法体の滝へのアクセスは車が便利!元秋田県民が満喫方法をご紹介

秋田

スポンサーリンク

「日本の滝百選」にも選ばれている秋田県の「法体の滝」。
近年では、映画「釣りキチ三平」の撮影舞台に選ばれ、有名になりました。

元秋田県としては、嬉しい限りです!

法体の滝周辺はとても涼しいので、
夏休みに友だちと魚のつかみ取りを体験したり、
スイカ割りやバーベキューをしたりと、楽しい思い出がたくさんあります。

法体の滝へのアクセスやトレッキングコース、帰りに立ち寄れる温泉施設などをご紹介します。

スポンサーリンク

【アクセス】法体の滝へのアクセスは車じゃないとムリ!

地図で見てもわかる通り、法体の滝は街中から離れたところにあります。

いちばん近い由利高原鉄道「矢島駅」からでも
車で40分の距離にあります。

秋田県内を観光するなら、レンタカーの手配は必須です。

法体の滝には無料の駐車場が完備されていますので、
安心して車でお出かけしてくださいね。

【冬期は閉鎖】法体の滝への通行止め情報

11月上旬~4月下旬は雪により、通行できません。
冬は観光できませんので、ご注意ください。

【紅葉祭り】法体の滝×紅葉の絶景を楽しむ

法体の滝は、紅葉スポットとしても知られています。

滝つぼのまわりを彩る紅葉はまさに絶景。

また、滝の上流「玉田渓谷」には散策路があります。
紅葉したブナや広葉樹林をトレッキング気分で楽しむこともできます。

毎年10月中旬には法体の滝「紅葉まつり」が開催されます。
郷土芸能では獅子舞が披露されたり、
子供たちに人気の岩魚のつかみ獲り体験、
地元の特産品の販売など、紅葉を賑やかに盛り上げます。

他にも、きのこ汁の無料サービスも。
肌寒い季節の汁物は嬉しいですね。
ただし、先着順ですのでご注意くださいね。

<法体の滝「紅葉まつり」の問い合わせ先>
由利本荘市観光協会鳥海支部
(由利本荘市鳥海総合支所産業課内)
電話:0184-57-2205

【キャンプ】法体の滝「法体園地」でキャンプを楽しむ

法体の滝の前には「法体園地」という広大な広場があり、
滝を眺めながらキャンプを楽しむことができます。

開設される時期は、5月下旬~11月。

予約は不要、しかも利用料金は無料です。

フリーサイトなのですが、設備は炊事場・トイレ・レストハウス・東屋・
ロッジ・バリアフリートイレなどがあります。

キャンプといえば、やっぱり夏がおすすめです!

家族でテントを張ってのキャンプは、子供たちが大喜びします。
キャンプ場の目の前には澄み切ったキレイな川が流れていますので、
川遊びも楽しめちゃいます。

ただし、夏でも秋田の夜は冷えます。
その上、ここは滝のマイナスイオンの効果もあって、さらに涼しいです。
むしろ、寒いほどなので、長袖の上着は必需品です。

また、周辺にはコンビニやスーパーなど、買い出しできるところがありませんので、
秋田方面からお越しの方は途中の矢島町で買い物を済ませてくださいね。

<お問い合わせ先>
鳥海総合支所産業課
電話:0184-57-2205

【法体の滝について】基本情報

法体の滝は、一の滝、二の滝、三の滝からなっています。
流長は100m、落差57.4m、滝幅は3~30mと末広がりの名瀑です。

この末広がりの滝の形が、修行僧が僧衣をまとっている姿
「法体」に似ていることから、「法体の滝」と呼ばれるようになったそうです。

法体の滝は「日本の滝百選」にも選ばれています。
また、映画「釣りキチ三平」のロケ地としても知られています。

赤いつり橋を渡ると、滝の上へ登る石段があります。
石段の途中には滝見台があり、法体の滝を上から見下ろすことができます。

晴れていれば、鳥海山を臨むことができます。

この法体の滝、水源は鳥海山なのですが
鳥海山に向き合う形で滝が流れている、というとても珍しい光景になっています。

石段を登り、1段目の上流部と2段目の河床では甌穴(おうけつ)を見ることができます。
甌穴とは、河底の岩盤に掘られた円形、あるいは楕円形の穴のこと。
学術的にも珍しいため、秋田県の名勝および天然記念物に指定されています。

【見ごろ時期】法体の滝は春・夏・秋いづれも素晴らしい

春は新緑に囲まれた法体の滝を楽しむことができます。
また、春は鳥海山から雪解け水で滝の水量が増すため、
一年の中ではもっとも荘厳な姿を見せてくれます。

夏は避暑として、法体の滝のマイナスイオンを存分に感じることができます。
川遊びやバーベキューなどもできるので、
子供連れの家族には人気のスポットです。

秋は紅葉を楽しむことができます。
紅葉まつりも催されるため、秋の実りの季節を賑やかに彩ります。

【トレッキングコース】法体の滝・玉田渓谷コース

法体の滝の上流「玉田渓谷」には、およそ2.5キロにおよぶ散策道があります。
旧森林軌道を利用しており、ブナを主体とした広葉樹林の中、
甌穴(おうけつ)などの渓谷の美しさを堪能できます。

往復で、約3時間の散策コースです。

スタートは「弘法平」。「一の滝入口」までは30分のコース。
さらに、鳥海山の登山口「百宅登山口」までは45分のコースです。

林道のため、比較的歩きやすいコースになっており、
トレッキング初心者でも楽しめます。

一の滝入口からは、渓谷を眺めることができます。

残雪が消える5月中旬から、雪が積もる前11月中旬頃まで楽しめます。
ただし、夏は暑い上に、アブが多いためおすすめできません。
アブは刺されると非常に痛いです。

途中、「一の滝入口」からは法体の滝へ立ち寄ることができます。

【グルメ&温泉】法体の滝周辺の観光情報

法体の滝前レストハウスすえひろ

川魚の塩焼きやそばを堪能できるレストランだったのですが、
残念ながら、休業されていることがわかりました・・。

法体の滝に行くと、必ず家族とここで食事をしていました。
とてみさみしい気分です・・。

(秋田魁新報より)
https://www.sakigake.jp/news/article/20181102AK0007/

鳥海(ちょうかい)フォレスタ

鳥海フォレストは食事に宿泊・温泉も楽しめる施設です。

温泉はトロトロの泉質で、湯冷めしにくいと言われています。
日帰り入浴もできますので、気軽に立ち寄ることができます。

(法体の滝からは車で45分)

公式サイト
http://foresta-chokai.com/index.php

鳥海荘(ちょうかいそう)

鳥海荘も食事に宿泊・温泉が楽しめる施設です。

温泉は露天風呂をはじめ、内湯は全身食・圧注浴(ジェットバスで立って入る)
寝湯・サウナとさまざまなタイプの温泉を楽しめます。

晴れていれば、露天風呂から鳥海山を臨むことができます。

鳥海荘のほうが、鳥海フォレスタよりも混んでいる印象です。

(法体の滝からは車で30分)

公式サイト
http://www.chokaiso.jp/index.html

タイトルとURLをコピーしました