ベビー布団

子育て

ベビーシーツの代用にバスタオルと防水シーツがお手頃!意外な活用術

ベビー布団を一式購入すると、敷き布団に防水シーツ・ラップシーツ・キルトパッドがセットになってますよね。 ここで気になるのが、洗い替え用にシーツは数枚用意した方がいいの?ということ。 別売りのシーツなどもあるため、洗い替え用も追加で買うとプラス2,000円ぐらいですね。 新生児のうちは、よく吐き戻したり、オムツをしていても漏れちゃうことがありますので、洗い替えは必須!というのをよく聞きますよね。 でも、もし代用できるものがあれば、その方が嬉しいですよね。
子育て

赤ちゃんに掛け布団はいらない!?冬でも本当に寒くないの?

出産準備でベビー用の寝具を調べていると、5点セット・7点セット、中には9点セットなど、種類もメーカーも豊富で本当に迷いますよね。 子育てを経験したことのあるママからは、「そんなに必要なかった」「バスタオルとかで代用できた!」なんていう話を聞くと、どこまで購入すればいいのか?迷いますよね。 特に、冬生まれの場合、本当に赤ちゃんは寒くないのかな?風邪ひかないかな?と心配になりますよね。 わが家も下の子が11月生まれで、寝具どうしよっかな~、でも上の子のベビー布団が一式あるし、とりあえず大丈夫かな~、という感じで特に買い足しはしませんでした。 夜は、和室に布団を敷いていたので、添い寝することに抵抗はなかったですし。
子育て

ベビー布団に必要最低限なものとは?一式揃えて気づいたいらないもの

ベビー布団、わが家は一式揃えたのですが、結局、「敷き布団」しか使いませんでした!(泣) ベビー布団のセットは敷き布団の他、枕・タオルケット・毛布・羽毛のセットだったのですが、大人と一緒の布団で添い寝する子だったので、掛け布団はほとんど活躍しませんでした~。 一応、夜添い寝するときは、掛け布団を大人用と分けていたので、使っていた時期もあるんですが、バスタオルやブランケットなどで代用できちゃいます! 特に、バスタオルは赤ちゃんのお世話をする上で、たくさんあると便利です。 防水シーツも必須アイテムです! わが家も、子供が生まれるときにアレコレ考えて悩んで買い物したんですが、やっぱり現実は違いますね・・・! わが家の体験談も交えながら、ベビー布団で必要最低限なものと、買い足すといいものをご紹介します。
子育て

ベビー布団の代用は長座布団がお手頃!賢く買い物をするコツをご紹介

赤ちゃん用の寝具一式って、揃えるかどうか迷いますよね。 一式揃えると、だいたい1~2万円ほどかかってしまいます。 それに、将来も長く使えるかどうか?というのも、買う?買わない?の重要なポイントになってきますよね。 経験上、ベビー布団はなくても大丈夫です! 長座布団をはじめ、3点あれば代用できます。 長座布団 防水シーツ バスタオル 長座布団に防水シーツをかけて、さらにその上からバスタオルで包めばOKです。 あとは、季節にあわせて夏はガーゼ生地のバスタオル、冬はブランケットまたはスリーパーがあれば、掛け布団の代用になります。 実は、わが家の場合、いとこからベビーベッドのお下がりを頂いたので、あわせてベビー布団も一式揃えたのですが、あまり使いませんでした。 とにかくベビーベッドは場所を取るので、1ヶ月で解体してしまいました。 実際に、わたしがベビー布団一式をそろえてみて感じたメリット・デメリットなど、率直な感想をご紹介していきます。
タイトルとURLをコピーしました