cocomama

子育て

フォローアップミルクを寝る前に飲ませるとよく寝る?虫歯は大丈夫?

赤ちゃんが夜寝る前にフォローアップミルクを与えているご家庭もあると思います。 ですが、離乳食が順調に進んでいる場合、フォローアップミルクは与えなくても大丈夫なんです! しかも、寝る前に与えることによって、どうしても虫歯のリスクが高くなってしまいます。 それに、離乳食をきちんと食べているのに、さらにフォローアップミルクを飲ませてしまうと、単純にカロリーオーバーになり太る原因にもなっちゃうんです。 赤ちゃんの健康のためにも、寝る前のフォローアップミルクの習慣は見直してみてくださいね。 もしかしたら、フォローアップミルクの飲み過ぎで、離乳食が進まないのかもしれません。
子育て

フォローアップミルク母乳の赤ちゃんに必要?気になる鉄分不足を解消

完全母乳でも混合でも、とにかく母乳を飲んでいる赤ちゃんでもフォローアップミルクは飲ませるべきかどうか、悩みますよね。 ミルクの赤ちゃんは、何となく徐々にフォローアップミルクへ切り替えていくのかな?と思っている方、多いと思いますが、ミルクとフォローアップミルクは全くの別物なんです! ミルクからフォローアップミルクへ、安易に切り替えていくものではないんです。 そもそもフォローアップミルクとは、牛乳に近い存在。 離乳食で摂りきることができなかった栄養を、フォローアップミルクで「補う」ものなんです。 つまり、離乳食が順調に進んでいる子にとって、フォローアップミルクの必要性は低いんです。 わが家も、二人の子供を完全母乳で育てましたが、フォローアップミルクは飲ませませんでした! それに、鉄分はバランスよく食べて初めて、体内に効率的に吸収されるものなんです。 鉄分単体でとっても、実はあまり意味がないんです。
子育て

フォローアップミルクと牛乳の違いとは?必要かどうか賢く決める!

1歳前後になってくると、そろそろミルクや母乳の卒乳時期を考え始めますよね。 そして、ちょうどこの頃に気になり始めるのがフォローアップミルクの存在。 フォローアップミルクとは、牛乳と近い存在と言われていますが、イマイチ何が違うのか?ハッキリとわからない方も多いと思います。 わたしも二児の母ですが、フォローアップミルクのことはよくわからず、飲ませるべきかどうか悩みました! まずはフォローアップミルク? そのあとに、牛乳に移行する? などなど、迷いますよね。 調べてみてわかったのが、フォローアップミルクと牛乳が決定的に異なるのは鉄分が入っているかどうか。 フォローアップミルクとは、育児用の粉ミルクや母乳とは異なり、「補う」ことが目的の赤ちゃん用の飲み物なんです。 つまり、離乳食が順調に進んでおり、赤ちゃんが元気にすくすく成長しているのであれば、フォローアップミルクの必要性は低いんです。
子育て

1歳の子育ての悩み&わが家の解決策まとめ!気持ちを和らげるコツ

1歳の子育ての悩み&わが家の解決策まとめ!気持ちを和らげるコツ 新生児育児の時期を過ぎると、徐々に寝る時間や授乳の時間が決まってきて、生活リズムが付いてきますよね。 少しだけ、子育てがラクになってきたわ~!と感じると同時に、新生児のころとは違う悩みが出てきちゃうんですよね。 ・離乳食 ・フォローアップミルク ・母乳やミルクのやめどき ・夜泣き などなど。 わが家でも、はじめての離乳食づくりには悪戦苦闘しましたし、寝かしつけや夜泣きにはずいぶん悩みました。 わが家の体験談も交えながら、少しでも育児がラクになる解決策をまとめました。
子育て

ベビーシーツの代用にバスタオルと防水シーツがお手頃!意外な活用術

ベビー布団を一式購入すると、敷き布団に防水シーツ・ラップシーツ・キルトパッドがセットになってますよね。 ここで気になるのが、洗い替え用にシーツは数枚用意した方がいいの?ということ。 別売りのシーツなどもあるため、洗い替え用も追加で買うとプラス2,000円ぐらいですね。 新生児のうちは、よく吐き戻したり、オムツをしていても漏れちゃうことがありますので、洗い替えは必須!というのをよく聞きますよね。 でも、もし代用できるものがあれば、その方が嬉しいですよね。
子育て

赤ちゃんに掛け布団はいらない!?冬でも本当に寒くないの?

