寝かしつけ

子育て

寝かしつけの授乳はいつまで?やめ方と授乳以外の寝かしつけ

授乳での寝かしつけは、赤ちゃんがすんなり眠ってくれるので、助かりますよね。 ですが、徐々に悩みも出てくるんですよね。 ・授乳以外で寝てくれなくなる ・パパに寝かしつけをお願いできない ・卒乳のタイミングを見失う… わたしも、子供が1歳過ぎたころから、このまま授乳で寝かしつけし続けていいのか?悩みました。 保育園の入園も控えてましたし。 でも結局、1歳半の卒乳まで、寝かしつけの授乳だけ続きました! 逆に、母乳なしで眠れるようになったため卒乳した、という感じでした。 個人的には、ムリに授乳での寝かしつけは辞めなくてOKだと思ってます。 いつか必ず、卒業する日は来ますから。 それに、よく思い返してみると、授乳以外で寝ることもありますよね? ・抱っこ紐やベビーカー ・ドライブ中の車 大人だって、寝つきがいい日・悪い日がありますし、うっかり寝ちゃうこともありますよね。 入眠の仕方に、こだわり過ぎなくて大丈夫です。 とはいえ、寝かしつけに時間がかかるのは大変ですよね。 わたしが実際にやってみて、良かった寝かしつけの方法もご紹介します。
子育て

授乳クッションで寝落ちした赤ちゃんのおろし方のコツ3選!

授乳クッションで赤ちゃんが寝てしまうこと、よくありますよね。 むしろ、日に何度もあることだと思います。 抱っこで寝てしまった赤ちゃん、できれば布団で寝て欲しい!と思いますよね。 ですが、布団におろした途端泣いて起きちゃう赤ちゃん…。 授乳クッションから布団へおろすのって結構難しいんですよね。 わたしも悪戦苦闘しました。 でも、二人の子供を育ててみて、やっとコツをつかんだんです! ・授乳クッションの上にタオルを敷いておく ・熟睡しているか確認 ・頭→背中→お尻の順で下ろす おろし方のコツを詳しく解説していきますね。 すぐに実践できる方法ですので、今日の寝かしつけから試してみて。
子育て

赤ちゃんが授乳クッションで寝るとずり落ちる!首をラクに保つ方法

授乳クッションで赤ちゃんを寝かせると、よく寝てくれる!というママの声もたくさんありますね。 しかし、授乳クッションで赤ちゃんが寝るとずり落ちたりして、この寝かせ方は大丈夫なのかな?と不安に感じるママもいるのではないでしょうか。 今回は、授乳クッションで赤ちゃんを寝かせるときの注意点などについてお話します。
子育て

赤ちゃんを楽に寝かしつけるラッコ抱き実は危険!上手に卒業するコツ

ラッコ抱きは赤ちゃんとパパやママの体が密着するため、赤ちゃんが安心してよく眠ってくれるんですよね~。 寝かしつけに苦労しているご家庭は、ラッコ抱きを取り入れている方も多いと思います。 ただ、ご存知の通り、ラッコ抱きには気を付けなければいけないことがあります。 窒息に要注意! クセになってしまう 上記のことを気を付けれいれば、ラッコ抱きは取り入れてもOKですが、やめたい!と思ったときに、ラッコ抱きでの寝かしつけを卒業するのに苦労した…という方もたくさんいます。 ラッコ抱きをするときの注意点と、やめたい!と思った時の対処法をご紹介します。
子育て

新生児の赤ちゃんが授乳クッションの上で寝るのは大丈夫!背骨の秘密

赤ちゃんは授乳中にそのまま授乳クッションの上で寝てしまうことって多々ありますよね。 このまま授乳クッションの上で寝かせても大丈夫なのか? 赤ちゃんの体が授乳クッションに沈んでしまっているけど、猫背の心配はないの? などなど、気になってしまうことありますよね。 でも、大丈夫なんです! 赤ちゃんを授乳クッションの上で寝かせたからと言って、赤ちゃんの背骨が曲がってしまう!なんてことは、ありません。 理由は、 「赤ちゃんの背骨は大人と違ってCカーブになっているので、授乳クッションなどで適度なカーブを作ってあげる方が赤ちゃんにとっては安定する姿勢」 だからなんです。 実はわたしも、産院の助産師さんに教えてもらったんですがね。 さらに、ママに抱っこされて眠るのは、赤ちゃんにとっても気持ち良くて安心できるもの。 寝顔もかわいいですよね~。 でも、だからと言って、ずーっと抱っこしているのはツライですね・・。 お布団で寝てほしいときもあります。 特に、夜はママも一緒に眠りたい!とっても切実な気持ち、よ~くわかります! わたしも2児の母なのですが、わたし自身が試行錯誤しながらたどり着いた授乳クッションを上手く活用した寝かしつけの方法を詳しくご紹介したいと思います。
タイトルとURLをコピーしました