ベランピング雨の日対策はどうするの!?日本の気候じゃムリがある

トレンド

スポンサーリンク

ベランピングが流行していますよね。

ベランダなら、自宅の敷地内ですので、
きちんと目隠しをして、ソファやテーブルなどを置けば
立派なプライベート空間が出来上がります!

まるで、南国のリゾートホテルのような雰囲気。

憧れますよね~。

ですが、実際は日本の住宅事情や気候を考えると、
本格的なベランピングはかなり難しい。

虫も多いですしね。

そこで、わが家では、二人の子供たちと
ベランダで気分転換するときは、

  • 夕方
  • 折りたたみの椅子

を使ってくつろいでいます。

特別な道具を買いそろえなくても、
自宅にあるもので手軽に気分転換を楽しんでいます。

スポンサーリンク

ベランピングの雨対策が面倒!

せっかくベランダに屋外専用のソファを設置しても、
実際はお手入れが大変なんです。

日本は四季があるため、雨が多いですからね。

夏の紫外線で椅子やテーブル、ソファなど
かなり傷んでボロボロになることも。

いくら日除けや雨対策のためにシェードを設置していても、
風が強いときや、台風のときは雨でぬれちゃいますし、
何より、ベランダの物が飛ばされる危険も。

雨季と乾季のように、気候が安定している地域なら、
乾季の間だけ、庭やバルコニーなどにソファやテーブルを
設置するなら、さほど傷まないですよね。

ですが、日本の気候や住宅事情を考えると、
ベランダにアレコレ置きっぱなしにするのは
難しいんですよね。

もちろん、外専用のソファなどであれば、
ある程度長持ちしますが、ベランダがごちゃごちゃして
汚れる原因にもなっちゃうんですよね。

雨上がり、ベランダのソファの下の掃除なんて、
すごく大変そうです。

実はわが家も、ベランダに木製のテーブルと椅子を
置きっぱなしにしていたことがあるんですが、
雨に濡れ、紫外線に負け、ボロボロになってしまいました。

それ以来、ベランダに物を置きっぱなしにすること、
無くなりました。

ベランピングで気を付けるのは雨だけじゃない!?

ベランダにアレコレ物を置き過ぎちゃうと、
掃除が大変です。

特に、雨や台風で汚れたり、
物が飛ばされる危険もあります。

それに、ベランピングをするときは、当然、
ご近所への迷惑も考えなければいけません。

夜遅い時間に、外からワイワイガヤガヤ、
話し声が聞こえてきたら、イヤですよね~。

食べ物の匂いも気を付けないと、
苦情になっちゃう場合も。

ベランダでバーベキューをする!
という方も、いらっしゃるようですが、
火気と煙にはじゅうぶん注意しなければいけません。

そもそも、アパートやマンションの場合、
ベランダでの火の扱いは厳禁になっていることも。

また、ベランダが避難通路になってる
アパートやマンションも多いですよね?

ベランダに物が多いと、いざという時、
避難の妨げになってしまうんですよね。

ベランダだって家の敷地内といっしょ。
自分たちだけが楽しめればいいのでは?

というワケにはいかないんです。

煙、火、話し声、避難通路の妨げなど、
意外と気を付けなけきゃいけないこと、たくさんあります。

常識の範囲内で、ベランダでの息抜きや気分転換を
楽しみたいものです。

ベランピングを子供といっしょに楽しむ

わが家の場合、

  • 夕方
  • 折りたたみの椅子

を使って、ベランピングを楽しんでいます。

わが家のベランダ、南向きのため、
かなり日当たりが良いんです。

季節にもよりますが、昼間はかなり暑いこともありますので、
少し日が傾いてきた夕方あたりが気持ちいい時間帯なんです。

それに、夕方なら洗濯物を取り込んでいるので、
ベランダを広々使うことができます。

おやつを食べたり、読書をしたり、絵を描いたり、
お気に入りのおもちゃを持って行ったり。

子供たちも、思い思いに楽しんでいます。

おやつを食べるぐらいなら、食べ物の匂いは
気になりません。

読書やお絵かきなら、かなり静かに過ごせるので、
ご近所迷惑にもなりません。

いつも室内で使っているおもちゃも、
ちょっとベランダに持っていくだけで気分が違うようで、
いつもより夢中で遊んでいます。

レジャー用の椅子じゃなくても、
レジャーシートがあれば、じゅうぶんですよね。

小さいテントもあれば、日除けにもなるため、
便利ですね。

たまにはベランダのテントで、
お昼ご飯を食べれば、ピクニック気分も味わえますね。

ご近所への配慮もしながら、
ベランダのスペースも有効活用して
気分転換できるといいですね。

タイトルとURLをコピーしました