妊娠中に風邪を引いたら自宅療養が第一!症状が長引く場合は病院へ

妊娠

スポンサーリンク

長い長い妊娠中に風邪を引いてしまうこともありますよね。

とにかく早く風邪を治したいですね。

わたしが妊娠中に風邪を引いてしまったときの対処法はこちら。

  • 自宅で安静にする、薬は葛根湯を
  • 病院を受診する場合は、産婦人科が併設されている総合病院の内科へ

この方法、あらかじめ産婦人科のドクターに確認しておいた方法なんです。

わたしが通っていた産婦人科は個人病院でしたので、
妊婦が風邪のときに診察してくれたり、薬を処方してくれることはなかったんですね。

それに、わたしが妊娠した初期は、季節が冬で、仕事もしていたので
通勤で満員電車に乗る機会も多かったんです。

いくらマスクをして予防していても、妊娠中は疲れやすいので
いつのかにか風邪をもらってしまうこともあるんですよね。

まずは自宅でゆっくり休養をして、
それでもなかなか治らない場合は、病院へ受診する、という流れがおすすめです。

スポンサーリンク

妊娠中に風邪を引いたら、まずは自宅で安静に

妊娠中に風邪を引いてしまっても、慌てずにまずは休養を取るようにしてみて。

わたしの場合、「葛根湯は飲んでもいいよ」と産婦人科のドクターから
言われていましたが、妊娠の経過や他に持病がある妊婦さんなど、
必ずかかりつけのドクターに確認してくださいね。

それと、どうしても市販薬を飲むことに不安を感じる場合、
薬は飲まなくても大丈夫ですよ。

風邪は市販薬を飲まなくても、自然に治癒します。

それに、風邪のウイルスが胎児に何らかの影響を及ぼす可能性は低いので、
ゆっくり自然治癒で治しても問題ありません。

薬を飲むことをアレコレ調べたり不安になるも、とにかく自宅で早めに休みましょう。

  • 加湿をする
  • マスクをつける
  • 水分補給はたっぷりと
  • 体を温めるしょうがなどを取り入れる
  • 消化吸収のいい物を食べる

特に喉が痛い、咳が出る、という場合、
家の中で横になっているときでもマスクを付けていると乾燥を防ぐことが出来て
のどの痛みが和らぎます。

一つ、気を付けたいのが、風邪を引いてしまった後に
柑橘系の果物を食べるのは避けましょう。

たしかに、果物に含まれるビタミンCはカゼ予防に役立つのですが、
これはあくまでも風邪を引く前の予防です。

果物は体を冷やしてしまいますので、
風邪を引いた後は、体を温める食べ物を摂るようにしてくださいね。

妊娠中の風邪が長引くようなら病院へ

いくら休養をとっても風邪がいっこうに良くならない、
むしろ悪化している・・という場合は病院へ受診しましょう。

その際、妊娠中であることは必ず伝えてくださいね。

病院を受診する場合は、産婦人科が併設されている
総合病院などの内科がおすすめです。

と、わたしがお世話になっていた産婦人科のドクターには言われました。

ただ、総合病院の内科って、めちゃくちゃ混んでるんですよね・・。

長時間待たなきゃいけないのは、覚悟しないとです。

ただ、わたしの場合、喉が痛くて受診したので、
内科ではなく耳鼻科の受診を病院の看護師さんにすすめられました。

耳鼻科はあまり混んでいなかったので、穴場でした。

でも、熱もないし、ただ喉が痛いのを早く治したい!だけで
安易に病院を受診しちゃダメですね。

耳鼻科のドクターに「どうする?薬いる?飲まなくても大丈夫そうだけど」
と言われてしまったんです。

いやいや、こっちは早く治したいから受診したのに
薬を処方しないなんて・・!と思いましたが、風邪の初期症状に薬は必要ないんですね。

手洗いうがいと休養!これがいちばんです。

それに、安易に病院に行くと、他の風邪ウイルスをもらってしまう可能性もありますし、
ただでさえ妊婦で疲れやすいのに、長い待ち時間はそれだけで苦痛です。

妊婦だからといって慌てて病院を受診するよりも、
風邪の引き始めには、自宅での療養がおすすめです。

妊娠中に風邪を引いてしまった場合のまとめ

仕事をしている妊婦さんの場合、早く治して元気に出社したい!
と思いますよね。

風邪を早く治すには休養が第一です。

早く帰って休めるように仕事を調整したり、
思い切って会社をお休みして、安静にしましょう。

決して無理はしないでくださいね。

妊婦でも、飲むことが出来る風邪薬はあるのですが、
自己判断で市販薬などの服用は絶対にしないでくださいね。

まずは、かかりつけの産婦人科のドクターに確認してくださいね。

もし、病院を受診する場合は、妊娠中であることは必ず伝えてくださいね。

妊娠中でも服用できる薬を処方してもらえます。

風邪を引いても慌てずに、ゆっくり休んでくださいね。

タイトルとURLをコピーしました