子供がコーヒー牛乳やコーヒーゼリーを飲食してもいいのはいつから?

子育て

スポンサーリンク

子供にコーヒーを何歳ぐらいから
与えても大丈夫なのか?
気になったので調べてみました!

でも、意外と子供のコーヒーに関して、
明確な基準がないことに気づきました。

あまり、研究結果がないようなんです。

ただ、唯一、カナダ保健省で
具体的な数値を示しているのを発見。

子供はカフェインに対する感受性が高いため、
4歳~6歳の子供は最大45mg/日、
7歳~9歳の子供は最大62.5mg/日、
10歳~12歳の子供は最大85mg/日
(355ml入り缶コーラ1~2本に相当)までとする。

厚生労働省のHPより引用

ただ、この表記だと、イマイチわかりづらい。

コーヒーメーカーで知られている
UCCの公式サイトに、
わかりやすく解説されていました!

子供の年齢と飲用に関し、正確に調べられた研究はほとんどありません。
1つのお目安としては、
12~15歳以上で大人なみに体重が50kgを超えていたら、
大人と同じようにコーヒーを飲んでもかまいません。
10歳以下の子供には、ミルクや砂糖など入れながら、
お子様が好きな味を探しながら(加減しながら)
楽しまれてはいかがでしょう。
コーヒー牛乳・アイスクリーム・飴など、お子様でもコーヒーの味を楽しめる食べ物はいろいろあります。

UCCの公式サイトより引用

ふむふむ。

まぁ、カフェインを含むコーヒーは、
ムリに子供に与えなくてもいいですが、
飲み方を知ってると安心ですよね。

コーヒー牛乳と、コーヒーゼリーについて、
まとめてみましたので、参考にしてみてくださいね!

スポンサーリンク

子供がコーヒー牛乳を飲んでもいいのはいつから?

結論から言うとずばり、
6歳以上の子供でしたら、
スーパーなどで市販されている、
牛乳が多めの甘いコーヒー牛乳を飲ませてもOKです!

自宅でコーヒー牛乳を作る場合も、
必ずコーヒーに牛乳を多めに入れて、
コーヒー1:牛乳3
これぐらいの割合がおすすめです!

自宅で作る方が、牛乳の量や
砂糖の量を調整できるので、おすすめです。

ただし、飲み過ぎと、飲む時間には要注意です!

1日1杯程度が目安です。

飲む時間も、夜寝る6時間前まで、
が目安です。

夜9時に寝る子なら、
3時以降は飲ませない方がいいです。

他にも、コーヒーは刺激物ですので、
風邪をひいているとき、
下痢や便秘をしているときは
控えた方がいいです。

子供がコーヒーゼリーを食べてもいいのはいつから?

コーヒーゼリーに関しても、
6歳以上でしたら食べさせても問題ありません。

ただしコーヒーゼリー自体にも当然ながら、
カフェインが含まれているので、
必ず1日に1個だけ食べさせるようにしてくださいね!

そうすればカフェインを摂り過ぎる心配もなく、
子供も安心してコーヒーゼリーを食べることが出来ますよ。

ただし、食べ合わせには気を付けてくださいね。

たとえば、コーヒー牛乳を飲んで、
コーヒーゼリーも飲んで、
さらに夕方に緑茶や紅茶も飲んで・・・。

これではカフェインの摂り過ぎになってしまいます。

あと、コーラにもカフェインは入ってますので、
気を付けてくださいね。

コーヒー風味のお菓子や、
チョコレートも同様です。

コーヒーゼリーを食べた日は、
カフェインを含む他の食べ物は
与えないように気を付けてくださいね。

コーヒーが子供に与える影響とは?なぜダメと言われているのか?

子供にコーヒーを与えるとき、
いちばん気を付けたいのが、やはりカフェインの量。

カフェインといえば、覚せい作用が有名ですよね。

大人は眠気覚ましにコーヒーを飲みますが、
飲み過ぎると眠れなくなってしまいますよね。

子供は体が小さく、カフェインを分解する力も弱いため、
大人よりもカフェインの影響を受けやすくなるんです。

夜にしっかり眠れなくなると、
子供はイライラしたり、
攻撃的になることも。

小学生の内は、気を付けてあげてくださいね。

もちろん、中学生でも
カフェイン耐性が低い子もいます。

個人差が大きい部分ですので、
もし、カフェインを摂り過ぎてしまったときは、
水をたくさん飲ませてください。

水分をたくさん摂ることで、
体外に効率的にカフェインを排出できます。

まとめ

子供は6歳以上になれば、牛乳が多めのコーヒー牛乳であれば、
1日1杯なら飲むことが出来ます。

またコーヒーゼリーも6歳以上であれば、
1日1個まで食べても大丈夫ですよ。

コーヒーの場合は12歳以上から1日1杯だけなら与えてもOK!

コーヒーを飲んでカフェインを摂り過ぎると、
覚醒作用によって夜眠れなくなりやすいので、
くれぐれも与えすぎには注意しましょう!

タイトルとURLをコピーしました