが運行していますので、他の会場を見学することもできます。

ただし、比較的人気が高く、収容台数も少ない駐車場ですので、
早めの利用がおすすめです。

横手公園には2か所の駐車場があります。

牛沼駐車場

<住所>〒013-0012 秋田県横手市城山町3−29
<収容台数>50台

芝生広場駐車場

<住所>〒013-0012 秋田県横手市城山町4
<収容台数>20台

よこてイースト駐車場(無料)

横手駅近くの駐車場です。

横手かまくら祭りのメイン会場でもある
かまくら会館までは徒歩10分ほどの場所です。

会場までは徒歩で行くしかないため、不便な駐車場ですが、
雪道を歩くのが慣れている方にはおすすめの駐車場です。

また、すぐ近くの「Y2(わいわい)プラザ」でも
横手かまくら祭りのイベントを行っています。

横手の工芸品などが展示・販売されていますので、
立ち寄ってみてくださいね。

横手かまくら祭りのシャトルバスについて

横手のかまくら祭りは、横手市内のいたるところにかまくらが作られます。

雪道を徒歩で移動するのは大変ですし、かと言って、
自家用車で各会場をまわれるほど、駐車場も完備されていません。

そこで、横手かまくら祭りの期間中は無料のシャトルバスが運行されますので、
上手に活用してかまくら祭りを楽しんでくださいね。

横手体育館臨時駐車場バス(無料)

<運行区間>
横手体育館-横手市役所

<運行時間>
17:40~21:00

横手体育館の駐車場に車を停める方にとっては、便利なシャトルバスです。
最終バスへの乗り遅れなどがないよう、ご注意くださいね。

また、横手市役所からは「かまくら巡回バス」へ乗り継ぐことができますので、
他のかまくら祭りの会場へ行くことができます。

かまくら巡回バス(無料)

<運行区間>
横手市役所→横手南小学校→横手公園→二葉町→横手市役所

<運行時間>
9:00~21:00

横手市内にちらばるかまくら祭りの会場をバスで効率的に巡ることができます。

ここで少し、巡回バスが停車する各会場の見所をご紹介します。

横手市役所

かまくらの数が最も多い場所です。
物産会場や飲食会場もある、いちばん大きな会場です。

すぐ近くのかまくら館には総合案内所もありますので、
かまくら祭りの見所や行き方などを気軽に尋ねることができます。

横手南小学校

小学校の校庭に、子供たちが作った無数のミニかまくらがお出迎え!

たくさんのかわいいミニかまくらでも、
一つ一つすべてに灯りがつくと、幻想的な雰囲気に一変します。

小学校のミニかまくらを楽しんだ後は、
羽黒町の武家屋敷のかまくらへ足を延ばしてみてください。

武家屋敷といえば、秋田の角館(かくのだて)が有名ですが、
横手の武家屋敷も趣があります。

黒塀が続く町並みにかまくらが映え、
まるでタイムスリップしたような雰囲気を楽しめます。

横手公園

横手城がライトアップされ、趣溢れる雰囲気の会場です。

また、展望台からは夜景も臨むことができますので、
少し違った角度から横手かまくら祭りを満喫することができます。

二葉町

 

二葉町の地元のみなさんがお祭りを盛り上げる会場です。

「はいってたんせ」「甘酒飲んでたんせ」の声が
あたたかくおもてなししてくれます。

ぜひ、かまくらに入って、甘酒を飲んでみてください。

地元の人と触れ合いたいなら、こちらの会場がイチオシです。

二葉町のかまくらを楽しんだあとは、徒歩で少し先にある
「蛇の崎川原」のミニかまくらへも足を延ばしてみてください。

橋の下に、地元の中学生・高校生が造ったたくさんのミニかまくらに
火が灯っています。

川原に降りることもできますので、散策も楽しんでみてください。

木戸五郎兵衛村の見学バス(有料)

こちらは、有料のシャトルバスでの見学ツアーです。

木戸五郎兵衛村とは、かやぶきの民家4棟がある村です。

かまくらと古民家を撮影したり、
物販や甘酒のふるまいなどもありますので、興味がある方はどうぞ!

