妊娠中に歯医者に行かなかった場合のリスクとは?赤ちゃんにも影響が

妊娠

スポンサーリンク

「妊娠中に歯科検診を受けましょう」と言われたことがある妊婦さん、
きっと多いと思います。

自治体によっては健康福祉センターで行っている歯科検診を案内されたり、
無料の歯科検診のチケットを渡されたり。

でも、つわりがひどい時期に歯医者さんに行ったらもっと気持ち悪くなっちゃいそう、
お腹が大きくなってくると診察台に寝っころがるのが苦しそう・・など、
さまざまな理由で歯科検診の受診をためらってしまいますよね。

だけど、赤ちゃんへの影響を考えると、妊娠中の歯科検診は絶対に受けた方がいいんです。

妊娠している女性が歯周病に罹患している場合、
低体重児および早産のリスクが高くなる

NPO法人日本臨床歯周病学会「歯周病と妊娠」より引用

歯科検診を受ける面倒くささと、赤ちゃんへの影響、比べるまでもないですね?

妊娠中に歯医者に行かなかった場合のリスクや、
万が一虫歯が見つかったときの治療方法、いつ頃歯医者に行けばいいか?など、
気になる点をわたしの体験談も交えながら徹底リサーチしました。

妊娠中の今から、いい歯医者さんに出会えると、
将来子育て中にもお世話になることができますよ。

スポンサーリンク

妊娠中に歯医者に行かなかった場合の3つのリスク

低体重児および早産のリスクが高くなる

妊娠中は、歯周病にかかりやすいんです!

理由は、妊娠すると女性ホルモンが増えますよね?
実は、この女性ホルモン、虫歯菌の大好物!

妊娠中のお口のケアを怠ってしまうと、あっという間に虫歯や歯肉炎、
歯周病などのトラブルが起こってしまうんです。

さらに、歯周病などお口のトラブルを放置したままでいると、
口の中の免疫バランスが崩れてしまい、サイトカインという物質が過剰放出されます。

このサイトカイン、なんと歯周病を進行させてしまう上に、
子宮を収縮させてしまう作用も・・!

つまり、歯周病を放っておくと、早産しやすく未熟児の赤ちゃんが生まれてしまう
リスクが高まってしまうんですね。

たかが虫歯、歯医者に行くのは面倒だしな~なんて思っていると、
生まれてくる赤ちゃんにも多大な影響をあたえてしまうんです。

歯医者に行く面倒さと、赤ちゃんに与えるリスク、
比べるまでもないですね?

生まれてきた赤ちゃんに虫歯を移してしまう

赤ちゃんの口には、元々虫歯菌は存在しない状態で生まれてきます。

でも、子供って大きくなるにつれて、虫歯が出来てしまうこともありますよね?

「虫歯は遺伝?」なんて言われることもありますが、
実は、子供が虫歯になってしまう原因は、大人が虫歯菌を移してしまうことがほとんどなんです。

赤ちゃんの離乳食が始まると、食器やスプーンは別にしましょう、
と言われますが、これは大人の虫歯菌を赤ちゃんに移さないための方法の一つなんですね。

パパやママに虫歯あっても、気を付けていれば虫歯菌を赤ちゃんに移してしまうことは
防ぐことができますが、そもそも、パパやママに虫歯がない方が、
もっと赤ちゃんが虫歯になってしまうリスクを低くすることができますよね?

妊娠中の今のうち、虫歯の有無のチェックはもちろん、
万が一、虫歯があった場合はできるだけ治療しちゃいましょう!

妊娠中でも、歯科治療はできるんです。

意外と麻酔やレントゲン撮影は、赤ちゃんへの影響が少ないんです。

「妊娠中の虫歯治療への疑問」については、東洋経済ONLINEの記事が
とてもわかりやすくまとまっていましたので、参考にしてみてくださいね。
https://toyokeizai.net/articles/-/225260?page=2

妊娠中の歯のケアを怠ると産後ボロボロに!?

