産後の抜け毛がひどい・・ストレス寝不足でも簡単ケアで乗り切った

産後

スポンサーリンク

産後にごっそりと抜ける髪の毛・・
あまりにもひどすぎて、このままハゲちゃうんじゃ・・!?
という恐怖にかられてしまいます。

ネットで産後の抜け毛対策を調べてみると
「ストレスを溜めないよう」「規則正しい生活で運動・睡眠を」
「食生活を見直してみましょう」
などと書かれていることが多いのですが、ハッキリ言って、ムリです!

慣れない育児でストレスが溜まらないわけがないし、
昼夜関係なく赤ちゃんのお世話をしなきゃいけないので、寝不足は当たり前。
食事に至っては、食べる時間すらないことも。

赤ちゃんは可愛いけれど、育児ってものすごいパワーを使います。

赤ちゃんに手がかかるので、当然、自分のケアに時間もお金もかけられないですよね。

そこで、わたしが産後の抜け毛がひどかった時期に実践した対処法はこちら。

  • シャンプー前と後に必ずブラッシングをする
  • タオルドライは優しくポンポン
  • 洗い流さないトリートメントを使う

育毛剤を使ったり、スカルプケアのシャンプーに替えたり、
頭皮マッサージに通ったり・・と、そんな特別なことは何もしませんでした。

それでも、産後1年~1年半ごろには、すっかり抜け毛もなくなり
髪の毛も元に戻りました!

実はこの方法、美容師さんに教えてもらいました。

産後の抜け毛でかなり悩んでいたので、美容院に行くのが億劫だったんですが、
行きつけの美容師さんがアレコレとアドバイスをしてくれたんです。

すぐに実践できる方法ですので、みなさんも今日から始めてみてくださいね!

スポンサーリンク

産後の抜け毛がひどいときの3つの対策

シャンプー前と後に必ずブラッシングをする

髪の毛が絡まったままシャンプーやドライヤーをしてしまうと、
髪の毛が傷んでしまうんです。

しっかりブラッシングすることで、摩擦によるダメージを軽減できます。

産後の抜け毛がひどい時期って、手ぐしをするだけでゴッソリ抜けちゃうので
ブラッシングするのがイヤになってしまいますよね。

でも、放っておくと髪へのダメージが増すばかりです。

こわがらずに、しっかりとかしてくださいね!

それに、産後の抜け毛って、妊娠中に抜けなかった髪の毛が
産後に一気に抜ける、って言われているんです。

どうやら、ホルモンバランスが影響しているらしいんですけどね。

本来、抜けるはずの髪がまとまって抜けているんだ!と思えば、
抜け毛の量が多くても大丈夫!と思えませんか?

タオルドライは優しくポンポン

赤ちゃんがいる生活だと、どうしても赤ちゃん優先にしてしまうので、
自分のケアって雑になっていませんか?

髪の毛も、できるだけ早く乾かそうと思い、
お風呂上がりの濡れた髪の毛をタオルでゴシゴシ拭いていませんか?

タオルでゴシゴシ拭いてしまうと、髪の毛にダメージが・・!

さらに、産後の抜け毛を悪化させてしまいますので、
絶対にゴシゴシしないでくださいね!

おすすめの方法は、シャンプーが終わったら
お風呂の中でタオルを頭に巻いちゃう方法です。

タオルキャップがあると、より手軽ですね。

ゴシゴシ髪の毛を拭かなくても、自分の体を洗ったり、
赤ちゃんを洗ったりしているうちに、余計な水分をタオルが吸収してくれます。

お風呂の中にいる時間を有効活用して、
お風呂上がりのタオルドライの時間をカットできちゃいます。

洗い流さないトリートメントを使う

タオルドライしたあと、ブラッシングをおえたら
洗い流さないトリートメントをつけてくださいね。

すでに活用しているママも多いと思いますが、
ドライヤーの熱から髪を守ってくれますので、
産後の抜け毛がひどく、少しでもダメージを減らしたい時期にはおすすめのアイテムです。

まだ使ってないよ・・というママ、市販の洗い流さないトリートメントでもOKですので、
お散歩ついでにドラッグストアに立ち寄って、購入してみてくださいね。

とても基本的な、髪の毛の3つのケアの方法ですが、
産後の抜け毛がひどい時期に、ぜひ試してみてください。

しかも、今回ご紹介した方法、ドライヤーで乾かす時間も短縮できるんです。
特に、ワンオペ育児で赤ちゃんを一人でお風呂に入れているママ、
お風呂上がりに自分の髪を素早く乾かすことができたら、嬉しいですよね。

さらに、乾いたタオルをかぶってドライヤーをすると、
不思議と乾く時間が短縮できるんです。

詳しくは、こちらの記事でご紹介していますので、あわせて読んでみてくださいね。

ワンオペのお風呂上がりドライヤーで自分の髪を素早く乾かすコツ4つ

産後の抜け毛がひどいとき生活改善できなくても大丈夫!