<運賃>片道300円(片道40分)

<運行区間>
横手市役所-木戸五郎兵衛村

<チケット販売場所>
・かまくら館1F
・木戸五郎兵衛村

※乗車には、事前にチケットが必要です。

増田のまちなみの見学バス(有料)

昭和初期の雰囲気が漂う町田の町並みや蔵を見学することができます。

<運賃>片道300円(片道40分)

<運行区間>
横手市役所-増田の町並み案内所「ほたる」

<チケット販売場所>
・かまくら館1F
・増田の町並み案内所「ほたる」

※乗車には、事前にチケットが必要です。

詳細は、公式サイトでご確認ください。
https://www.yokotekamakura.com/01_event/04_winter/pdf/2019pamphlet09_10.pdf

※リンク先は2019年の情報です。

横手かまくら祭りへのアクセス方法

横手かまくら祭りへ出かけるには、車でのアクセスの他、
電車でもアクセスができます。

電車でのアクセス

JR横手駅からかまくら祭りのメイン会場でもある
横手市役所までは徒歩10分ほどです。

ただし、雪道ですので10分以上かかってしまうかもしれません。

滑らないよう、じゅうぶんに気を付けてくださいね。

東京・仙台方面からのアクセス

東京・仙台方面から横手へアクセスする場合、
新幹線の利用が便利です。

大曲で新幹線を下車、奥羽本線の新庄または湯沢行に乗車し20分ほどです。

ただし、JR奥羽線は1時間に1本ほどしか運行していませんので、
しっかり計画を立てて利用してくださいね。

東京から秋田へアクセスする場合、飛行機も便利ですが、
横手へ行く場合は新幹線の方がアクセスが良好です。

秋田空港に到着したあと、まずは秋田駅に向かわなければいけません。
秋田駅からJR奥羽線に乗車し1時間20分ほどかかってしまいます。

どうしても飛行機を利用したい場合は、
レンタカーの利用がおすすめです。

横手かまくら祭りの交通規制

横手かまくら祭りでは、例年交通規制があります。

2/15~16は、四日町通りと横手公園の周辺で10:00~22:00まで、
二葉町と武家屋敷の周辺では17:00~22:00まで、車両の通行が禁止されます。

他にも、横手市役所の周辺は一方通行の交通規制があったり、
2/17にはぼんでん奉納祭のため車両通行止めが実施されたりします。

車でお出かけの方は、交通規制をご確認の上、お出かけくださいね。

特に、横手市内を中心に交通規制がありますので、
あまり市内を車でウロウロせず、多少遠回りでも国道を使って
目的の駐車場に向かってくださいね。

※2019年の交通規制図です。
必ず、公式サイトで今年度の交通規制を確認してください。
https://www.yokotekamakura.com/01_event/04_winter/pdf/2019pamphlet_kotsuseiri.pdf

横手かまくら祭りの混雑状況

雪が少ない年、雨が降ってしまった年は、比較的人出が少ないんですが、
基本的にへ年々横手かまくら祭りの人気が上昇しており、
訪れる人が増えています。

特に、「写真映え」するお祭りとして知られたため、
知名度が上がっています。

そのため、駐車場の確保も難しくなっているようですので、
公共の交通機関を利用するか、はじめから収容台数が多い駐車場を
狙うようにしてみてください。

また、雪道ですので計画通りに着かない可能性もあります。
時間には余裕を持ってお出かけくださいね。

かまくら体験については、通常30分ほど並べば入れるようです。

横手かまくら祭りを混雑を避けて楽しむ小技

かまくらの体験を並ばずに楽しみたい!という方は、
「かまくら先取り体験」があります。

夜の本番のかまくら祭りが始まる前に、
1時間ほど、かまくらを貸切できるんです。

有料のイベントですが、並ばずにかまくらで
お餅や甘酒などを楽しむことができますよ。

予約方法は電話のみのようです。

例年、人気のイベントですので、予約・問い合わせはお早めに。

<場所>横手市役所

<料金>3,000円(1つのかまくらに4~5人入ることができます。)
(もち、おもてなしセット、甘酒付き)

<予約先電話>
横手市観光協会:0182-33-7111

※詳細は、公式サイトをご確認ください
https://www.yokotekamakura.com/01_event/04_winter/kamakura_sakidori.html

横手かまくら祭りの基本情報

日程 2/14:前夜祭
2/15~16:かまくら祭り
2/16~17:ぼんでん祭り
メイン会場 横手市役所およびかまくら館
巡回バス メイン会場および各おまつり会場を巡る無料のシャトルバスあり

横手のかまくら祭りは、曜日に関わらず毎年同じ日程で開催されます。

メインは2/15~16のかまくら祭りですが、
前日の2/14がバレンタインということもあり、
前夜祭はバレンタインにちなんだイベントが開催されます。

また、「ぼんでん」も見所の一つです。
ぼんでん祭りとは、秋田の小正月行事の一つ。

ぼんでんの出来を審査するぼんでんコンクール、
ぼんでんを「ジョヨサ」の掛け声で神社に奉納する奉納祭と、
イベントが盛りだくさんのお祭りなんです。

さらにかまくらの他、横手市内のあちこちに趣向を凝らした雪像も出現。
どんな雪像があるのか、探してみるのも楽しいですね。

見るだけではなく、「横手の雪まつり」に参加して盛り上げたい!という方、
ミニかまくらづくりをはじめ、雪像づくり、かまくらづくりも可能です。

雪まつりへの参加・募集要項は公式サイトでご確認ください。
https://www.yokotekamakura.com/07_topics/2019yukinogeijutsu.html

