千秋公園桜まつりの駐車場を地図付きでご紹介!無料の駐車場もアリ

秋田

スポンサーリンク

秋田県秋田市、千秋公園周辺の駐車場情報です。

千秋公園内に有料の駐車場がありますが、14台しか収容できないため常に満車状態。
しかも、桜まつり期間中は駐車できませんので、周辺の駐車場を利用するしかありません。

現地に着いてから慌てることが無いよう、千秋公園周辺の駐車場をご紹介します。
しっかりチェックしてからお出かけくださいね。

スポンサーリンク

【駐車場】千秋公園桜まつり周辺の駐車場を地図付きで解説

商業施設「エリアなかいち」(千秋公園まで徒歩4分)

千秋公園までいちばん近い有料駐車場です。
収容台数が多く、24時間営業ですので、個人的にはいちばんオススメです。

<カーナビ用住所>〒010-0001 秋田県秋田市中通1丁目3−4

<収容台数>507台

<料金>30分まで無料/1時間100円/16時~翌10時までは最大500円

<営業時間>24時間

秋田市公営駐車場(千秋公園まで徒歩10分)

<カーナビ用住所>〒010-0001 秋田県秋田市中通2丁目6−2

<収容台数>537台

<料金>最初の60分200円、以降30分毎100円/最大料金600円

<営業時間>7時~22時30分

営業時間外の車の入出庫および駐車場内への立ち入りはできませんので、要注意です。

秋田市役所駐車場(千秋公園まで徒歩20分/※無料)

基本的には、市役所へ来た方の専用駐車場ですが、
平日17時15分~と、土日・祝日は一般開放されています。
夜桜見物の方や、休日に行く方はオススメです。

<カーナビ用住所>〒010-8560 秋田県秋田市山王1丁目1−1

<収容台数>257台

<料金>無料

<営業時間>土日・祝日は24時間開放

秋田市役所の駐車場は無料で開放されているのが嬉しいですね。
ただ、千秋公園までは少し距離があります。
荷物がたくさんあったり、子連れの場合は、
エリアなかいち」または「秋田市公営駐車場」がオススメです。

【交通規制】千秋公園桜まつり期間中は交通規制あり

例年、千秋公園の桜まつり期間中は、千秋公園周辺で交通規制があります
時間は10時~24時までです。
車でお出かけされる方は、必ず事前にチェックしてお出かけくださいね。

【電車】千秋公園桜まつりへ電車で行く方法

千秋公園は秋田駅から徒歩10分ほどのところにあります。

千秋公園の周辺にはたくさんの駐車場がありますが、
駅が近いこともあり、道路はとても混雑するエリアです。

車の運転が苦手な方は、電車で行かれた方が無難です。

また、秋田駅周辺でゆっくり時間を取れる方は、
駅前の商業施設でショッピングや食事を楽しむのもオススメです。

【混雑状況】千秋公園桜祭りは・・人、人、人!混雑を避けるには?

ずばり9時までには到着するように行けば、
レジャーシートを広げてお花見を楽しむことができます。

可能であれば休日を避けて、平日の方が空いています。

休日で天気が良く、桜も満開、そしてイベントも盛りだくさん!
という日は、混雑覚悟でお出かけしてください・・!

11時を過ぎるとイベントが開始され、人出も多くなります。

特に、特設ステージ前はレジャーシートがびっしり敷き詰められます。

混雑を避けて、ファミリーでゆっくり楽しみたい方は、
イベント会場より奥、弥高神社の手前あたりがオススメです。
トイレも近くにありますので、子連れには安心できますね。

【子連れ】千秋公園の桜まつりをファミリーで。日焼け止め必須!遊具・トイレは?

