母乳

母乳

母乳が出ない…初産で授乳の時間が苦痛ならムリしなくて大丈夫

初めての出産、母乳が出るようになるまで苦労するんですよね。 わたしも、授乳がこんなに痛いとは思いませんでした! 産後のダメージも想像以上なのに、赤ちゃんのお世話があるからずっと寝てるわけにはいかない…。 わたし自身、混合から完母へ移行するまで4か月かかりました! でも、育児を振り返ると完母にこだわり過ぎなくてもよかったかな…と思います。 母乳育児はメリットばかりではないんです。 ・母乳トラブルが大変 ・ママが風邪をひくとピンチ ・人に預けにくい それに、ミルク育児でも赤ちゃんはスクスクと成長します! 赤ちゃんも大事ですが、ママ自身の心と体も大切にして欲しいなと思います。
母乳

母乳が急に張らなくなった!差し乳は絞っても出ない…二児の母が解説

母乳が急に張らなくなると「母乳が出が悪くなったのでは!?」と不安に思いますよね。 ですが大丈夫。 多くの場合は、溜まり乳から差し乳へ移行しただけなんです。 とはいえ、本当に差し乳になっただけなのか? それとも、母乳の量が減ってしまったのか?を自分で判断するのは難しいですよね。 ですがズバリ、「赤ちゃんのオムツが1日6回以上汚れている」なら母乳は足りている!と判断できるんです。 差し乳になると母乳が張らない上に、搾乳してもほとんど出ないため、心配になりますよね。 ですが搾乳による刺激よりも、赤ちゃんの吸う刺激の方が強いため、授乳ではきちんと母乳が出ていることがほとんど。 気にし過ぎなくて大丈夫ですよ。
母乳

母乳が止まる前兆はある?母乳量が減る時期や飲めてるサインを解説

母乳の量が減った気がする…このまま母乳が止まったらどうしよう!?と思うと不安ですね。 母乳が止まる前兆ってあるんでしょうか? 授乳の間隔が空いても張りを感じなくなった、赤ちゃんが母乳を飲むるのを嫌がるようになった…などは気になりますね。 ですが、これらが母乳が止まりそうなサインとは限らないんです。 溜まり乳から差し乳へ移行した可能性もあるんです。 でも残念ながら、本当に母乳が止まってしまうこともあるんです。 そのほとんどの原因はストレス。 寝不足や育児ストレスを溜めるのは厳禁です。 プチリフレッシュで解消するのを心がけてください。 ストレスが母乳に与える影響は想像以上に大きいんです。 赤ちゃんのことももちろん大切ですが、ママ自身のことも大切にして欲しいと思います。
母乳

母乳育児が辛い…繰り返すトラブルや悩みを二児の母が一気に解決!

「授乳タイムは幸せタイム~」とは限らないんですよね…! 母乳育児は軌道に乗るまでが大変。 母乳の出が良くないのも、分泌が多すぎるのも困るんですよね。 気を抜くと、乳腺炎や白斑などのトラブルも。 しかも厄介なことに、授乳トラブルは繰り返すことも。 わたしも二児の母で、二人とも完全母乳の育児だったのですが、トラブルは絶えませんでした。 ・母乳の出が悪くなる ・頻回授乳が追いつかない ・繰り返す白斑の痛み 他にも、授乳中は口にするものに気を遣いますね。 「コーヒーOKって言われてるけど、赤ちゃんがなんだか寝なくなったような気がする」と。 「授乳中に赤ちゃん寝ちゃうけど、そのまま授乳クッションで寝かせてもいいの?背中苦しくないの…?」などなど。 些細なことですが、悩みまくりました…! たくさん悩んで調べて、自分でいろいろ試してみて。 良かった方法をまとめました! 今現在、同じように母乳育児が辛い!と悩んでいるママにとって、解決の手助けになることが一つでもあればいいな…と願っています。
母乳

1歳過ぎなのに母乳ばかり…離乳食より母乳を欲しがるのはなぜ?

1歳過ぎているのに離乳食の進みが遅かったり、食べムラがあるのは気になりますよね。 その上、母乳ばかり欲しがって体重もなかなか増えない…となると、ますます心配です。 でも実は、母乳と離乳食は分けて考えるべきだったんです。 まずは、離乳食の進め方を見直してみて。 ・離乳食の時間を見極める! ・ママもリラックス ・ベビーフードを活用 ・離乳食のかたさを調整
母乳

授乳が疲れる…1歳過ぎてるのに…二児の母のストレス緩和法をご紹介

授乳って想像以上に疲れるんですよね! いつかは授乳の回数も時間も減っていって、そのうち自然に卒乳してくれる…と信じてがんばってきたのに、1歳過ぎても授乳回数が減らない!と思うとストレスになっちゃいますね。 ですが、実は1歳の赤ちゃんってそんなものなんです! 焦って断乳しなくても平気です。 とはいえ、日々の育児ストレスは何とかしたいですよね。
母乳

1歳過ぎ夜中に起きて遊ぶ赤ちゃんのお世話がツライ…寝かせるコツは?

1歳ぐらいになると、生活リズムも整ってきて、朝までグッスリ寝てくれると思ってたのに…なんだか違う! むしろ、夜中に覚醒しちゃってご機嫌で遊ぶことがある…!どうしたらいいの!?と悩みますよね。 赤ちゃんの相手をしてあげたほうがいいのか? それとも、寝る時間だから根気強く寝かしつけした方がいいのか…? 実は、安全を確保した上で、親は寝たふりしちゃってOKなんです!
母乳

寝る前の授乳はいつまで?母乳なしでも眠れるようになった簡単な方法

夜寝る前の寝かしつけの授乳、いったいいつまで続ければいいのか?ふと疑問に思いますよね。 早い子だと、離乳食をしっかり食べられる生後7~8か月ぐらいで、寝る前の授乳が不要になる子もいます。 ですが、あくまで目安です。 個人差が大きいため、焦らずに進めることが大切です。 わが家の場合、二人の子供が完母で育ったのですが、二人とも卒乳する1歳半まで寝る前の授乳は必須!でした…。 ママも子供もムリなく安心して眠ることができるなら、寝る前の授乳は意味があると思います。 母乳は子供の心の栄養にもなってますからね。
母乳

授乳が痛いはいつまで続く?吸い始めの痛さや張りを和らげるコツ3つ

はじめての授乳って、想像以上に痛いんですよね! ある程度、授乳の痛みに慣れるまで、時間がかかることは仕方ないのですが、「少しでも痛みを和らげたい!」と考えますよね。 よく紹介されている方法は、馬油やランシーノので保湿する方法。 もちろん、保湿することで痛みが和らぐこともありますが、実は根本的な解決にはなってないんです!
母乳

離乳食後の授乳はいつまで?離乳食が3回食になったら辞めてOK!

離乳食を食べた後は授乳しましょう!と育児書などに書かれていますよね。 ですが、いったいいつまで続ければいいのか?疑問に思いますよね。 目安としては、「生後9か月以降で、離乳食が3回になっている子」なら、離乳食後の授乳を辞めてもOKです! ただし、「赤ちゃんが欲しがらなければ」です。 あくまで、一つの目安ですので、「母乳を欲しがる場合はあげてOK」ですよ。
タイトルとURLをコピーしました