出産準備でベビー用の寝具を調べていると、5点セット・7点セット、中には9点セットなど、種類もメーカーも豊富で本当に迷いますよね。 子育てを経験したことのあるママからは、「そんなに必要なかった」「バスタオルとかで代用できた!」なんていう話を聞くと、どこまで購入すればいいのか?迷いますよね。 特に、冬生まれの場合、本当に赤ちゃんは寒くないのかな?風邪ひかないかな?と心配になりますよね。 わが家も下の子が11月生まれで、寝具どうしよっかな~、でも上の子のベビー布団が一式あるし、とりあえず大丈夫かな~、という感じで特に買い足しはしませんでした。 夜は、和室に布団を敷いていたので、添い寝することに抵抗はなかったですし。
子育て

ベビー布団に必要最低限なものとは?一式揃えて気づいたいらないもの

ベビー布団、わが家は一式揃えたのですが、結局、「敷き布団」しか使いませんでした!(泣) ベビー布団のセットは敷き布団の他、枕・タオルケット・毛布・羽毛のセットだったのですが、大人と一緒の布団で添い寝する子だったので、掛け布団はほとんど活躍しませんでした~。 一応、夜添い寝するときは、掛け布団を大人用と分けていたので、使っていた時期もあるんですが、バスタオルやブランケットなどで代用できちゃいます! 特に、バスタオルは赤ちゃんのお世話をする上で、たくさんあると便利です。 防水シーツも必須アイテムです! わが家も、子供が生まれるときにアレコレ考えて悩んで買い物したんですが、やっぱり現実は違いますね・・・! わが家の体験談も交えながら、ベビー布団で必要最低限なものと、買い足すといいものをご紹介します。
母乳

新生児の授乳間隔が短い!授乳リズムを整えるコツをご紹介!

新生児の赤ちゃんの授乳間隔が短いと心配になりますよね! 「1~2時間しか空かない」「2時間空けばかなりいい方!」という方も多いと思います。 うちの子もそうでした! どうしてこんなに母乳を欲しがるんだろう? もしかして、母乳が足りてないのかな?と不安になっちゃいますよね。 授乳ばかりの毎日だと、ママは自分のこともなかなかできず、困ってしまいますよね。 ですが、授乳間隔が短いのはよくあること! 母乳不足とは限りませんので、欲しがるだけあげて大丈夫です。 とはいえ、もう少し授乳間隔を長くしたい。 授乳するのが痛い・・・という場合、少し外に出かけてみる方法、おすすめです! 赤ちゃんも外に行くと刺激をたくさん受けますし、ママも気分転換になります。 寒い冬でも、冷たい空気に触れることで、赤ちゃんの肺が丈夫になると言われています。 1か月健診を過ぎたら、ぜひ、積極的に外に出かけてみてくださいね。
母乳

赤ちゃんの吸う力を強くする方法はあるの?完母にこだわらずミルクを

どうやら、うちの子は母乳を吸う力が弱く、あまり母乳を飲めていない感じがする。 それに、すぐに体力がないのか、すぐに疲れて寝てしまい、授乳の間隔も長い・・・。 赤ちゃんが母乳をもっと飲めるようにするために、吸う力を鍛える方法ってないのかな?と思っちゃいますよね。 ですが、残念ながら、力を鍛える方法はありません! というのも、まずは赤ちゃんが成長するためには、しっかりと栄養をとってもらう必要があります。 ミルクを足すことも必要です! ですがなぜか完母にこだわりすぎていて、ミルクを足すことに抵抗があるママもいらっしゃるんですよね。 完母は生後4か月でも6か月からでも、移行することはできます! まずは赤ちゃんのためにどうするべきか?見極めてくださいね。
母乳

新生児が母乳をずっと欲しがるのは良くあること!二児の母の対策も

新生児の赤ちゃんって、四六時中母乳を欲しがりますよね~。 「え~、まだ飲むの~?」「さっきあげたばっかりなのに、もう欲しいの?」など、こちらが思うようなペースで授乳できませんよね。 それに、「こんなに飲ませて大丈夫かな?」「もしかして母乳が出てないから欲しがるのかな?」など不安な気持ちになることもありますよね。 ですが、大丈夫! 赤ちゃんはまだ「お腹いっぱい」という感覚がないため、「疲れるまで」「眠くなるまで」母乳を飲むよう脳にプログラミングされているんです! とはいえ、四六時中母乳を与える生活、ママは何も出来なくて困りますよね。 うちの子も、授乳時間が長かったので、授乳リズムが整うまで苦労しました。 わたしが頻回授乳を乗り越えた方法もご紹介します。
タイトルとURLをコピーしました