横手かまくら祭り周辺の観光スポット

せっかく秋田に訪れたなら、観光も楽しみたいですよね。

秋田ふるさと村

横手駅からは車で15分ほどの場所です。
横手駅からはバスも運行しています。

秋田ふるさと村は、プラネタリウムを観ることができる施設や
トリックアート・巨大アスレチック・巨大ボールプールなどで遊べる施設など、
多彩なアミューズメントを楽しむことができる複合施設です。

レストランも充実しており、横手焼そば・比内地鶏を使ったラーメン・稲庭うどんなど、
秋田料理を堪能することもできます。

また、お土産も充実しています。
買ったお土産は宅配も利用できますので、便利です。

わたしも、秋田ふるさと村には、子供の頃によく遊びに行っていました!

昔は広大な敷地にレストランと花畑ぐらいしかなかったように記憶しているんですが・・
プラネタリウムや巨大遊具が出来たのは最近のようです。

子供連れで遊ぶにはじゅうぶんですね!

しかも、入場は無料!

プラネタリウムなどを観る場合は、料金がかかりますが、
駐車場も完備されていますので、気軽に立ち寄ることができます。

しかも、全施設が回廊でつながっているため、
寒い冬でも屋外に出ずに施設間を移動することができます。

秋田ふるさと村の営業時間や有料施設の料金は、公式サイトでご確認ください。
http://www.akitafurusatomura.co.jp/pages/page/business-hours

秋田県立近代美術館

秋田ふるさと村の敷地内にあります。

秋田ふるさと村の有料施設と美術館の入場がセットになった
お得なセット券もありますので、いっしょに楽しむのもいいですね。

横手市増田まんが美術館

横手駅からは車で25分ほどの場所にあります。

名称の通り、「まんが」をテーマにした本格的な美術館。

マンガ文化の歴史や、国内外の有名なマンガの原画も展示されています。
なんと、マンガの単行本も楽しめます。

子供だけではなく、大人も楽しめる美術館です。

無料の駐車場も完備されています。

営業時間や入場料などは、公式サイトでご確認ください。
https://manga-museum.com/?page_id=17

角館の武家屋敷

冬の時期だからこそ、ぜひ足をのばしていただきたいのが
角館の武家屋敷です。

横手からは車で1時間ほどの場所にあります。

角館の武家屋敷といえば、桜・紅葉の時期を中心に、
年間を通じて賑わっている観光地ですが、冬には閑散期になります。

12月~3月のみ、駐車場も無料で利用できます。

何より、雪景色の中の武家屋敷も趣がありますので、
立ち寄ってみてください。

角館武家屋敷の駐車場については、別の記事で詳しく解説しています。
他にも、武家屋敷の楽しみ方やおすすめのランチ情報も掲載していますので、
秋田観光の参考にしてみてください。

角館武家屋敷の駐車場を地図で解説!武家屋敷の歩き方&ランチ情報も

横手かまくら祭り周辺の宿泊施設

ホテルプラザアネックス横手



※画像をクリックすると「じゃらんnet」でホテルの詳細を確認できます。

横手駅から徒歩2分という好立地のホテル。

8室限定の露天風呂付きの客室が人気です。

最上階には岩盤浴、展望レストランなどもあり、景色を楽しみながら食事ができます。

横手温泉 ホテルプラザ迎賓



※画像をクリックすると「じゃらんnet」でホテルの詳細を確認できます。

横手駅から徒歩3分という好立地のホテル。

ホテル名に「横手温泉」と付いているだけあって、
湯めぐりできる天然温泉・岩盤浴が魅力の温泉宿です。

ウェルカムドリンクなどのサービスも充実しており、
ゆったりと旅の疲れをいやすことができます。

乳頭温泉郷

秋田といえば、乳頭温泉郷が人気。

横手から乳頭温泉郷までは車で1時間半ほどの距離ですが、
せっかく秋田に来たのなら、一度は足を運んでいただきたい温泉地です。

雪見の乳頭温泉郷は風情があっておすすめです。

乳頭温泉については、別の記事でご紹介しています。

東京からのアクセスをメインにご紹介していますが、
車で乳頭温泉へ向かう際の注意点、湯めぐり号という巡回バスの活用などご紹介しています。

ぜひ、秋田観光の参考にしてみてくださいね。

乳頭温泉へのアクセスを徹底検証!東京からは飛行機とタクシーが便利

タイトルとURLをコピーしました