妊娠中に一度も歯医者に行かず、つわりで歯磨きが気持ち悪くなるから・・と、
歯のケアを怠っていたら、歯がボロボロになってしまった・・!という女性、
意外と多くいらっしゃるんです。

産後は歯医者に行く時間なんて、ありませんからねー。

託児がある歯医者さんもありますが、数は少ないので
近所にあるとは限りませんしね。

つわりで、歯磨きをすると気持ち悪くなってしまう、という場合は、
この4つの方法を試してみて。

歯磨き粉を使わない

もしかしたら、歯磨き粉の味が苦手になっているのかも。

歯磨き粉を使わずに歯磨きしてみるか、どうしても気になる場合は、
いつもと違うメーカーの歯磨き粉を試してみるのもおすすめです。

歯ブラシを小さいものに替えてみる

大きいものが口に入ると、気持ち悪くなってしまうことも。

いつもより小さめの歯ブラシに替えてみるだけで、改善するかもしれません。

うがいだけでもOK

食べづわりの妊婦さんや、甘いもの・酸っぱいものを好んで食べるようになった妊婦さんは
特に気を付けてみてください。

食べづわりで、常に何かを口にしていないと気持ち悪くなってしまう・・
という方は、自然と間食と間食の間が短くなってしまい、歯の再石灰化が追いつきません。

毎回歯磨きをするのはしんどい・・という場合でも、うがいだけはするようにして、
食べかすができるだけ口の中に残らないようにしてみて。

また、甘いもの・酸っぱいものを好んで食べるようになると、
口の中が酸性にかたよりがちに。

虫歯の原因になってしまいますので、酸性にかたよった口の中をリセットするために、
うがいをするだけでも効果があります。

食べた直後に歯磨きをしない

実はわたしも、妊娠中に歯磨きをすると気持ち悪くなる・・という経験をしました。

仕事をしていたので、歯磨きをせずに職場に行くなんて・・
でも、歯磨きをすると絶対気持ち悪くなっちゃうしな、と悩んでいたんです。

そこで、わたしが試した方法が、お腹が落ち着いてから歯磨きをする、という方法。

朝、とりあえずうがいだけして、職場に向かいます。

少し早めに職場に行って、会社に着いてから歯磨き。

これが意外と効果があり、気持ち悪くならずにすみました!
同じように悩んでいる方、ぜひ試してみて。

妊婦の歯科検診はいつ行った?安定期に入ってからでOK

妊娠中の歯科検診、いつ行けばいいんでしょう?

ずばり、ベストは安定期に入った妊娠4か月~6か月ころ。

万が一、虫歯があった場合に治療で通うことを考えると、
妊娠6か月ころまでには、一度歯科検診を受けておきたいところ。

仕事をしている妊婦さんや、つわりがしんどい・・と思っている妊婦さん、
なかなか行くタイミング難しいと思いますが、

最近では土日に診療している歯医者さんも多いですし、

つわりでなかなか行けない・・と悩んでいる妊婦さんは落ち着いてからで大丈夫。

仕事がお休みで、体調がいい日に行ければ大丈夫です。

妊婦歯科検診に行けなかった!自腹でも歯医者に行くべき?

自治体によっては、指定の歯医者さんでの歯科検診の無料チケットを配布していたり、
健康福祉センターで定期的に無料の歯科検診を行っていたりと、
妊婦さんが歯科検診を受けやすいように無料で実施していますよね。

ただ、この妊婦歯科検診。

日程があわない、指定の歯医者さんや福祉センターが遠い・・などの理由で
なかなか行くのが困難な場合も多いですよね。

せっかく無料なのに・・どうしよう~!と悩んで悶々としてしまいますよね。

でも、無料で受けられる範囲って、意外と限られているんです。
結局、虫歯のあり・なしのチェックをされるだけ。

虫歯があった場合や歯のクリーニングをしたい場合は、歯医者さんに通うことになります。

という事で、近所の歯医者さんに行くのがいちばん!
もちろん、行きつけの歯医者さんがある場合は、そちらに。

新しく歯医者さんを開拓する場合は、自宅から近く、かつ小児歯科がある歯医者さんがいいですよ。

自宅から近ければ、暑い日でも寒い日でも、雨の日でも、
通院するのが億劫じゃないですよね?

あと、出来れば小児歯科がある歯医者さんだと、
赤ちゃんが生まれてきたあと、将来お世話になる可能性がありますよね。

最近、子供のフッ素コーティングなどは無料で受けられますからね。

わたしも、妊娠中に新しい歯科医を開拓したんですが、
この2つのポイントで探しました。

結果、今でも娘の歯科検診で通っていて、定期的にクリーニング&フッ素塗布を受けています。

妊娠中の今の内から、いい歯医者さんに出会えるといいですね。

ちなみに、せっかく歯医者さんに行くなら、虫歯のチェックだけではなく、
ぜひ、クリーニングも受けてくださいね!

タイトルとURLをコピーしました