桜が咲く4月の秋田は、肌寒い日もあれば暑いくらいの日もあります。

気温が上がりそうな日は、半そでにパーカーを羽織ると、
暑くなってもしのげますね。
うっかり日焼けをしてしまう場合もあるので、日焼け止めも忘れずに。

レジャーシートの他、テントもあると完璧ですね。

ただ、人ごみの中、荷物を抱えて歩くのは大変です。
子連れの場合は、ベビーカーを活用したり、
荷物は最小限のものにするなど工夫が必要です。

千秋公園内には、遊具はありますが小規模です。
バス専用駐車場の少し奥の広場にあります。
お花見に飽きてしまったお子さんを、少し遊ばせる程度ならじゅうぶんです。

トイレは公園内に全部で8か所あります。
事前に地図で場所を確認しておくと安心ですね。

【見所】千秋公園の桜まつり写真スポット3選

千秋公園には、約730本の桜が植えられています。

しかも、ソメイヨシノ、シダレザクラ、八重桜、オオムラザクラなど、
桜の種類も豊富。
それぞれの桜の違いを探してみると、意外な発見があるかもしれません。

写真スポット1:池とシダレザクラ

千秋公園の入り口付近には池があります。
池のほとりにはシダレザクラが咲いています。
水面に映えるシダレザクラは写真映え、間違いなしです。

写真スポット2:御衣黄桜(ギョイコウザクラ)

千秋公園には、御衣黄桜(ギョイコウザクラ)というとても珍しい桜があります。
なんと緑色の花が咲きます。
そして最も美しいとされているのが、花の最盛期が過ぎたころ。
赤と緑のグラデーションになります。

ぜひ、探してみてください!

写真スポット3:桜と梅のコラボレーション

※写真はイメージです

千秋公園の「黒門入口」周辺には桜(エドヒガン)と梅が植えられていて
ほぼ同時に咲くので、桜と梅の両方を楽しむことができます。

秋田には、桜前線と梅前線がほぼ同時になってきます。
他県ではなかなか見られない光景ですよ。

もちろん年によって違うので、見られたらラッキーです。

【イベント】千秋公園の桜まつりは連日イベントが満載

桜まつり期間中の土日・祝日は朝から夕方まで、イベント盛りだくさん!
千秋公園内の「二の丸」に特設ステージが設置されます。

太鼓演奏に民謡ショー、子ども向けのご当地ヒーローショーなど、
桜まつりの気分が盛り上がります。

観たいイベントの日時を事前にご確認くださいね。
ちなみに、ステージ前の広場はレジャーシートで埋め尽くされますので、
ゆっくり観たい方は、朝からの場所取りは必須です。

【屋台】千秋公園の桜まつりでグルメも堪能

約80軒もの屋台が立ち並びます。
定番のグルメから、秋田ならではの屋台まで、なんでも揃っています。

ただ屋台が立ち並ぶスポットは人通りも多いです。
特にイベントが行われる「二の丸」付近は大混雑。

お目当ての商品をなるべく並ばずにゲットするには・・
「二の丸」の屋台を避けて、図書館の裏あたり、坂道に出店している屋台を狙いましょう。

イベント会場付近は大混雑しますので、
少し周辺を散策すると、別の場所にも屋台があります。

【ライトアップ】千秋公園の桜まつり期間中は夜桜も

18時~22時まで千秋公園内の桜がライトアップされます。
昼間とは全く違う桜を楽しむことができます。

4月とはいえ、秋田の夜は冷えますので、羽織るものを忘れずに。

【開花時期】千秋公園の桜まつり開花予想は?

例年、4月中旬~4月下旬に桜の見ごろを迎えます。
ゴールデンウィーク前半と被るため、この時期に満開になると
混雑は避けられませんね・・。

とはいえ、お天気次第ですので、お出かけ前に最新情報のチェックはしてくださいね。

【問い合わせ先】千秋公園桜まつりに関する情報

秋田市観光振興課
電話:018-888-5602
(土日祝日は秋田市観光案内所 018-832-7941)

タイトルとURLをコピーしました