ネイルやマニキュアのまま米とぎってNG?便利グッズで楽々お米研ぎ

家事

スポンサーリンク

ネイルやマニキュアをしたまま米とぎをするのって、
やっぱりNGなんでしょうか?

でも、米とぎをするたびにビニール手袋をするのは
ちょっと面倒ですよね。

実は、ネイルをしていても、していなくても
きちんと洗った手で米研ぎすればOKなんです!

ですが、せっかくのネイルが剥げてしまう
原因にもなりますので、
できれば、ネイルをしたままの米研ぎは避けたいですよね。

それに、冬のお米とぎは水が冷たく
手が荒れてしまうのも困りますよね。

そんな悩みを一気に解消しちゃう、
米とぎの便利アイテムをご紹介します。

スポンサーリンク

ネイルやマニキュアをしたままお米をとぐのは本当に不衛生なの?

結論は、ネイルやマニキュアをしていることよりも、
清潔な手で米とぎをすることが大事なんです。

特に、爪の間は入念に洗ってくださいね。

逆に、ネイルをしていなくても、
きちんと洗っていない手で米とぎをしてしまうと
不衛生なんです。

全く手のケアをしておらず、
ささくれだらけの手では不衛生になってしまうんです。

ネイルをしていても、していなくても、
お料理する前にはしっかり手を清潔にする。

これが基本です。

また、もう一つ。

ジェルネイルをしていると、
爪が長くなりがちですよね。

長い爪は、ばい菌が入りやすいうえに、
料理をするときもやりづらいですよね。

ジェルネイルって長持ちするのが嬉しいんですが、
自分でオフするのは難しいですよね。

すぐにジェルネイルをオフできないけど、
爪が長くなってきてしまって気になる。

そんなときは、自分で爪やすりを使って
爪を短くするのがおすすめですよ。

ちなみにわたしも、こちらの爪やすりを愛用しています。

爪やすりといえば、以前テレビでも紹介された
「5セカンズシャイン」が有名ですが、
ちょっとお高いんですよね~。

それに比べると、こちらはお値段もお手頃。

大小2本セットですので、
わが家では大きいのは大人用に、
小さい方は子供の爪を整えるのに使っています。

子供の爪切りについては、
別の記事で詳しくご紹介しています。

気になる方は、チェックしてみてくださいね。

赤ちゃんの爪が痛い!上手な切り方のコツ4つを知ってトラブル回避

爪切りで切ったあと、
爪やすりで整えると角がなくなり
キレイになってとても嬉しいです。

ガラスの爪やすりなら、何度でも洗って繰り返し使えますので
まだ持ってない!という方、
一つあるととても便利ですよ。

 

お米研ぎの便利グッズは100均にも!便利ツールで時短

実は100均でお馴染みのセリアに、
ネイルやマニキュアしたままでもお米研ぎが出来る、
『なるほど米とぎ』という商品があります。

このグッズを使えば、
手を濡らさずにお米をとぐことが出来ます。

せっかくのネイルも長持ちしますし、
手荒れの心配も減りますね。

何より、衛生的なのが嬉しいですよね。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

なるほど米とぎ ピンク
価格:110円(税込、送料別) (2020/3/19時点)

楽天で購入

 

 

100均の商品であれば、
気軽に試すことができますね。

できればもっと、本格的なキッチンツールが欲しい!

そんな方にはこちらがおすすめです。

米とぎがラクになるのはもちろん、
お手入れしやすいのもポイントです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【メール便・送料150円】マーナ らくらく米とぎスティック K526W
価格:503円(税込、送料別) (2020/3/19時点)

楽天で購入

 

 

米研ぎは泡だて器はNG!代用するならヘラがおすすめ

米研ぎをするの便利グッズが自宅にない場合、
何か他のもので代用できないか?
考えちゃいますよね。

結論は、泡だて器はNG!

代用するなら、
木べらやゴムベラなどヘラの方がおすすめです!

というのも、泡だて器だと
米を砕いてしまうことがあるんです。

ヘラなら、米を砕いてしまう心配もないので、
安心して米研ぎをすることが出来ますよ!

また、しゃもじでもヘラ同様、
米研ぎグッズの代用になりますよ。

ただし、無洗米の場合は、お米の表面に
わざと傷をつけたほうが水を吸いやすく、
ふっくらとしたお米に炊き上がります。

ご自宅で使っているお米にあわせて
用途を選んでみてくださいね。

無洗米って、米とぎ不要なのが魅力ですが、
美味しいお米にするには、ひと手間かけるといいんですね~。

せっかくのネイルを長持ちさせるためにも、
ぜひ、便利グッズを活用してみてくださいね。

また、冬の手荒れに悩んでいる方にも
お米とぎのキッチンツールは重宝します。

ちなみに、子育て中のママの場合、
ネイルをあまりしなくなった・・・という方も
多いですよね。

理由は、自分の時間があまり無いなど、
さまざまだと思いますが、
やはり、指先がキレイだとテンション上がりますよね!

ネイルをしたいけど、周りの目が気になる・・・

そんな方は、ぜひ、こちらの記事を読んでみてくださいね。

ママなのにネイルってダメなの?子育て中でも批判されないネイル術

タイトルとURLをコピーしました