産後の抜け毛で悩んでいた時期、ネットで調べてみると
「ストレスを溜めない「睡眠不足に注意」「食事の改善」などの対策がずらり。

うん、ムリ!(笑)

育児でストレスが溜まらないわけがないし、
夜間授乳も必要な時期ですので、寝不足にならないわけがないです。

で、唯一「できそうだな」と思ったのが食事改善です。

ただ、食事改善と言っても、育児の合い間にご飯を作ろうと思っても
なかなか手の込んだものは作れないし、
ましてや、ゆっくり食事する時間もない!

そこで、わたしが取り入れた方法が、
「簡単に取り入れることができる食材を意識して食べるようにすること」でした。

・納豆
髪の毛の主成分であるたんぱく質を多く含んでいます!
ただし、女性ホルモンに似た、イソフラボンを多く含んでいるので
1日2パックまでが限度です。

・わかめ、海苔
ビタミン、ミネラルを多く含んでいます。
乾燥わかめをお味噌汁にプラスするだけでも十分です。

・ヨーグルト
カルシウムの摂取も髪の毛の成長には必要です。
ただし授乳中の場合、乳製品を摂りすぎると母乳が詰まる原因にも。
低カロリー、無糖のヨーグルトがオススメです。

・カシューナッツ、アーモンド
髪の毛に欠かせない、亜鉛を含んでいます。
間食にナッツ類を取り入れてみてください。
ただし、高カロリーですので食べ過ぎ注意です。

どの食材も調理いらず!というのが嬉しいですよね。

例えば、わたしの場合、平日のお昼は
ごはん・納豆・のり・インスタントのわかめ入り味噌汁。

ここに、前日の残り物のお肉やお魚をプラス。

朝に、無糖のヨーグルト。
ヨーグルトの酸味が苦手な方は、ジャムを少量入れるとおいしいですよ。

で、間食にナッツ類。
日持ちもするし、袋から開けてそのまま食べられますので、
お茶のお供に。

これなら、家事や育児で忙しいママでも取り入れることができそうじゃないですか?

産後の抜け毛でかゆいと感じたらシャンプーを見直してみて

産後は抜け毛だけではなく、頭皮がかゆい!と感じる方もいます。

主な原因は2つ

  • 頭皮に汚れが残ってしまってる
  • 頭皮の乾燥

慣れない育児で、ゆっくりお風呂に入ってシャンプーをする時間すらないママも多いと思います。

ただ、そうするとシャンプーの時間が短くなってしまい、
頭皮の汚れが落とし切れていなかったり、
または、すすぎが不十分でシャンプーが残ってしまったり・・。

頭皮の洗浄と、しっかり洗い流すことを意識してみてくださいね。

もう一つ、頭皮が乾燥している場合は、シャンプーがあってないのかも。

洗浄力が高すぎるシャンプーは、頭皮や髪に必要な成分まで
洗い流してしまうので、乾燥の原因になってしまいます。

逆に、シリコンシャンプーはしっかり洗い流したつもりでも、
頭皮にシャンプーが残ってしまったり。

そこで、最近注目されているのが
「ノンシリコン」とか「アミノ酸系」のシャンプーなんですよね。

だいぶ、市販シャンプーのクオリティも上がってきているので、
安価でも質のいいシャンプーが手に入りやすくなりました。

市販シャンプーでいちばん有名なノンシリコンシャンプーといえば、
やっぱり「ボタニスト」ではないでしょうか?

ネットの評判をみていても、市販シャンプーとしては
ボタニストを愛用している人が多いように感じます。

実は、わが家もボタニスト。

「家族で使えるシャンプー」というのに惹かれて購入したんです。

ママのシャンプー・パパのシャンプー・子供用のシャンプー・・と、
家族それぞれに揃えてしまうと、お風呂場に置くスペースもなくなるし、
見た目もごちゃごちゃした雰囲気に。

家族で一本のシャンプーに揃えると、お風呂場もスッキリ。

価格もリーズナブルだし、ドラッグストアにも置いている商品ですので
手軽に購入できるのは嬉しいですよね。

個人的には「しっとり」タイプがおすすめです。

ちなみに、どうしても使用感が気になる方、
トライアルセットもありますので、試してみてはいかがでしょうか?

最後に、頭皮が乾燥していてかゆい!という方、
頭皮まで使える洗い流さないトリートメント、おすすめですよ。

個人的には、ミルボンの「サントリートメント」がイチオシ。

頭皮の日焼け止めケアもできますので、乾燥だけではなく、
特に真夏の日焼けによるダメージも軽減できます。

ミルボンは、美容室でよく使われているメーカーですので、品質はかなり高いんです。
ただ、残念ながらドラッグストアでの取り扱いはありませんので、
ネットで注文するしかありません。

ミルボンの公式サイトに、商品説明や詳しい使い方などが掲載されていますので、
気になった方はチェックしてみてくださいね。

商品紹介|エルジューダ サントリートメント【ミルボン公式】
紫外線ダメージをカットしながら、髪のダメージケアまでしてくれる、一石二鳥の洗い流さないトリートメント。エルジューダサントリートメントで“髪の紫外線対策”をはじめましょう。
タイトルとURLをコピーしました