猫に旅行中に留守番させても大丈夫?大事な猫に快適空間を作る方法

ペット

スポンサーリンク

飼い猫に旅行中に留守番させても大丈夫か、
やっぱり心配になりますよね。

でも基本的に、1泊だけなら
猫ちゃんを留守番させてもOKなんですよ!

ただし、それにはいくつか注意点があるので、
今回は飼い猫に旅行中の留守番をさせる際に、
気を付けておきたいことを詳しく紹介します。

スポンサーリンク

猫に留守番は大丈夫?一泊ならこの2つの準備でOK!

基本的には1泊だけなら旅行に行って、
飼い猫に留守番をさせても大丈夫です。

ただし、以下の2つは必ず守りましょう。

必ず留守中に足りる分のご飯と水を用意しておく

当然ながら、やっぱりご飯は
しっかり置いておかなければいけませんよね。

ただし、与えたご飯を一気食いしてしまう
猫ちゃんもいますよね。

ご飯を一皿に山盛りするのではなく、
何皿かに分けて、
かつ、置く場所も分散させておくのがおすすめ。

もしくは、タイマーをセットして、
時間通りにご飯を与える自動給餌機もあります。

少し、お値段が高いように感じますが、
あまり安い商品だと、

  • 給餌器からエサの匂いが漏れる
  • 猫が蓋を開けてしまうことがある
  • トレイの掃除が面倒

など、デメリットも。

旅行だけではなく、
昼間に仕事で外出する方など
1台しっかりした給餌器があると重宝しますよ。

 

また、飲み水も忘れずに
たっぷり置いておくようにしましょう。

トイレを最低でも2つは置いておく

猫ちゃんはトイレが汚れていると、
トイレ以外の場所で用を足したり、
我慢して膀胱炎を発症させてしまうことがあります。

そのため1泊旅行なら、トイレは最低でも2つは必要。

そうすれば留守中も安心してトイレが出来るので、
猫ちゃんも快適に留守番させられますよ。

以上の2つを守るのがベストなんですが、
ペットシッターさんを雇う、という方法もありますよ。

ただし、猫ちゃんが人見知りの場合は、
ストレスを与えてしまう可能性もあります。

なるべくは必要分とご飯と水とトイレを用意して、
留守番させておきましょう。

猫の留守番にケージは危険な場合も

猫を留守番させておく際に、
ケージに入れておくこともありますよね。

ただし、1泊旅行などで長時間ケージに入れておくと、
猫ちゃんにストレスが溜まって大暴れしてたり、
ケージに足をひっかけてケガをしてしまう場合も!

そのため、長時間ケージに入れっぱなしというのは、
思わぬトラブルを引き起こしてしまう場合もあるんです。

そこで、ケージには入れないようにして、
猫ちゃんがイタズラしそうなものはしっかり片付けておいて、
部屋で自由に遊べるようにしておきましょう。

旅行中に猫にエアコンを付けていく場合の注意点3つ

夏の暑い時期や、冬の寒い時期には
エアコンをつけっぱなしにしていくことは必須です。

その際、

  • エアコンのリモコンをしまう
  • 適温にする
  • 停電したときのアイテムも用意する

この3つが必要です。

ではそれぞれを詳しく解説しますね。

エアコンのリモコンはしまっておく

エアコンのリモコンを出したままにしておくと、
猫ちゃんが足で踏んで
温度を変えたり停止させてしまうことも!

それを防ぐためにも、エアコンのリモコンはしまってから、
旅行に行くようにしましょう。

猫ちゃんが快適な適温にしておくこと

猫ちゃんは夏場なら26℃~28℃、
冬場なら20℃~22℃になるように設定しておきましょう。

基本的には、人といっしょに過ごしているときと
同じ温度で大丈夫です。

また、エアコンの風が直に猫ちゃんに当たらないように、
風の吹き出し口にも気を付けてあげてくださいね。

停電した時のためのアイテムを置いておく

万が一、留守中に停電してエアコンが停止してしまった時のために、
夏場ならペット用のひんやりマットを置いておいたり、
冬場なら毛布や暖かそうな猫用ハウスを置いておくなど、
快適に過ごせるようなアイテムを置いておきましょう。

 

そうすれば、留守中にエアコンが万が一停止しても、
猫ちゃんが熱中症になったり、寒さで凍える心配もないですよ!

他にも、エアコンをつけっぱなしで出かける場合、
普通は冷暖房の効率を考えて
ドアを閉めますよね。

ですが、ドアを閉めたままだと、
停電のときに逃げ場がなくなってしまいます。

もし、停電になってしまった場合、
特に夏場だと、
猫は自分で涼しい場所を探すことができます。

玄関のタイルやお風呂場など。

万が一に備え、
猫が自由に動き回れるようにしておくと
安心ですよ。

猫に旅行中に留守番させるときの注意点まとめ

1泊だけの旅行ならご飯と水と清潔なトイレを用意しておけば、
猫ちゃんを留守番させても大丈夫!

ただし、ケージに入れたままにすることを避け、
エアコンのリモコンはしまうようにして、
適温の状態にしておいてあげましょう。

また、万が一エアコンが停止した時の対策アイテムも、
念のため置いておくと安心ですよ!

タイトルとURLをコピーしました